title

早漏の症状・原因

早漏とは

早漏の改善と治療方法

早漏は治らないというのは昔の話です。今は薬で治療する事ができるようになりました。一昔前までの早漏の治療は、包茎手術ぐらいしかなく、確信的な早漏の治療法はありませんでした。しかし2009年に世界初の早漏治療薬が誕生しました。

ヤンセン・シラグ社が製造販売するプリリジーという薬です。有効成分のダポキセチンが過度な興奮状態を抑え、射精に至る時間を延長します。

早漏症の人はED(勃起不全)を発症している人も多く、約3割の方が当てはまるそうです。早漏の改善をしなければEDも併発する悪いループに陥る可能性が高くなります。

既にEDも発症されてしまった方は、最先端の医学を用いて製造されたスーパーカマグラやスーパーバイスマという薬を使う事で一度に改善をすることが出来ます。これらはプリリジーの有効成分ダポキセチンと、バイアグラの有効成分シルデナフィルが配合していることから早漏もEDも改善が出来るのです。

ただ、未承認薬になるため日本の病院では扱われておりません。海外医薬品を購入出来る通販サイトを利用して購入しましょう。ジェネリックなのでかなり安い価格で購入することが出来ます。

早漏の定義

早漏と一言にいっても、人によって基準が違う場合が多いです。ですが、実はきちんとした定義が定められています。2008年、第103回米国泌尿器科学会で世界的な基準が定められています。

①膣に挿入する前、もしくは挿入して1分以内に射精してしまう。
②挿入後に自分の意志で射精を遅らせる事が出来ない。
③性交で相手を満足させる事が出来ない為、苦痛やフラストレーションに感じる。

以上のうち、ひとつでもあてはまれば早漏です。一般的には男性の方が女性よりも早く絶頂に達する為、③に関しては、殆どの方があてはまってしまうのではないでしょうか。女性を基準に考えると、大多数の方が早漏という事にもなってしまいます。

女性がどれくらいで満足するかはかなり個人差ががありますが、日本人女性の場合、平均して15分程度の挿入を望んでいると言われています。早漏かどうかは相手次第である部分が、かなり大きいのですが、何とか頑張って15分持たせれば、多くの女性は満足してくれるという可能性が高い事になります。

早漏の原因

早漏の改善と治療方法

早漏の改善には、まずは原因を知ることが大切です。原因によって、どのような対策をすべきか変わってきます。原因は、大きくわけてふたつあるとされていて、精神的なものと肉体的なものに分かれます。

精神的な原因

一般的には精神的な原因の方が多いと言われていて、自分は早漏なのではないかという不安があると、それがさらに拍車をかけてしまい、悪化してしまうというケースがあります。

性的刺激に不慣れな場合は過敏性早漏というものになってしまう事があります。この場合は慣れていく事で自然に解消されますが、不安をさらに感じて悪化してしまう場合もあります。

特に日本では性交は男性がリードするものという風潮が強いので、うまくしなくては、長くしなくては、というプレッシャーが大きくなりすぎてしまうと、逆に早漏になってしまう事もあります。それ以外に、過去の性交のトラウマや、日常生活の仕事や人間関係のストレスなどが原因になる事もあり、非常に多岐に渡ります。

肉体的な原因

包茎の人に早漏が多い理由としてあげられるのが、亀頭が包皮に包まれている為、刺激に対して敏感になっているので早漏になり易いというのが一番の原因でもあります。しかし、包茎である人でも早漏では無い人もいます。

ですので、包茎だから早漏だとは現代では断言できないのです。そして、加齢が原因の場合もあります。射精をコントロールする筋肉の射精管閉鎖筋が、加齢により衰えてしまうと早漏になってしまいます。

この場合はPC筋トレーニングが有効的です。そして、EDを患ってしまうと早漏症を併発しやすいというデータもあります。早漏の原因として身体的な原因は現代の医学では考え辛いということになっています。

オナニーの早抜きが早漏の原因

肉体的な早漏の原因の1つに「オナニーの早抜き」あります。オナニーの仕方などについては、誰もが軽視しがちな事柄です。しかし、これはとても大切な事なのです。例えば、男性の場合は思春期の頃、中学生、早い人で小学校高学年でオナニーを始めるというデータがあります。例えば、学生時代にオナニーをする場合、大半は親が帰ってくる前に「早く射精しないと」「早く出さなきゃ」等と思い、早抜きをしてしまいます。

