title

早漏の改善・治療について説明しています。

早漏治療のメカニズム

早漏の改善と治療方法
  • 更新日:

早漏防止の方法としてED治療薬を飲むことがあります。早漏とEDは関係ないのでは?と思う方もおられるかとは思いますが、ED治療薬は勃起不全を治療する薬と同時に勃起の強さを高める薬でもあります。

力強い勃起が出来るということは、ペニスで一番、敏感な部分である、亀頭をコーティングしてくれ、性的感覚を少なからず抑えてくれるという効果があります。

また精神的な事が原因で早漏を患っている人もED治療薬を飲む事で、自信がつき早漏に効果的だと言われています。

早漏治療とED治療薬の違い

そしたら早漏の治療はED治療薬だけでいいのではないかと疑問に思うかも知れませんが、早漏治療薬とED治療薬に配合されていないダポキセチンという早漏症に効果的な成分が配合されています。

ダポキセチンは、脳内のセロトニンの濃度を高める効果があります。セロトニンが多くなると安心でき、そして焦ることもなくなるので射精を抑えることができるという事です。

早漏症の原因の多くは、セックスの際に焦ってしまい早く射精をしてしまう、緊張して早く射精をしてしまうという内部的な要因の方が多くを占めているのです。

例えば、セックスに慣れていなくてつい緊張してしまって、つい焦ってしまって…。そういった心の状況もダポキセチンはセロトニンを増加させてくれるので、落ち着かせてくれます。

ED治療薬だけでは早漏の根本的な治療にはならないと医学的に言われているのは、この部分の事なのです。ですので、早漏の治療薬のダポキセチンは早漏の治療には欠かせない成分なのです。

スーパーカマグラ、スーパーバイスマやタダポックスにはダポキセチンとそしてED治療薬の成分が配合されています。

ED治療薬で早漏症の外部的要因(亀頭などの強化)、ダポキセチンで内部的要因(不安、焦り)を解消し、早漏を治療できるという事になります。

早漏防止薬と精力剤の比較

早漏防止薬と精力剤の比較

ここ最近、市販薬でも早漏防止に効果的だと謳われている商品が数多く出回っています。しかし、それらの商品は早漏防止に効果があるか、ないかと言ったら効果はありません。そういったお店で売られている早漏防止の精力剤に望めるのはプラシーボ効果だけです。

それは精力剤が早漏に効果的だという事は、医学的に何の根拠もないからです。例えば市販で販売されているにマカ、すっぽんドリンク、マムシドリンクなど、その他、多くの製品が出ています。コンビニやドラッグストアにも普通に陳列されています。精力剤としては知名度の高い商品ですが、先ほども書きましたが、早漏の対策にも、早漏の根本的な治療にもなりません。

それでは勃起についてはどうでしょうか?それではマカの成分をみてみましょう。マカは豊富なミネラル成分を含み、滋養強壮などの効果はあります。歴史も古く古代インカ帝国の男性も愛用していたようですが、正直、歴史が古すぎます。ここまで科学、医学が発展している現代で、ミネラル成分だけで勃起も早漏にも効果があるととても言えたものではありません。

それはもう一目瞭然です。ただ、望みはプラシーボ効果を期待するのみです。しかし、冷静に考えるとプラシーボ効果なんて、ただの思い込みでしかありません。

精力剤では早漏の治療はできない

スーパーカマグラ、プリリジーなどの早漏防止薬は、コンビニやドラッグストアでは購入できる精力剤との決定的な違いは、治療薬か治療薬じゃないかだけです。スーパーカマグラなどは早漏治療、防止薬として医学的に認められた医薬品です。

精力剤は一見、精力が旺盛になれば、早漏も同時に治療はできそうな感じはしますが、やはり根本的な早漏の治療にはなってはいません。早漏防止薬がなぜ早漏治療の効果が高いかというのは、医学的に有効だと認められた成分のダポキセチンが入っているからです。

ですので、早漏を根本的に治したい、早漏を改善したいと思う人は、医学的に認められている早漏防止薬を服用するようにしましょう。精力剤が全く早漏には効果はないとは断言はできませんが、やはり、確実性を求めるなら早漏防止薬のスーパーカマグラやスーパーバイスマ、タダポックスのような早漏防止薬が確実に早漏の治療に効果的なのです。

