title

性病の治療薬を紹介しています

性病の治療薬

性病に効く薬
  • 更新日:

クラミジアをはじめとした性病に効く薬を抗生物質といいます。ひとことに抗生物質といってもたくさんの薬が開発されています。

ほかにも淋病や梅毒、カンジダ症やヘルペスなどこれまた種類がたくさんあり、さらに感染者の症状や体質によって飲み方、用量、飲む薬の種類も変わってきます。自分に合った一番効果的な薬でクラミジアをきちんと治療しましょう。

ジスロマック

ジスロマック

【一般名】アジスロマイシン
【系統】マクロライド系
【用量】250㎎
【価格】6錠単位で3200円程度~
【飲み方】通常は1日1回2錠を3日間、水またはぬるま湯で服用します。

マクロライド系の薬の中で一番有名な薬がこのジスロマックです。

ジスロマッククラミジアの特効薬とも言われていて、クラミジアに対してかなりの効果を発揮することができます。病院でクラミジアと診断された場合に絶対というほどの処方率なのがこのジスロマックです。

また、一度飲めば数日間は効果が続く。と言われているほど持続時間が長いのも特徴です。なので飲み忘れが心配な方には絶対的にジスロマックがおすすめです。

クラミジア以外にも淋病や梅毒といったその他の性病にも効果を発揮することができる万能で安全な抗生物質となります。

またセックスの前に飲む事でクラミジアの予防薬としても活躍します。

予防・治療の両方、また風邪気味の時などたくさんの感染症に効果がある為、通販を利用してなくなる前に必ず常備しているという人も増えているほど大変人気の高い薬です。

参考:アジスロマイシン(Wikipedia)

AZEE(アジー)

azee

【系統】マクロライド系
【用量】250mgと500mg
【価格】6錠単位で1700円程度~
【飲み方】通常は1日2錠を1回、水またはぬるま湯で服用します。

抗生物質として優秀なジスロマックにはたくさんのジェネリックが存在します。なかでも1番おすすめでかつ人気があるのがこのAZEE(アジー)です。

効果だけでなく、飲み方や副作用におけるまでほとんどがジスロマックと同じであるのに、ジェネリックなので値段が安いという所がおすすめのポイントです。

さらにもうひとつ、予防薬にもなるという点です。

クラビットやジスロマックは性病に感染したら治療薬として飲み始めます。ところがこのアジーはセックスをする前に飲めば感染を防ぐ事が出来る事から若い人から風俗が好きでやめられないといった人まで多くの人に実はひそかに人気のある商品です。

飲み方は、セックスをする前に飲んでおく。これだけなので簡単です。

もちろん、性病以外にもジスロマックと同じで様々な細菌に対して効果を発揮してくれるうえに副作用が少なく高齢者でも安心して飲めるので常備薬として購入される方も多いようです。

小児が飲める用にシロップタイプのアジーもありますが、これは錠剤が苦手な大人が飲んでも大丈夫なので、風邪でのどが痛いって時にでも簡単に飲む事が出来て便利です。

参考:アジスロマイシン(Wikipedia)

アジーのドライシロップ

アジーシロップ

【系統】マクロライド系
【用量】200mg
【価格】2本単位で1080円程度~
【飲み方】通常16歳未満の小児は体重1kgにつき10mgを1日1回3日間服用します。

アジーは赤ちゃんや子供、お年寄りも飲む事が出来るので飲みやすいシロップタイプが開発されていて、錠剤が苦手な大人も飲む事が出来ます。

効果は錠剤と同じです。3日間飲めば効果は1週間ほど続くので3日以上飲む事はやめましょう。副作用を引き起こすきっかけになってしまいます。

副作用も錠剤とほとんど同じです。子供が飲んだ場合は錠剤よりもさらに下痢になりやすいかもしれないので注意するようにしましょう。

甘味があって飲みやすい事にくわえ、錠剤よりもドライシロップの方が効く気がするという人もいて子供から大人まで人気があります。

アジーは乳製品と一緒に飲むと効果が弱まってしまう事があるのでアジードライシロップを飲んですぐに牛乳やヨーグルトなどの乳製品は摂らない、もしくは食べさせないように注意しましょう。

基本的な注意点や併用禁忌薬などはアジーと同じですが、自分で通販で買って飲むといった場合はしっかりと確認したうえで服用するようにしましょう。

参考:アジスロマイシン(Wikipedia)

クラビット

クラビット

【一般名】レボフロキサシン
【系統】ニューキノロン系
【用量】250㎎
【価格】15錠単位で5700円程度~
【飲み方】通常は1日2錠を1回、水またはぬるま湯で服用します。

クラミジアの治療薬として代表的な2つとされているのが上記であげたマクロライド系のジスロマックと、このニューキノロン系のクラビットです。

レボフロキサシンといわれる成分が含まれていて、基本的には飲み薬として処方されますが、今では注射薬の製造許可も降りるほど信頼を得ている成分となっています。

マクロライド系の薬と比べると副作用が出る可能性はありますが、一般的な基準でいうと少ない方になるのでそれほど心配する事はありません。

このクラビットに関しても通販で購入する事が出来、マクロライド系で効果がない人はこちらを試してみるようにしましょう。

参考:レボフロキサシン(Wikipedia)

エルクイン

エルクイン

【一般名】レボフロキサシン
【系統】ニューキノロン系
【用量】250㎎と500㎎と750mg
【価格】20錠単位で1800円程度~
【飲み方】通常は1日2錠を1回、水またはぬるま湯で服用します。

ジスロマックと並んでクラミジア治療に有効である事からとても人気のあるクラビットのジェネリックがこのエルクインです。

クラミジアの治療以外にマイコプラズマの治療薬としても処方されるなどたくさんの感染病を治す事の出来る優秀な抗生物質です。国内でいえばジスロマックをしのぎ最も使用率の高い薬と言えるかもしれません。