この早く出さないといけないという思考パターンが脳内に刷り込まれ、「早漏」の原因の1つと考えられています。早く出さないといけないという思考パターンはやがて、性行為時にも自覚症状のないまま出てしまいます。早漏改善の第一歩は、まずはこのオナニーの早抜き、オナニーの癖を治す!これを念頭に置いておきましょう。

早漏は早期改善がベスト

早漏とEDは早期改善

早漏を放置しておくと、早漏の治療、改善はとても難解になっていきます。更に放置しておくとEDを合併してしまう恐れもあります。

EDの予兆を感じた時も同じです。以前と比べて勃起の硬さがなくなった、途中で萎えてしまう事が多くなった等、ありましたら、早めにED治療薬の服用をした方がいいでしょう。

これら早漏、EDは加齢と共に比例して、予兆は出やすくなります。しかし早めに対処しておくことで、予防することができるのです。ですので、早漏、そしてEDの予兆を感じましたら、早めの対処をすることを強くおすすめします。

発症してしまってからでは遅いのです。飲み薬でしたら、ダポキセチンとシルデナフィルが配合されたスーパーカマグラやスーパーバイスマを早めに服用しましょう。

EDの予兆を感じたら、バイアグラ、レビトラ、シアリスと言ったED治療薬を早めに服用しましょう。また、早漏外用薬ならばリドカインクリーム、早漏防止スプレー、早漏防止コンドームなどを使用して対処していきましょう。早漏もEDも、早め早めの対処がとても重要なのです。

早漏の改善・治療方法

早漏の改善と治療方法

早漏防止薬の投薬治療

最も早漏の治療に効果的なのが、早漏防止薬による投薬治療です。早漏の治療、防止の成分ダポキセチンが、異常な興奮を抑えてくれます。このダポキセチンが配合されたスーパーカマグラ、スーパーバイスマ、タダポックスなどは、世界でも多くの患者を治療してきた、実績のある薬です。ダポキセチンが早漏に効果的だということが分かり、今では早漏は投薬治療で早漏を治療することができ、そして投薬治療が最も早漏には効果的だと言われています。

日本では早漏治療に関して、世間の認知も低く、そして世界と比べてかなり遅れていました。早漏の治療は早漏手術しかありませんでした。しかし、こうしてスーパーカマグラなどと言った早漏の治療薬を通販により国内でも購入できるようになりました。早漏は治らない病ではありません。投薬治療により早漏は改善でき、そして治療できるのです。

ダポキセチンとは

ダポキセチンとは、脳内の神経伝達物質のセロトニンを増加させ、落ち着かせる効果があります。早漏の原因はセックス時の「焦り」「緊張」が主な原因です。それについては早漏症の原因として、医学的にも発表されています。

具体的にこのダポキセチンという成分は、どういった効能を持っているのかというと、元々はうつ病患者へ処方する医薬品として使われている成分で、平常心を保つ効果を持っております。

そのため、セックスの際、著しく興奮を感じたとしても、ダポキセチンが脳内のセロトニンの量を増やし、興奮を抑えてくれるのです。そもそも射精は、性的な興奮が絶頂に達することで射精が起こります。早漏の人は興奮を抑えきれず、そして射精をコントロールすることができずに、自分の意思とは裏腹に射精をしてしまいます。

結論から言うと、射精するタイミングを分かることが、何よりも大切なのです。この射精するタイミングを見極めることができれば、自分が好きなタイミングで射精を起こすことができます。その射精のタイミングが、射精感といわれるものです。

その射精感を身に着けるために、効果が高いのが、このダポキセチンという成分です。ダポキセチンの効果により、緊張や焦りをセロトニンを増加させることで解消し、勝手に射精をしてしまうという現象が起こらなくするのです。

スーパーカマグラ

スーパーカマグラ

早漏は今では、投薬治療で早漏の改善、治療を行うことができます。世界でも早漏治療に効果の高いスーパーカマグラがあります。スーパーカマグラの有効成分はダポキセチンシルデナフィルです。

