title

性病の種類をご紹介

性病の種類

  • 更新日:

性病というのはクラミジアが一番多いとされていますが、クラミジア以外にも多くの性病が存在します。それぞれ特徴があり、治療薬というのも異なってきます。ですが、どれも当てはまるのは早期発見早期治療が大切という点です。

クラミジアに感染しているだけで他の性病にも感染してしまうリスクというのは多くなってしまうので、十分に注意するようにしましょう。それぞれの性病の特徴などをまとめてみましたので参考にしてください。

淋病

淋病はクラミジアの次に多い性病です。クラミジアの症状ととても似ていて、淋病も感染していても気づかない事が多くなっています。淋菌という菌が原因で淋病に感染します。性行為でもオーラルセックスでも感染することが多いので注意しなければなりません。

感染率としてはクラミジアよりは少ないですが、約30%とされています。また、淋病に感染してしまうとクラミジアが同時に感染してしまっているという事が多くなっています。淋病もクラミジアと同じで放置していると重篤な病気へ繋がる危険性があり、女性の方の場合は不妊症と言われる病気へなる危険性がありますので、注意しましょう。

梅毒

梅毒はずっと昔から存在している性病です。梅毒トレポネーマという菌が原因で感染してしまいます。感染経路としましては、性行為やオーラルセックス、または口周辺にケガをしてしまっている場合はキスをするだけでも感染してしまう可能性があります。コンドームを使用することで感染率というのは大幅に減少させることができますが、必ず防げるというわけではありませんので、注意してください。

アモキシシリンなどのペニシリン系と言われる抗生物質が登場してからは、この梅毒は完治させることができるようになりましたが、まだまだ感染者が増加していってる一方です。性行為以外で感染するというケースは少ないですが、確率としては0%ではないので注意しましょう。また、梅毒感染者が妊娠をしてしまうと、お腹の中の赤ちゃんが先天性梅毒といった病気になる恐れがありますので、しっかりと検査を行い、治療するようにしましょう。

ヘルペス

ヘルペスはとてもやっかいな性病で、単純ヘルペスウイルスが原因の口唇ヘルペスや性器ヘルペスの場合は再発が起こりやすい傾向にあります。口唇ヘルペスと性器ヘルペスはどちらも感染者との接触が原因とされています。

口唇ヘルペスの場合は口周りに水ぶくれや水疱が出来てきます。また、子供にも感染することがあります。子供の場合はストレスや疲れといった事が原因で感染することがあります。

性器ヘルペスの場合はとてもやっかいで中々治りにくい特徴を持っています。また、男性や女性でも症状が異なってきますが、男女共に38度以上の高熱を出すことがあります。痛み、かゆみを伴う場合もあり、症状が治まっても1年以内で8割以上の方が再発する性病とも言われています。

性器ヘルペスは薬での治療が遅ければ遅いほど完治までの期間が長くなります。そのため何か異変を感じたらすぐに検査をし、すぐ治療に入れるようにしておきましょう。

HIV(エイズ)

HIVというウイルスが原因でエイズという性病を発症させてしまいます。エイズは感染してしまうと免疫力がだんだん下がってしまい、健康状態であれば普段かかることのないウイルスや細菌といったものに感染しやすい体質になってしまいます。

ただ、HIVに感染することですぐにエイズになってしまうということではりません。個人差はありますが、数年~10年程度でエイズを発症します。HIVの感染は8割方が性行為です。直接の粘膜の接触によって感染してしまいます。

HIVに感染した初期状態ではインフルエンザのような発熱、喉の痛み、吐き気、下痢などが発症します。また、HIVを身体から殺菌することは現在の医療では不可能とされています。ですが、エイズの発症を遅らせることはできるので、感染者でも健康状態に戻したり、死亡率も低下させることはできます。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマというのは性感染症の1つで性器やその周辺にイボができるのが特徴です。クラミジアや淋病、ヘルペスに続き多い性病とも言われています。尖圭コンジローマは感染しても必ず症状が出るというわけではなく、気付かずに放置しているという方も多いです。

また、症状が出ても痛みやかゆみを伴う方もいれば、全く感じないという方もいます。特に女性の場合はとても気付きにくく、症状が悪化してイボが大きくなってから異変に気付く方が多いです。

尖圭コンジローマは初期段階であればイボが自然に消滅していくこともありますが、放置して悪化すればするほど自分の免疫力のみでは治る見込みはなくなります。

最悪の場合は薬では治らず手術による切除が必要となってきます。そうなると跡が残ってしまうこともありますので、尖圭コンジローマは出来るだけ早めに治療にはいらなければなりません。

pagetop