クラビットと同じ効果であるにもかかわらずジェネリックなので値段が半額以下になっている事も人気の高さに繋がっています。

感染病だけでなくニキビの原因となるアクネ菌にも効果がある事が証明されており、ニキビ治療薬としても使用する事が出来ます。ただし、軽いニキビの場合はわざわざ抗生物質を飲むほどではないので市販の薬で治すようにしましょう。

参考:レボフロキサシン(Wikipedia)

レボクイン

レボクイン

【一般名】レボフロキサシン
【系統】ニューキノロン系
【用量】250mgと500mg
【価格】10錠単位で1050円程度~
【飲み方】1日1錠を1回、水またはぬるま湯で服用します。

クラビットのジェネリックの中にレボクインという薬があります。同じキノロン系で効果も同じですが新しく開発された薬なので、抗体菌がいて従来の薬では効かなくなってしまったという人におすすめです。

その他に、ペニシリン系・セフェム系だとアレルギーが出てしまうといった人も使う事が出来るので、今までの抗生物質に少し問題を抱えてるといった人は一度試してみるといいでしょう。

副作用も少なく500mgの場合だと1日1回の服用で済むので飲み忘れる事もなくしっかりと完治させる事が出来ます。

まれに起こる珍しい副作用としては集中力の低下や、アキレス腱周辺が痛むといった事があるのでそういった症状が出た場合はすぐに使用を中止しましょう。

クラミジアや淋病などの性病の他にのどの腫れや扁桃腺、前立腺炎やサルモネラ菌など様々な細菌に効果を発揮します。

参考:レボフロキサシン(Wikipedia)

ゾクラー

【一般名】クラリスロマイシン
【系統】マクロライド系
【用量】250㎎と500㎎
【価格】12錠単位で2700円~3000円程度
【飲み方】通常は1日1錠を2回、水またはぬるま湯で服用します。

ゾクラーはジスロマックと同じくマクロライド系の薬なので副作用も少なく小児から老人といった様々な世代に処方されています。クラミジア以外にも処方される機会が多く中耳炎や呼吸器感染症、皮膚感染症などの様々な感染症を治療する事が出来ます。

ジスロマックと違う点は、1日に2回飲まないといけない。という所だけでそれ以外の効果などはほぼ同じです。

参考:クラリスロマイシン(Wikipedia)

レボフロックス

レボフロックス

【系統】ニューキノロン系
【用量】250mg
【価格】100錠で3150円程度
【飲み方】1日1回2錠を水またはぬるま湯で服用してください。

クラビットのジェネリック薬であるこのレボフロックス。レボフロキサシンが主成分でクラミジアなどの細菌に対して強い効果を発揮します。

なのでウイルスであるインフルエンザなどにはあまり効果がありませんが、ぶり返しを防ぐ際の予防薬として処方される事があります。

ペニシリン系の抗生物質でアレルギーが出てしまうという人もレボフロックスなら服用する事が出来ます。

クラミジアなどの性病や膀胱炎など色々な菌に有効で従来の薬ではなかなか治りにくかったような感染症も飲むだけでしっかり治療する事が出来るほど抗菌力に優れています。

その他の特徴としては、即効性がある事、そしてセックスの前に飲む事で性病の予防薬としても使う事が出来るという事です。

飲む際の注意点としてはトウモロコシなどにアレルギーがあるという人は飲む前に一度しっかり確認、注意するようにしましょう。

参考:レボフロキサシン(Wikipedia)

ビブラマイシン

ビブラマイシン

【一般名】ドキシサイクリン
【系統】テトラサイクリン系

テトラサイクリン系の薬で代表的なのはこのビブラマイシンという薬です。

一部の実験で、このビブラマイシンという薬はクラミジアの感染に対して100%の有効性を持っているという結果も出るほどクラミジアに対して効果的な薬となっています。

ただしそれだけの効果を得るには1日2回を7日間飲み続ける事が必須です。

飲み忘れが多い方などには厳しいかもしれないですが、7日間続けることで効果を最大限に発揮させられるため、しっかり忘れずに飲むようにしましょう。

また、7日間薬を飲み終えたという状態でも、クラミジアの症状がおさまっただけかもしれません。完治の確認が出来るまではセックスなどは避けるようにしましょう。

参考:ドキシサイクリン(Wikipedia)


※薬の価格に関しては通販で個人輸入する場合においての平均的な価格になります。価格変更等によって表示価格と異なる場合があることを予めご了承ください。

よく見られる副作用

腹痛

ジスロマックやクラビットなどの抗生物質を飲む事で1番多い副作用のひとつに下痢や吐き気、腹痛といった胃腸障害があります。

これは抗生物質に含まれる細菌をやっつける成分が胃腸にいる良い働きをしてくれている細菌に対しても反応してしまう事で起こります。

これは薬が効いている証拠でもあるので、感染症を治療する効果に期待が持てるという事でもあります。

ただし、どうしてもそういった症状が出るのはつらい。仕事に支障がある。といった人は胃薬や整腸剤を一緒に飲むようにする事で対処する事が可能です。

病院に行って抗生物質を処方される場合にも胃腸薬が一緒に処方される事があるので問題はありません。

とはいえ、すぐに抗生物質と胃腸薬を出す医者はあまり良くない。といった話もあります。大体の場合、そういった胃腸障害は2~3日でおさまってしまう事がほとんどです。なので胃腸薬を併用するのはどうしても。という時だけにするのがいいかもしれません。

また、抗生物質にはたくさんの種類がありますので中には胃腸薬と併用出来ない薬もあるのできちんと調べる、もしくは医師に相談のうえで服用するようにしましょう。

自分で治してしまう方法

ドラッグストア

例えば風邪やお腹が痛いといった時、病院に行かずに自分で治療しようと思ったら薬局やドラッグストアなどで市販薬を買う。という人がほとんどだと思います。

クラミジアは市販薬では治療する事が出来ません。なぜなら薬局やドラッグストアなどで治療薬が販売されていないからです。

治療薬である抗生物質は病院で処方してもらわなければ基本的には手に入ることはありません。

ですが、多くの人がクラミジアに感染したけど恥ずかしくて病院に行きたくない。また、時間が取れなくて病院に行けない。と放置してしまっている現状です。

そんな時、抗生物質を手に入れ自分で治す事が出来る方法があります。それがクラミジア治療薬である抗生物質を通販サイトで個人輸入し手に入れるという方法です。

一体どういう事なのか、またどうするのかといった事に関して下記で簡単に説明していますので、気になっているけど病院に行く時間がなく自分でクラミジアを治したい。といった人は確認してみて下さい。