シルデナフィルはバイアグラの有効成分でもあります。ダポキセチンが脳内のセロトニンの濃度を高め、焦り、不安を抑え、そしてシルデナフィルにより硬い勃起を起こさせます。硬い勃起をすることで敏感である亀頭をコーティングし、性的刺激を抑えることが可能となります。

スーパーバイスマ

スーパーバイスマ

スーパーバイスマはスーパーカマグラと人気を二分する早漏治療・防止薬です。バイアグラのシルデナフィルの成分と早漏防止のダポキセチンの配合で、早漏とEDとダブルで治療してくれます。

早漏はEDを併発しやすく、またEDは早漏を併発しやすいと言われています。そして早漏の初期段階はED治療薬で早期改善はできます。以前に比べて勃起に元気がない、または以前より、射精が早くなったと感じた人は、スーパーバイスマを服用することをオススメします。

早漏改善トレーニング

早漏改善トレーニングを継続的に行う事で早漏を改善することができます。早漏防止薬を服用してのトレーニングは効率の良い早漏トレーニングができます。

オナニーの癖を治す

幼少期から培われた癖は、なかなか治すのは困難です。もし、早漏症を患っている人でオナニーをする時に今でも早抜きをしている人は、すぐにこのオナニーの癖を治すようにしましょう。 オナニーの早抜きは、肉体的な原因と精神的な原因と2つとも作用しています。早抜きをしている人がいればすぐにこの癖を治すようにしましょう。

また早漏改善トレーニングでも紹介している、スクイーズ法、亀頭オナニーなども是非、参考に見てほしいです。また、早抜きオナニーの改善方法にスーパーカマグラのような早漏治療薬を服用してオナニーをするというのも早漏を改善、治療する方法でもあります。

早漏の種類

早漏にはいくつか種類があります。早漏の種類を知ることで、早漏の対策、改善に役に立ちます。まずは自分がどういったタイプの早漏症なのかを知ることが大切です。早漏症は大まかなに3種類に分けられます。

過敏性早漏

ペニスが敏感過ぎる事が原因で少しの刺激でも射精してしまうタイプの早漏です。特に若い人に多く見られる傾向があります。膣の締め付けに弱い、または手で触れられるだけで果ててしまう、亀頭に触れるだけで敏感に反応してしまう、などがあげられます。

過敏性早漏の主な原因は「オナニーの癖」だと言われています。短いオナニーをする事ですぐにイク癖がついてしまい、本番でも体がインプットしてしまっているせいで早漏になってしまっている事が多いです。オナニーをする際に、意識してなるべく長めにしたりするようにしましょう。早漏トレーニングのスクイーズ法などを試してみる事をお勧めします。

心因性早漏

ペニスの刺激が少なくても女性の裸、表情、声や感触、そして性行為そのものに過度に興奮してしまい射精をしてしまう早漏の事を指します。ここ最近の研究によれば、早漏症を患っている半数以上はこの心因性早漏だという事が分かっています。

心因性早漏は自律神経が深く関わりがあります。過度な緊張と興奮する事で交感神経が優位になり思ってもいない所で射精をしてしまいます。この場合は解決策としては興奮をコントロールする事になります。

そして、緊張、興奮をする事でセロトニンが不足しているという事も原因の1つとして考えられます。スーパーカマグラにはセロトニンを増やす効果があります。実験結果ではスーパーカマグラを使用して挿入時間が約3倍伸びた事が確認されています。是非、活用してみて下さい。

また経験不足という事もあるので、パートナーがいればセマンズ法、1人でしたらスクイーズ法を試してみる事をお勧めします。

衰弱性早漏

加齢と共に射精をコントロールする事、強い勃起力を維持する事はとても困難になります。特に中年男性に多く見られるタイプです。射精の際も勃起力が足りないために勢いよく発射できずに、ダラーと垂れ流しの不完全な射精になる等といった事が良く見られます。

包茎性早漏(仮性包茎性早漏)

包茎、仮性包茎が早漏の原因の場合もあります。包茎、仮性包茎の人のペニスは普段、亀頭が陰茎の包皮に被われているため、性交時の膣への挿入後の摩擦の刺激に対して、非常に敏感になります。