早漏手術

早漏手術

早漏手術には大まかに分けて早漏注射と包茎手術と2種類あります。

早漏注射

早漏注射はペニスにコラーゲンの薬剤を注入して感度を悪くする方法です。早漏手術の多くはこの注射の事を指す事が多いです。保険適用外です。病院、クリニックにより費用にはバラつきがあります。大体4万円~20万円でこれは注射の種類により料金に大きな違いがあります。

吸収タイプ

吸収タイプとは定番の早漏注射です。コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。注射しても半年くらいで体内に吸収されるので効果は一時的です。

定着タイプ

こちらは薬剤(アクアミド)が体内に吸収されずに残るタイプで、効果は半永久的に持続します。吸収タイプとは異なります。その代わりに費用は高く、12万円~20万円程度かかります。

ただ定着タイプの注射はリスクが高く体内に異物がずっと溜まる事になるからです。薬剤といえ人体にとっては異物です。その異物が死ぬまで体内に定着するわけなので、様々な害を及ぼす事が考えられます。アクアミドは安全だと言う医師はいますが、実際には安全性については十分に検証されてはいません。という事で定着タイプの注射をする場合は慎重に考え、医師に相談して行う方がいいでしょう。

フィラー剤の注入

早漏手術

ここ最近、早漏の手術ではフィラー剤を使用した早漏注射を大々的に宣伝をしていますが、実際にフィラー剤とは早漏注射のコラーゲン、ヒアルロン酸と同じ系統の薬剤です。フィラー剤の注入の手術はそもそも亀頭の増大が目的のようです。ですので、そこまで早漏の治療に信憑性はありません。しかも、フィラー剤の注入の費用は最安値で4~5万円で高い所だと20万円以上もするようです。

そして、美容外科などにも使用されるヒアルロン酸も半年しか効果を持たず、フィラー剤もまた同じで、効果は長続きはしません。これは美容整形も同じ事で、肌を若返らせるために打つヒアルロン酸の注射も効果が切れてしまったら、メンテナンスという事で定期的に注射を打たないといけません。

このフィラー剤の早漏注射もまた同じ事です。フィラー剤の注入は早漏の治療とは言い難いものです。早漏治療の目的のためのフィラー剤の注入は、効果が切れてしまった時、より早漏が悪化している恐れもありますので、もし手術を行う場合は、何度も通院し、担当医と相談をして決めた方がいいでしょう。

フィラー剤を注入してみることはトライしてみるという形式では良い事ですが、費用がやはり高額なものなので良く考えて決断した方がいいでしょう。例えば包茎、仮性包茎の人が悩む亀頭の敏感性は早漏トレーニングの亀頭オナニーをすることで亀頭は鍛えることができます。

そして、スクイーズ法なども一緒に取り入れる事で、より早漏は改善できます。スーパーカマグラなどの早漏治療薬を飲み早漏改善トレーニングをすることで、より射精までの時間を延ばすことはできるでしょう。早漏の悩みは、分かる人にしか分からないものです。更になかなか相談できるものではありません。 ですので手っ取り早く早漏の手術をしてしまえば…と思う気持ちは分かりますが、確実に早漏の治療、改善をしたいと思うのであれば、早漏治療薬を飲み、射精感を知ることが何よりも早漏治療となります。

陰茎背部神経遮断手術とは

その他の早漏手術に陰茎背部神経遮断手術(いんけいはいしんけいしゃだん手術)があります。この手術はどういったものかと言うと、陰茎背部の亀頭の神経を切ってしまう手術です。亀頭の神経を切ってしまうことで過剰なまでに敏感だった亀頭の刺激を鈍らせる効果があります。

ただし、この手術は日本国内では安全性が認められていないために行えるクリニックはとても少なく費用も高いようです。アジアでは主に韓国でこの手術を受けることができます。費用は、およそ保険適応しないので安いところで10万円程度、高くて30~60万円程度となっています。

包茎手術

包茎手術

未だ世間の認識で早漏と治すにはまず包茎を治療するものという認識が色濃くあるようです。しかしそれは間違った認識です。包茎と早漏の関係性ですがそもそも包茎を治療したからと言って亀頭の感度が鈍くなるわけではありません。手術をすれば皮はむけますが、以前として亀頭は敏感なままです。医学的に何も証明がありません。