手に入れる方法

上記でもお伝えしたように抗生物質は病院で処方してもらう以外に専門の通販サイトで購入し手に入れる事が可能です。

もちろん違法行為でもなんでもありませんので安心して利用して大丈夫です。

専門の通販サイトで薬を検索、選択しネットショッピングの要領で自分の感染した病気に合った治療薬を購入します。

自宅に届くので病院に行かずに済むほかに誰かにバレる事もなくこっそり治療する事が出来るというのがこの方法の大きな魅力のひとつです。

そのうえ同じ薬でも通販サイトで購入する事でお得に手に入れる事が出来るというメリットまであります。

病院の場合は薬代の他に、初診料や診察料もかかるので少しばかり出費が多くなってしまうことがあります。通販の場合は薬代と送料だけです。

さらに通販だと24時間好きなタイミングで、どこからでも注文することができるという便利さから、通販サイトで薬を買う。といった人が増えてきています。

抗生物質のように薬局などで売ってない薬や海外で人気のある薬なんかもネットでなら購入する事が出来るので、自分で治したい。という人はこの方法を利用してみるといいでしょう。

薬の選び方

例えばクラミジアに感染した場合、病院に行くと大体ジスロマックかクラビットが処方されるので、その場合はこの2択という事になります。

この様に症状をしっかり調べたうえで病気に合った薬を選ぶようにする事。ともうひとつ大事な事は用途に合わせて選ぶ事です。例えばジスロマックは

  • ・副作用がほとんどない。
  • ・どの年齢層でも服用可能。
  • ・1回飲めば数日間効果が持続する。

クラビットの特徴だと

  • ・ペニシリン系・セフェム系の抗生物質にアレルギーがある人も服用可能。
  • ・病院で最も処方されるほど信頼のある高い効果。
  • ・緑膿菌などの特殊な菌やニキビにも有効。

という特徴があるので、子供やお年寄り、飲み忘れが多い人はジスロマック。他の抗生物質にアレルギーがあって飲めなかったり高い効果を望むという人はクラビットを選択する。という風にその時の自分に合った薬の特徴で選ぶのも大事なポイントとなります。

使用時の注意点

上記で上げた薬はどれも性病に効果がありますが、飲み方や飲む量、1日に飲む回数なんかもそれぞれ違います。自分でこれくらいがいいだろうと勝手に決め付けて飲むというような行為はしないようにしましょう。

用法用量を間違えてしまうと効果が出ないだけでなく、副作用を引き起こしてしまうという危険性があります。病院で上記の薬を処方された場合はしっかりと医師に言われた通りに薬を飲むようにしましょう。

また、通販で薬を購入し、自分で治療するといった場合はすべて自己責任となるので、症状がおさまったからなど自己の判断で治療を中断するという行為は絶対にやめてきちんと完治しているかどうか最後まで責任をもってしっかり確認するようにしましょう。

【まとめ】飲んでも治らない時は…

治らない

クラミジアに感染して薬を飲んで治療もしたのに治らないという方がいます。なにが原因なのかというと、一番多いのはクラミジア以外の性病に感染してしまっていて薬が的外れというケースです。

淋病や梅毒といった性病もクラミジアと症状が良く似ていて気付かないことが多いです。

クラミジアは完治したがそれ以外の性病が治っていないため、症状が変わらずクラミジアが治っていないんだ。と勘違いしてしまう方が多いのです。

このような状況にならないためにも、定期的に検査するようにしましょう。そうすることで、あとどの程度の期間で治るのか、もしくは違う性病にも感染してしまっているのか、違う性病に感染してしまったから違う薬で治療しようといったようなことも出来、感染拡大を食い止める事にもつながります。

淋病に効く薬

効く薬

淋病に効く薬もクラミジアに効く薬と同じ抗生物質です。ですが、薬の成分や配合によってクラミジアに効果的なものだったり淋病に効果的なものだったりがあるので抗生物質ならどれでも同じと思うのは大きな間違いです。

淋病にもっとも効果的な薬でしっかりと完治出来るようにしましょう。

ジスロマック

ジスロマック

淋病を治療するとなった場合、このジスロマックで治療をするという人が多いと思います。というのも淋病に感染し病院に行くと処方される薬だからです。

病状によっては注射を打たれるといった事もあります。

マクロライド系のジスロマックが淋菌の合成を阻害し、増殖を抑える事で細菌を死滅させ、治療するといった効果になります。

淋病と診断された場合、クラミジアも同時に発症しているケースも多いので両方に効果のある薬が選択されるのもジスロマックがよく処方される大きな理由のひとつとなっています。

ですが、最近では耐性菌が増えて来てしまっていて、抗生物質が効きにくいといった人も増えています。

もしも淋病に感染し、治療が必要となった場合は飲み忘れる事のないように薬を飲み切る事。そして完治したかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

淋病になり、通販で治療薬を購入するといった人にはジスロマックのジェネリックであるアジーが人気です。

参考:アジスロマイシン(Wikipedia)

クラビット

クラビット

淋病治療にクラビットをおすすめする理由は即効性があることです。淋病になると女性はあまり気付きにくいですが、男性の場合、痛みだけでなく膿が出て来てしまうといった不快な症状があるため少しでも早く症状がおさまるに越した事はありません。