包茎の人は、この強い刺激を受けると、射精のコントロールはできずに、反射的に射精をしてしまう場合が多いということになります。(もちろん、包茎、仮性包茎の人でも早漏症ではない人もおられます。)

セックスの経験により、幾分か挿入時間は長くキープできるようにはなるみたいですが、これには個人差があります。包茎の手術をすれば早漏は治ると考えてしまうとは思いますが、いくら包茎手術をし、包茎ではなくなったとしても、早漏が治るわけではありません。

早漏まめ知識

スーパーカマグラや、早漏治療薬の外部薬品、リドカイン、リドカインスプレータイプなど早漏改善の薬を駆使して、経験を積む、もしくは早漏改善トレーニングを行うなどの方法を取った方が確実に早漏治療への近道です。早漏は身体的要因、心因的な要因と2つが混じり発症する、とても厄介なものです。早漏の手術をすれば治るといった安易なものではありません。

早漏とEDの関連性

早漏の改善と治療方法

早漏とEDは全く違う病状であります。しかし、早漏とEDの関係は密接深く、関与しています。早漏になってしまうと、EDを発症しやすく、EDを発症してしまうと早漏になりやすいというデータが出ています。

スーパーカマグラは早漏とEDをダブルで治療する効果があります。スーパーカマグラの成分はダポキセチンとシルデナフィルの2つが配合されています。ダポキセチンは早漏を治療する成分であり、シルデナフィルはEDを治療する成分です。シルデナフィルはかの有名なバイアグラの成分でもあります。

EDとは

EDとは男性の勃起機能の低下を意味し、勃起障害、勃起不全とも呼ばれています。加齢と共に発症しやすいのですが、ここ最近では20代、30代と若い人達のED発症が増加傾向にあるようです。

EDの症状

EDの主な症状の中でも最も多いと言われているのが、「中折れ」です。中折れとは女性の膣の挿入中に勃起力の維持が出来ずに射精できなかったという状態を言います。そして、この中折れ、勃起の維持する時間が短いために、早く射精をしないといけない、この悪循環が早漏を引き起こす引き起こす原因になったりもします。

EDの主な症状

■中折れ
■勃起力が維持できない
■勃起力が十分ではないために満足に性行為が行えない状態

EDの原因

EDの原因 早漏

EDの原因は主に4つのパターンに分けられます。それぞれ、簡単に説明していきます。

器質性ED

器質性EDとは血管の動脈硬化の進行により発症するEDです。普通に生活していても、加齢により血管の老化が起こり血行が悪くなり陰茎の海綿体に血液が十分に流れ込まないために勃起に障害が出てきます。また生活習慣の乱れ、また高血圧、糖尿病などの合併症によりEDを発症してしまったり等があります。

心因性ED

精神的なストレスなどにより、EDを発症してしまう場合は心因性EDに割り当てられます。20代、30代と言った若い人達のEDの原因に特に多いのが、この心因性EDです。仕事、家庭環境などのストレス、セックスでのトラウマなどによる精神的ストレスにより発症します。そして、うつ病などの精神疾患による「性欲が出ない」等も心因性EDに括られます。

薬剤性ED

ある疾患により服用している薬の成分が原因で引き起こされるEDを薬剤性EDと言います。例えば高血圧症のために服用している降圧剤、うつ病などの精神疾患の薬、抗鬱剤、精神安定剤などは勃起し辛くなります。

早漏治療のメカニズム

早漏の改善と治療方法

早漏防止の方法としてED治療薬を飲むことがあります。早漏とEDは関係ないのでは?と思う方もおられるかとは思いますが、ED治療薬は勃起不全を治療する薬と同時に勃起の強さを高める薬でもあります。

力強い勃起が出来るということは、ペニスで一番、敏感な部分である、亀頭をコーティングしてくれ、性的感覚を少なからず抑えてくれるという効果があります。

また精神的な事が原因で早漏を患っている人もED治療薬を飲む事で、自信がつき早漏に効果的だと言われています。

早漏治療とED治療薬の違い

そしたら早漏の治療はED治療薬だけでいいのではないかと疑問に思うかも知れませんが、早漏治療薬とED治療薬に配合されていないダポキセチンという早漏症に効果的な成分が配合されています。