また早漏手術と言いながらそれは結局は包茎手術と全く同じなんです。また手術となると費用も平気で10万円~25万円と高額なものとなります。

包茎手術と早漏の関係

早漏手術の効果

実は早漏手術はあまり効果がないといわれています。注射も手術も大体平均的に10万円前後です。これで早漏が確実に治ればいいのですが、実際に成功率も非常に低い事が現状です。手術と受けたからと言って確実に早漏が治るという事はないのです。また包茎手術にいたっては早漏が悪化したというケースも多々ありますので早漏手術を受ける際は十分に検討した方がいいでしょう。スーパーカマグラは費用も焼く済み、気軽に飲めて早漏克服できるのでこちらの方をお勧め致します。

早漏手術の費用

費用についてはクリニックにより値段の誤差は多少あります。先ほども紹介しました早漏注射が、4~20万円です。医院、クリニックにより費用は変わります。これは保険適応外の診療(自由診療)ということになるので、費用は統一されていないのです。

早漏注射の場合は何回も通院しないといけない場合があり、いくら費用の安いクリニックを見つけたとして1回、3~4万円の注射でも、1週間に1回の通院としても、月に16万円も手術費用が掛かってしまうのです。陰茎背部神経遮断手術となると、30~60万円程度、早漏手術の費用はどれも高額なものばかりです。

早漏手術はリスクが高い

早漏手術

陰茎背部神経遮断手術は神経を遮断することで、高い効果を得られそうですが、元に戻ったりする場合もあるようです。また失敗例も多く、全く変わらなかった、逆に神経過敏になり痛みが出てしまうというケースもあるようです。もし、陰茎背部神経遮断術を行うと決めた場合は、評判の良いクリニックを選び、主治医と良く相談し決断した方がいいでしょう。

失敗した場合は取り返しのつかないことになってしまいます。あまりオススメできない早漏手術です。この陰茎背部神経遮断手術が盛んな韓国では2006年に医療ミスがあり、新聞などにも取り上げられました。やはり手術はリスクがつきものですし、特に陰茎背部神経遮断手術を行う場合は評判の良いクリニックを選び、主治医と良く相談し決断した方がいいでしょう。

失敗した場合は取り返しのつかないことになってしまいます。早漏手術は早漏治療にもっとも効果的なような感じはしますが、この通りにリスクも高く、そして必ず早漏が治療できるというものではありません。早漏手術は治療の費用も高い上で、リスクもあり、人により術後の副作用に悩まされる人も多くいるようです。

100%治療できるというものではありませんので、もう一度、早漏の原因は何なのか?ということを改めて考える方がいいです。

早漏手術を受ける前に早漏治療薬

最近の早漏手術は、術後のアフターなどとても親切・丁寧にしてくれるようですが、やはり早漏を治療するためペニスにメスを入れたり、注射をしたりするのはなるべくなら避ける方が望ましいです。高額な治療費、危険というリスク、そして絶対に治るという保証もどこにもありません。早漏手術は早漏の治療の最終手段と考えておいていいでしょう。

もし、早漏手術を受診しようと思っている人がいましたら、今1度、自分の早漏の原因が何なのかということを、見つめ直してほしいです。

早漏手術は余りにもリスクがありすぎます。早漏はきちんと自分の早漏の原因を知ることが何よりも、治療への近道となります。

さらに早漏トレーニングを生活の中に織り交ぜる事で、より早く早漏の治療ができるでしょう。こういった毎日の積み重ねがとても大切なのです。自分の射精感を知り、そしてオプションとしてスーパーカマグラ、早漏の外用薬のリドカイン、早漏防止スプレー、早漏防止コンドームなどを使用し、じっくりと治療していくことが一番、望ましいです。

もし、それでも早漏手術を受ける場合はクリニックの先生と何度も面談し、どういった手術をするか、費用はどれぐらい掛かるのか?などと詳しく聞きうけるようにしましょう。少しでも早漏手術に対して、不明な点があるようでしたら、手術を受けるのはやめた方がいいでしょう。

早漏手術は多額な費用、そして危険なリスクを背負うものです。ですので、早漏手術は早漏治療の最終手段にするようにしましょう。

pagetop