そんな時、即効性のあるクラビットが活躍してくれます。ジスロマックよりも早く効くので症状を幾分か早く抑える事ができます。

淋菌のDNA合成を阻害し、破壊する事で増殖を防ぎ、殺菌する事で治療していくという効果があります。

大体1~2週間程度の服用が必要なので、薬の飲み忘れが気になる人はジスロマックが合っているかもしれません。

通販で購入するといった場合はクラビットのジェネリックである、エルクインやレボクインが人気です。

参考:レボフロキサシン(Wikipedia)

シプロキサン・ジェネリック

シプロキサン

【一般名】シプロフロキサシン
【系統】ニューキノロン系
【用量】250mgと500mg
【価格】30錠単位で2700円程度~

シプロキサン・ジェネリックは細菌や真菌による感染症の治療に使われるニューキノロン系の抗生物質のジェネリック医薬品です。

有効成分のシプロフロキサシン塩酸塩水和物が病原体のDNA合成を阻害する事で死滅させ治療していきます。

吸収率が高く、薬の浸透もよく全身にはやく効いてくれる事でたくさんの感染症に効果があるうえに、色々な場所における感染症にたいしても治療する事ができるとても便利で優秀な薬となります。

淋病の病原体である淋菌のほかに、炭疽、赤痢菌、大腸菌などにも効果があります。

性病など性器への感染だけでなく咽頭炎、膀胱炎、中耳炎や副鼻腔炎などたくさんの感染症を治療する事ができます。

参考:シプロフロキサシン(Wikipedia)

【飲み方】

一般的な感染症の場合、1日100~200mgを2~3回、水またはぬるま湯で服用します。

炭疽の場合、1回400mgを2回、水またはぬるま湯で服用します。

症状や年齢によって薬の量は増減される事があります。

【副作用】

副作用の報告はほとんどありませんが、まったくないというわけではなく、主な副作用に抗生物質従来の副作用として下痢や嘔吐、胃の不快感、食欲不振などの胃腸症状、発疹などがあります。

いずれも軽度の場合は数日で回復します。

重度の場合、上記以の症状が出た場合はすぐに病院に行きましょう。

【服用時の注意点】

・基本的には子供の服用は禁止です。医師による使用が認められた特別な場合のみ処方される形になりますので絶対に勝手な判断で飲ませる事のないようにしましょう。

・妊婦また、妊娠の可能性がある人の服用は禁止です。

胃腸薬を併用する場合はシプロキサン・ジェネリック服用後、2時間程度あけてから服用するようにしましょう。

・不整脈、筋無力症の人は症状が悪化してしまう可能性があるので服用の際は医師に相談するようにしましょう。

・高齢者、腎臓に疾患がある人は副作用が強く出てしまう事があるので服用には注意が必要です。

【併用禁忌薬】

ワルファリン…ワルファリンの効果を高めてしまう事で出血しやすくなってしまいます。

チザニジン…チザニジンの効果を高めてしまう事で低血糖を引き起こしてしまう事があります。

ケトプロフェンなど一部の鎮痛薬…けいれんを発症してしまう事があります。

また牛乳などと一緒に飲まないようにしましょう。一緒に飲む事で吸収を阻害してしまう事があります。カフェインやお酒なども効果を高め副作用が強くでてしまう事があるので一緒に飲むのは控えましょう。

必ず水またはぬるま湯で服用するようにしましょう。

ケフレックス・ジェネリック

ケフレックス

【一般名】セファレキシン
【系統】セフェム系
【用量】250mg
【価格】28錠単位で2700円程度~

ケフレックス・ジェネリックはセフェム系の抗生物質に分類されます。

有効成分のセファレキシンが、細菌の細胞壁の合成を阻止、破壊する事で、増殖を防ぎ殺菌する事で死滅させあらゆる感染症を治療します。

淋病、大腸菌をはじめたくさんの病原菌に効果を発揮するため、皮膚科や眼科、歯科、耳鼻科、外科、皮膚科などあらゆる病院での治療に処方されています。

細菌の感染による炎症、腫れ、赤みや痛みを抑えてくれるほかに、発熱している場合には解熱の作用もあります。

副作用がでることはまれで妊娠初期に多い妊婦さんの膀胱炎の治療や、犬、猫のバクテリア治療にも使われるほど安全性の高い抗生物質です。

参考:セファレキシン(Wikipedia)

【飲み方】

一般的な感染症の場合、1日500mgを1回、水またはぬるま湯で服用します。

症状や年齢によって薬の量は増減される事があります。

【副作用】

下痢や腹痛、胃もたれといった比較的軽い胃腸障害などの副作用が出る場合があります。

1日、2日で改善するものがほとんどですが、万が一症状が続くといった場合は医師に相談するようにしましょう。

【服用時の注意点】

・セフェム系の抗生物質でアレルギーを起こした事があるという人は服用しないようにしましょう。

・ぜん息やじんましんがある人の服用には注意が必要です。飲んでいる薬などがある場合は併用可能かどうかしっかりと確認するようにしましょう。

・胃腸薬を併用する場合はケフレックス・ジェネリック服用後、2時間程度あけてから服用するようにしましょう。

・高齢者、腎臓に疾患がある人は副作用が強く出てしまう事があるので服用には注意が必要です。

【併用禁忌薬】

鉄剤…ケフレックス・ジェネリックの効果を弱めます。どうしても両方飲む際は3時間ほど間隔をあけて併用するようにしましょう。

制酸剤…ケフレックス・ジェネリックの効果を弱めます。どうしても両方飲む際は2時間ほど間隔をあけて併用するようにしましょう。

ピボキシル基を有する抗生物質…低血糖になる可能性があります。

淋病治療薬は通販で

通販

淋病になってしまったけど、仕事が忙しくて病院に行く時間がない。病院が遠くてなかなか行く機会がない。治したいけど病院に行って見せるのが恥ずかしい。そういった人には通販サイトでの購入がおすすめです。

淋病をはじめとした性病は放置してしまうと、二次感染を招いてしまったり悪化してしまい他のもっと大きな病気に進展してしまう、症状が深刻化してしまうといった事があります。