ダポキセチンは、脳内のセロトニンの濃度を高める効果があります。セロトニンが多くなると安心でき、そして焦ることもなくなるので射精を抑えることができるという事です。

早漏症の原因の多くは、セックスの際に焦ってしまい早く射精をしてしまう、緊張して早く射精をしてしまうという内部的な要因の方が多くを占めているのです。

例えば、セックスに慣れていなくてつい緊張してしまって、つい焦ってしまって…。そういった心の状況もダポキセチンはセロトニンを増加させてくれるので、落ち着かせてくれます。

ED治療薬だけでは早漏の根本的な治療にはならないと医学的に言われているのは、この部分の事なのです。ですので、早漏の治療薬のダポキセチンは早漏の治療には欠かせない成分なのです。

スーパーカマグラ、スーパーバイスマやタダポックスにはダポキセチンとそしてED治療薬の成分が配合されています。

ED治療薬で早漏症の外部的要因(亀頭などの強化)、ダポキセチンで内部的要因(不安、焦り)を解消し、早漏を治療できるという事になります。

早漏の予兆

早漏は年齢は問わず発症してしまいます。突然、発症したりします。早漏の予防としてED治療薬、そして早漏治療薬は「最近、何かおかしい」と思った時に予防しておいた方がいいのです。

例えば、早漏の予兆としてまずあげられるのが、EDです。EDは早漏をかなり高い確率で引き起こします。 ですから、EDの予防をしていたら、同時に早漏の予防にもなるということなのです。

その他に早漏を発症しないためにも以下の事柄に注意しておきましょう。

早漏・ED予備軍
・最近、性交時の射精が早くなったような気がする
・勃起力が以前と比べると弱まった
・射精の勢いが以前と比べると弱まった
・射精したら、すぐに勃起の硬さがなくなる

もし、少しでも上記のような事を感じるのでしたら、ED治療薬、または早漏治療薬の投薬予防をした方がいいかと思われます。

早漏防止薬と精力剤の比較

早漏防止薬と精力剤の比較

ここ最近、市販薬でも早漏防止に効果的だと謳われている商品が数多く出回っています。しかし、それらの商品は早漏防止に効果があるか、ないかと言ったら効果はありません。そういったお店で売られている早漏防止の精力剤に望めるのはプラシーボ効果だけです。

それは精力剤が早漏に効果的だという事は、医学的に何の根拠もないからです。例えば市販で販売されているにマカ、すっぽんドリンク、マムシドリンクなど、その他、多くの製品が出ています。コンビニやドラッグストアにも普通に陳列されています。精力剤としては知名度の高い商品ですが、先ほども書きましたが、早漏の対策にも、早漏の根本的な治療にもなりません。

それでは勃起についてはどうでしょうか?それではマカの成分をみてみましょう。マカは豊富なミネラル成分を含み、滋養強壮などの効果はあります。歴史も古く古代インカ帝国の男性も愛用していたようですが、正直、歴史が古すぎます。ここまで科学、医学が発展している現代で、ミネラル成分だけで勃起も早漏にも効果があるととても言えたものではありません。

それはもう一目瞭然です。ただ、望みはプラシーボ効果を期待するのみです。しかし、冷静に考えるとプラシーボ効果なんて、ただの思い込みでしかありません。

精力剤では早漏の治療はできない

スーパーカマグラ、プリリジーなどの早漏防止薬は、コンビニやドラッグストアでは購入できる精力剤との決定的な違いは、治療薬か治療薬じゃないかだけです。スーパーカマグラなどは早漏治療、防止薬として医学的に認められた医薬品です。

精力剤は一見、精力が旺盛になれば、早漏も同時に治療はできそうな感じはしますが、やはり根本的な早漏の治療にはなってはいません。早漏防止薬がなぜ早漏治療の効果が高いかというのは、医学的に有効だと認められた成分のダポキセチンが入っているからです。

ですので、早漏を根本的に治したい、早漏を改善したいと思う人は、医学的に認められている早漏防止薬を服用するようにしましょう。精力剤が全く早漏には効果はないとは断言はできませんが、やはり、確実性を求めるなら早漏防止薬のスーパーカマグラやスーパーバイスマ、タダポックスのような早漏防止薬が確実に早漏の治療に効果的なのです。