少しでも早く治すには自分で治療薬を購入し、自宅で治してしまうという方法を選択するのもひとつの手です。

専門の通販サイトで薬を選択し、購入すると自宅、もしくは郵便局に薬が届けられるという仕組みになっています。

普通のネットショッピングと同じ要領で薬を買う事が出来るので便利ではありますが、その分、薬の使用は自己責任という事になりますので少しだけ注意が必要です。

今は自分の症状がしっかりとわかっていればネットで検索するだけで病気がわかり、治療方法や飲み方がわかるのでかなりの確率で自分で治してしまうといった事が可能です。とはいえどうしても不安な場合は、中途半端な服用は行わず必ず病院で診てもらうようにしましょう。

【まとめ】強い感染力をもつ淋菌

強い

淋病はクラミジアの次に多いといわれているほど感染する確率の高い性病です。

男性の場合は症状が出るのでわかりやすいですが、女性の場合はなかなかわかりにくいので感染源になりやすいといわれています。

感染源となってしまった場合、パートナーにツライ思いをさせるだけでなく関係がこわれてしまうといった事態にもなりかねません。

できればセックスの経験があり、少しでも気になるといった症状がある場合には早めに検査を受けるようにしましょう。そうする事で早期に発見する事ができ、感染源になる事を防げるほかにも放置した事による二次感染や、不妊症などを防ぐ事も出来ます。

淋菌が血液に入ってしまうと最悪の場合死んでしまうといった事もある強い細菌です。

1分1秒でも早く治療するようにしましょう。

梅毒に効く薬

アモキシシリン

アモキシシリン

【系統】ペニシリン系
【用量】250㎎と500㎎
【価格】21錠単位で1400円程度
【飲み方】通常は1日3~4回、水またはぬるま湯で服用します。

梅毒の治療といえばこのアモキシシリンが処方される事がほとんどでペニシリン系の中でも代表的な薬です。

他の薬に比べて吸収率がいいので即効性がある事から短期間で治療する事が出来るのもこのアモキシシリンの特徴のひとつです。

アモキシシリンは梅毒だけではなく、淋病など様々な菌による感染症に効果的な薬となっています。

クラミジアに対してはほとんど処方される事はありません。ジスロマックやクラビットが合わないなどの理由がある場合においてクラミジア治療薬としてこのアモキシシリンが処方される場合がある。といった程度です。

その分、梅毒に対しての信頼度は高いといえます。

梅毒に関しては通販サイトで検査キットを買って自分で検査する事も出来るので、感染の確認が出来たらアモキシシリンを買いきちんと飲んで治療するといった方法がおすすめです。

参考:アモキシシリン(Wikipedia)

ノバモックス

ノバモックス

【系統】ペニシリン系
【用量】125mgと250ml
【価格】1本単位で1400円程度~
【飲み方】通常は1日10mlキャップ2杯を3回服用します。

ノバモックスはアモキシシリンのジェネリックでシロップタイプになっています。

成分も効果も錠剤とほぼ同じなので錠剤を飲むのが苦手だという人にはこちらのシロップタイプがおすすめです。

錠剤に比べてシロップなので腸からの吸収が高いうえに比較的副作用も少なく安全性にも優れた薬です。

副作用として一番多い症状としては下痢が報告されています。

効果が切れると共に改善されるものがほとんどですが万が一継続して症状があらわれるといった場合にはすぐに服用を中止し、診断を受けましょう。

淋病や梅毒だけでなく、扁桃炎やリンパ節炎、膀胱炎にも効果があるので、気になる時に飲んでおけば初期症状で抑える事が出来、さらに予防にもなります。

細菌の感染による腫れや化膿、痛みや発熱などの症状を鎮め、しっかりと抗菌し、治療してくれます。

ペニシリン系にあてはまるこのノバモックスはお子さんも飲めることからひとつあれば親子で使えるのでいざという時に常備しておけると安心です。

参考:アモキシシリン(Wikipedia)

ミノマイシン

ミノマイシン

【一般名】ミノサイクリン
【系統】テトラサイクリン系
【用量】100mg
【価格】10錠で1400円程度
【飲み方】通常は1日1錠を1回~2回、水またはぬるま湯で服用します。

同じテトラサイクリン系の中でも1~4倍の抗菌力の強さがある事から第一候補として処方される事の多い薬で、主成分はミノサイクリン塩酸塩です。

梅毒のほかにもマイコプラズマなどの細菌感染に有効とされていますが、さらに細菌では無いマラリア原虫にも効果があります。

その他に、皮膚科ではニキビ治療薬として処方される事もあり、ニキビの中でも特に赤ニキビに対して効果が高く、大きくて目立つうえに痛くて治りにくいとされている赤ニキビを高い殺菌力によって徐々に小さくキレイに治す事が可能です。

細菌が増殖する時に必要なたんぱく質の生成を阻害する事で増殖を防ぎ、次第に数が減りそのままいなくなるという作用なので菌を直接殺す作用はありません。そのため、体の中にいる必要な菌を殺す事がないというのも特徴です。

ケガや手術後の傷に対する化膿止めなど、病状の悪化を防ぐために処方される事も多いです。

ビクシリン

ビクシリン

【一般名】アンピシリン
【系統】ペニシリン系
【用量】250mgと500mg
【価格】100錠で4800円程度~
【飲み方】1日に4~6回、水またはぬるま湯で服用します。

淋病・梅毒の治療薬としてよく処方されるこのビクシリンは性感染症だけでなく皮膚感染症、咽頭炎、膀胱炎、副鼻腔炎などの色々な感染症の治療薬としてたくさんの科で使用されています。

そのなかでも淋病・梅毒に有効であるとされていて、主成分であるアンピシリン水和物が原因になっている菌の細胞壁を壊してくれます。その作用によって菌を死滅させる事が出来ます。

セックスの前に飲めば淋病・梅毒の予防薬としても使う事が出来るのでそもそも感染しないように、風俗など特定のパートナー以外とセックスをする時にはあらかじめ飲んでおくというのもおすすめの服用方法です。

形状としては錠剤、カプセルタイプ、そして子供用のドライシロップがあるので、自分の飲みやすいものを選択しましょう。

ただ、ひとつだけ注意する点は、薬が効いてる時間が非常に短い。という事です。なのでその分、1日の服用回数が多くなってしまうという点です。4~6回に分けて服用しないといけないので、飲み忘れる事が多いという人には不向きかもしれません。

参考:アンピシリン(Wikipedia)

ヘルペスに効く薬

ヘルペスに効く薬

ヘルペスは早期治療がカギとなる感染病のひとつです。

例えば口唇ヘルペスの場合は口にかさぶたが出来てしまいます。

早い段階で治療出来ればあとは治るのを待つだけですが、悪化してしまうと痕が残ってしまう事もあるので、少しでも症状が出たら治療できるようにしましょう

バルトレックス

バルトレックス

【一般名】バラシクロビル
【用量】500mgと1000mg
【価格】42錠単位で6700円程度
【飲み方】通常は1日1錠(500mg)を2回、水またはぬるま湯で服用します。

バルトレックスは従来の治療薬であるゾビラックスよりも吸収率が良くなるように開発された第二世代の抗ウイルス剤です。

主成分バラシクロビルがウイルスの増殖を抑える事でヘルペスや水ぼうそう、帯状ほうしんなどを治療する事が出来ます。

1年に6回以上ヘルペスが再発する人を対象にした「再発抑制療法」という予防法にもこのバルトレックスが使われています。ただしこの方法は腎臓が弱っている人には推奨されていないので注意しましょう。

その他に、ものすごく疲れていたり免疫が下がっているといった時にはバルトレックスは飲まないようにして下さい。効きすぎてしまって他の悪影響を及ぼす危険があります。その他に飲んでも症状が良くならない時はすぐに病院に行くようにしましょう。

錠剤タイプと顆粒タイプがあります。子供には顆粒タイプが処方される事が多いです。錠剤が苦手だという大人も顆粒タイプなら飲みやすいのでおすすめです。

バルトレックスを服用する場合、適切な水分補給が必要になります。高齢の方は特に普段より多めに水分を摂るように心がけるようにしましょう。

参考:バラシクロビル(Wikipedia)

セントレックス

セントレックス

【一般名】バラシクロビル
【用量】500mg
【価格】20錠単位で3060円程度
【飲み方】通常は1日1錠(500mg)を2回、水またはぬるま湯で服用します。

セントレックスはバルトレックスのジェネリック医薬品になります。同じ有効成分バラシクロビルが配合されていてヘルペスウイルスの複製、増殖を抑える事で治療します。

ヘルペスは一度感染してしまうと完治する事なく何度でも再発の可能性がある為、自分に合った治療薬をみつけて常備しておけるようにしましょう。

口の周りがピリピリと痛むいわゆる口唇ヘルペスに対しても有効で、副作用もほとんどありません。

あるとすれば抗生物質によくある下痢、腹痛、吐き気などの胃腸症状や他に頭痛、ふらつきなどが起こる場合があります。

用法用量をしっかり守り正しく飲んでいれば滅多な事では副作用が出る事はなく、また出ても軽度であったり薬の効果が切れると共に治ってしまうものがほとんどなので安心して服用することが出来ます。

参考:バラシクロビル(Wikipedia)

ゾビラックス

ゾビラックス

【一般名】アシクロビル
【用量】200mgと400mgと800mg
【価格】25錠単位で2300円程度~
【飲み方】通常は1日1錠(200mg)を5回、水またはぬるま湯で服用します。

ゾビラックスは第一世代の抗ウイルス薬とされ、主成分アシクロビルはヘルペスの治療には必須の成分です。ヘルペスウイルスを阻害、増殖を防ぐことで死滅に追いやります。

ヘルペスに対しての効果は抜群ですが、水に溶けやすい為、多くの量を飲む必要があり、1日に5回飲まないといけないという点で、飲み忘れが心配な人には不向きかもしれません。

飲み薬の他に注射薬や塗り薬などもありますが、飲み薬と注射薬に関しては病院、もしくは通販サイトでしか手に入れる事は出来ません。

塗り薬は薬局などで市販されています。ただ、注射薬や塗り薬は手間がかかる事から飲むだけで済む飲み薬は売り切れになってしまうくらいに人気があります。

値段が安いのもこのゾビラックスの良い所です。ヘルペスは1度感染してしまうと再発率の非常に高い感染病です。

発症したらすぐに治療できるように常備しておくのがおすすめです。

参考:アシクロビル(Wikipedia)

バルシビル

バルシビル

【一般名】バラシクロビル
【用量】500mgと1000mg
【価格】6錠単位で1140円程度
【飲み方】通常は1日1錠(500mg)を2回、水またはぬるま湯で服用します。

バルシビルはバルトレックスと同じバラシクロビルが有効成分のヘルペス治療薬で、ゾビラックスよりもさらに身体への吸収率をさらに良くしようと改良された第二世代の抗ウイルス薬になります。

ヘルペスはもちろん、この薬も水ぼうそうや帯状疱疹にも有効です。ヘルペスは放置してしまう人も多くいますが、しっかりと治療させずに悪化してしまうと脳炎や角膜炎など入院が必要になってしまうほど重症化してしまう事もある怖い病気です。発症が発覚した場合はすぐに治療するようにしましょう。

下痢は抗生物質によくある副作用ですが、まれに発疹や黄疸、手足のしびれ、息苦しさ、血尿などといった症状が出る場合もあります。その際は重い副作用の前兆である場合があります。服用をすぐに中止し、病院に行くようにしましょう。

参考:バラシクロビル(Wikipedia)

アシビルクリーム

アシビルクリーム

【用量】5g
【価格】1本単位650円程度~

アシビルクリームはゾビラックスのジェネリックになります。効果はゾビラックスと同じで、成分も同じアシクロビルで出来ています。

塗る事が手間でなく、しっかりピンポイントで患部に塗って治療したいという人はこのクリームがオススメです。

ヘルペス以外に水ぼうそうや帯状ほうしんにも有効です。

ヘルペスが出やすいという人は事前に通販で購入しておいて常に持ち歩き早め早めに塗って対処できるようにしましょう。

【使い方】
通常1日に数回、3時間おきに7日間続けて患部に塗り込みます。
薬の付いた手は塗り終わったらすぐに洗い流すようにしましょう。

効果が強いので敏感肌の人は注意が必要です。塗った部分がひりひりするなど違和感を感じたらすぐに使用を中止し、病院に行くようにしましょう。

参考:アシクロビル(Wikipedia)

カンジダ症に効く薬

カンジダ症に効く薬

カンジダは発症すると自然治癒する事がないので必ず治療が必要です。セックスしなくても免疫力が下がる事で発症し何度でも再発の危険がある面倒な病気です。

元々身体にいる菌が悪さをする事で発症する為、誰にでも発症の可能性があります。

薬の種類も飲み薬から塗り薬まで様々です。自分の治しやすいものでしっかりと治療するようにしましょう。

ジフルカン

ジフルカン

【一般名】フロコナゾール
【系統】トリアゾール系
【用量】150mgと200mg
【価格】20錠単位で2700円程度~
【飲み方】通常は1日1錠を1回、水またはぬるま湯で服用します。

ジフルカンはカンジダ症や膣炎の目に見える場所に感染する表在性真菌症と呼吸器、消化器、内臓系など目に見えない所で増殖してしまう深在性真菌症の両方の真菌症に効果があります。

真菌は一度増えると自然治癒する事はなく、特に深在性真菌症の場合、発見が遅れれば遅れるほど治療するのがとても難しくなってしまいます。

有効成分のフロコナゾールが真菌の細胞膜の生合成を阻害、殺菌する事で治療します。

吸収率が非常に良く、効果の濃度が落ちずに濃い状態のまま身体に効く事で強い抗菌力を発揮してくれる為、治療だけでなく予防薬としても処方される事があります。

また、このジフルカンは服用する事で膣の分泌量を増やすという効果があることから、女性用のバイアグラとしての効果も兼ね備えている薬です。

参考:フルコナゾール(Wikipedia)

クロトリマゾール

クロトリマゾール

【系統】イミダゾール系
【用量】ジェル15g クリーム30g ローション30ml
【価格】ジェル1本単位で2100円程度~
    クリーム1本単位で2100円程度~
    ローション1本単位で2700円程度~
【使い方】通常1週間~2週間の期間、ジェルは1日2回、クリーム、ローションは1日3回患部に直接塗布します。

クロトリマゾールはカンジダ症、水虫、いんきんたむしなど表在性真菌症に効果のある抗菌薬で、強い殺菌力が真菌を死滅させてくれます。

このクロトリマゾールは飲み薬ではなくジェル、クリーム、ローションといった直接塗るタイプの外用薬になるので錠剤が苦手な人や薬を飲んで副作用が出るのが気になるといった人はこのクロトリマゾールがおすすめです。

塗った部分がベタベタしない仕様となっているので使いやすく、塗る部分が患部だけなので、万が一副作用が出ても最小限で済む事から人気があります。

直接塗る事で効果の即効性も期待できる為、表在性真菌症の場合は外用薬を試してみる事をおすすめします。

治療だけでなく予防薬として使用する事も可能です。

通常はクリーム、皮膚が硬くて浸透しづらいような場所の場合は浸透力の高いローションにするといった使い方が有効です。

参考:クロトリマゾール(Wikipedia)

ニゾラル

ニゾラル

【一般名】ケトコナゾール
【系統】イミダゾ―ル系
【用量】飲み薬200mg クリーム15gと30g
【価格】飲み薬10錠単位で1700円程度~
    クリーム1本単位で1350円程度~
【飲み方】飲み薬の場合は1日1回2錠を食後に1~2週間水またはぬるま湯で服用します。
【使い方】クリームは1日に1回、患部に直接塗布します。

ニゾラルクリームは他の製品と比べると副作用が少ないとされています。ケトコナゾールという成分が真菌をやっつけてくれる事で真菌症を治療します。

このニゾラルの大きな特徴としては深在性真菌症には効果がない。といった点です。目に見えない体内で起こる深在性に飲み薬が効きそうですが、実際表在性にしか効果がないので、服用の際は注意しましょう。

ニゾラルクリームは浸透が早いので即効性がある事、副作用がほとんどないというのが特徴になります。

塗り薬を試してみて効果がなかったら飲み薬を使用してみるという人が多く、感染した部位や症状によって使い分けるというのもひとつです。

飲み薬の場合、まれに頭痛や胃痛などの副作用がある事があるので、ひどい場合は服用を中止するようにしましょう。

参考:ケトコナゾール(Wikipedia)

ラミシール

ラミシール

【一般名】テルビナフィン
【系統】アリルアミン系
【用量】飲み薬250mg クリーム30g スプレー30ml
【価格】飲み薬28錠で3150円程度~
    クリーム1本単位で2000円程度~
    スプレー1本単位で2000円程度~
【飲み方】飲み薬は1日1回1錠を食後に水またはぬるま湯で服用します。
【使い方】クリーム、スプレーは1日1回患部に直接塗布、または吹き付けます。

クリーム、スプレーにおいては副作用がでる可能性がありますので1日1回以上の使用は控えましょう。

ラミシールには薬には珍しいスプレータイプがあります。

塗り薬と違って薬に触れないで済む事、高い抗菌力で治りが早く効果の持続時間が長い事、真菌の増殖を防ぎ、予防薬としても使える事からのもすごく人気のある商品です。

有効成分のテルビナフィンは効果が強く、浸透力も高いのでかゆみ、ただれ、赤みを早く抑える事が出来ます。

皮膚科でよく処方されるこのテルビナフィンはカンジダ症以外に水虫、いんきんたむしなどの処方で使用されます。

先にクリームなどを試し、効果があんまり感じられなかった場合には隅々まで効果が行き渡る飲み薬の方を試してみるようにしましょう。

参考:テルビナフィン(Wikipedia)

ケトクリーム

ケトクリーム

【用量】15g
【価格】1本単位で1950円程度~

患部に直接塗る事で副作用を抑える事が出来るうえに即効性のある抗真菌薬になります。

カンジダ症をはじめいんきんたむし、水虫にも効果があるので、中高年のおじさん世代に人気のある商品ですが、最近では女性の購入者も増えています。

働く女性が増えた事でカンジダ症の再発が増えていて、病院に行きたくない。って人が自分で治す用に購入する事から人気が出てきています。

クリームタイプになっているので患部にだけ塗る事が出来るため副作用を抑える事が出来るのも人気のポイントです。飲み薬に比べると塗り薬は多少治療に時間がかかってはしまいますが、その分安心して使用する事が出来ます。

有効成分であるケトコナゾールは薄毛治療にも用いられている成分で、頭皮の脂漏性皮膚炎に対して改善効果があるとされています。

参考:ケトコナゾール(Wikipedia)

トリコモナスに効く薬

トリコモナスに効く薬

トリコモナスは男性の場合はほとんどの人が自覚症状を感じる事がありません。

感染したとしても排尿の際に洗い流されてしまう事で深くまで感染が進行しづらく、症状が出たとしても軽い排尿痛がある程度です。

女性の場合は、クラミジアや淋病などわかりにくい症状とは違い、不快な症状が多く臭いがきつくなってしまったりという事があるので、トイレに気を使います。症状が出たらすぐに治療し、一刻も早く完治させるようにしましょう。

フラジール

フラジール

【一般名】メトロニダゾール
【系統】ニトロイミダゾール系
【用量】500mg
【価格】20錠単位で2300円程度~
【飲み方】通常は1日に2回を1回250㎎を10日間、水またはぬるま湯で服用します。

トリコモナスになったら1番にこのフラジールが処方されます。吸収率がいい事から飲み薬なのに注射したのと同じほどの高い効果が期待できるとされるトリコモナスの特効薬です。

殺虫効果があり、原虫の繁殖を抑えてくれます。感染性の腸炎や胃炎などの菌にも効果があり、他にも胃潰瘍や肺炎などの症状がある場合にも治療薬として処方される事があります。

病院に行った場合は飲み薬ではなく、フラジール(メトロニダゾール)の膣錠が処方される事が多いです。診察の際にそのまま膣の中に入れてくれる事も多いので、膣錠という聞き慣れない形状だとしても何の心配もいりません。

原虫が膣よりも奥の尿道や膀胱に感染してしまった場合には膣錠では効果が無いので飲み薬が処方されます。

参考:メトロニダゾール(Wikipedia)

ファシジン

ファシジン

【一般名】チニダゾール
【系統】ニトロイミダゾール系
【用量】500mg
【価格】100錠で4800円程度~
【飲み方】1回4錠を1日だけ、水またはぬるま湯で服用します。服用後すぐに検査し治っていなければ1週間後に再度服用します。

ファシジンはトリコモナスに効くハイシジンという薬のジェネリックです。

臭いや痛み、かゆみなどの不快な症状が出るこのトリコモナス。原因である原虫の成長や増殖を防ぐ作用があり、対トリコモナスに対して高い殺菌効果があります。

一般的な抗生物質とは少し違った働き方で菌をやっつけるのがこの薬の特徴です。また1回の服用で済む事から飲み忘れ等が気になる方におすすめです。

嫌気性菌という食中毒を引き起こしたり、破傷風を引き起こすような厄介な菌にも殺菌効果があるので、色々な感染における治療に用いられています。

効果がある反面、まれに副作用が出る場合もあります。腹痛や下痢、胃もたれなどの症状が出ても時間が経てばおさまります。継続して不調が続くような時はすぐに病院に行くようにしましょう。

アルコールとの相性がとても悪いので服用後3日間はお酒は飲まないようにしましょう。

参考:Tinidazole(Wikipedia翻訳)

尖圭コンジローマに効く薬

塗り薬

尖圭コンジローマに効く薬は直接患部に塗るタイプの塗り薬が主になります。

元々、コンジローマの治療は電気メスやレーザーでいぼを切り取る手術をしないと治療できない病気でしたが、クリームを塗るだけで治せるようになりました。

ただ、完全に完治させられるというわけではないので再発の可能性はゼロではありません。とはいえ再発率に関してはかなり低いとても優秀な薬です。

アルダラクリーム

アルダラクリーム

【用量】250mg
【価格】3袋で2700円程度~

アルダラクリームはジェネリック医薬品になります。尖圭コンジローマの治療薬としては日本で初めての薬です。本来は手術する事でしか治療する事が出来なかったコンジローマがアルダラクリームの登場によって簡単に治療出来るようになりました。

アルダラクリームは尖圭コンジローマの他、良性皮膚がんや日光角化症(赤いシミ)の治療薬としても処方される事があります。

クリームなので多少、広範囲であってもしっかりと塗る事が出来ます。

  • 【使い方】
  • 適量を手に伸ばし1日1回を週に3回、就寝前にいぼ、または患部にクリームをすり込むように塗ります。
  • 出来るだけいぼのみに塗るようにしてあまり塗広げないようにしましょう。
  • 塗ってから6~10時間経ったらしっかりと洗い流します。(翌朝のシャワーがおすすめ)
  • いぼがきれいに消えるまで、最低でも1週間、最大で16週間は塗り続けるようにしましょう。
  • 塗り終わったらしっかりと石鹸で手を洗いましょう。

週3回という回数を必ず守り、いぼが消えるまでしっかりと塗り続けるようにしましょう。塗り続けても治らないといった時には病院に行くようにしましょう。

塗布後、6時間以内に洗い流す、10時間以上洗い流さないまま放置するといった事がないようにしましょう。効果が半減、もしくは悪化させてしまう事があります。

塗り忘れた場合に2回分の量を塗るという事がないようにしましょう。

pagetop