年々、増加し続ける早漏患者

早漏の改善と治療方法

日本国内でも早漏患者は年々に増加の傾向にあるようです。国内に止まらず、世界各国で早漏に悩まされている人は多くおられます。

しかし、日本国内では早漏は軽視されがちな病気でありますが、日本以外の国では早漏の治療に関心が深く、世界初の早漏治療薬、プリリジーが製造されたのもヤンセン・シラグ社(ベルギー)です。

そして世界でも60ヶ国以上で早漏症に効果的だと認可されていて、そのうちの30ヶ国では実際に病院でも処方されています。

早漏についての女性の本音

ここ最近でも浮気や不倫のスキャンダルが芸能界にも蔓延しています。しかし、早漏男性をどのように思っているのか?という早漏についてのアンケートを20~40代の女性に聞いたところ、やはり早漏は嫌だという意見が6割近くあったというのは事実です。

しかし、少ない意見ですが早漏の男性が良いという意見も少なからずあったのも事実です。たとえ、セックスが早く終わったとしても、その前段階で女性の気持ちを満たしてあげること、前戯を普段より長くすることでで挿入時間がたとえ、短くても満足させてあげることはできます。しかし、これは意外にテクニックと労力を要します。

その為にもスーパーカマグラ、スーパーバイスマ、タダポックスのような早漏治療薬、そしてリドカインクリーム、早漏防止スプレーなどを利用するのも1つの方法だと思われます。なお、そういった早漏改善グッズを利用することをパートナーが了承、理解してくれたらなおよろしいでしょう。

こうした早漏を防止をしながら、自然に早漏を改善していくのが早漏の治療としてはベストなやり方でしょう。 世間的には早漏の男性は女性からは敬遠されがちですが、がんばり次第で逆に好意を持たれるケースも多くあります。少しでも、こちらのサイトを参考していただければ幸いです。

EDと早漏

EDと早漏

インターネットの発展と普及により、生活は日を増すごとに便利になってきています。しかし、それと同時に情報も早くなり、めまぐるしく世界は変わっていくと同時に現代人も日々、時間に追われ「常に忙しい」と感じしまう人が多くなってきています。

便利な社会になっていくのは良い事なのですが、余裕の無い現代人は多くのストレスを抱えてしまっているのも事実です。

今の時代、特に日本を象徴する社会といえばストレス社会です。日本のサラリーマンは朝早くから仕事に行き、通勤では混雑した電車に乗り、会社内では人間関係を気にして付き合い、夜には仕事の付き合いのために夜遅くまでお酒を飲み、睡眠時間が削られます。

そして最終的には自分の時間が持てなくなってしまう。そういった時間に追われる日々の繰り返しにより、小さなストレスが積もりに積もり、EDを発症してしまう男性が急増しています。

また、EDを発症してしまうと、早漏も併発してしまう人も増加し続けています。EDと早漏は全く、違う病気、違う症状です。EDは勃起不全で、早漏は射精障害の1つであります。

このEDと早漏、一見相反するように見えますが、EDを発症した事により勃起し辛くなります。やっとの事で勃起したと思ったら、今度は早く射精しなくてはという、焦る気持ちが先行してしまいます。

この悪循環が早漏を発症してしまう、きっかけになってしまう事とが、実際にとても多く、早漏患者の半分はED気味、ED気味の患者の半分以上は早漏気味だというデータがあります。

EDと早漏

国内での早漏患者は意外にも多く、6割程度はいるといわれています。そしてその殆どの早漏患者は周りに知られてしまうと恥ずかしいや知られたくないなどの気持ちが強いために十分な治療ができておらず、そのまま早漏、射精障害を放置している人が2割程度はいると言われています。

このような潜在的(早漏)患者を含めると7~8割程度の人が、早漏、射精障害で悩んでいると言われています。

ここ最近では医学の発展により、早漏の治療も早漏手術以外に、投薬治療ができるようになりました。特に早漏、EDの治療に関して、インドのアジャンターファーマ社が開発、販売しているスーパーカマグラ<は早漏とEDの両方を改善、治療してくれる、世界での治療実績、評価の高い薬です。

そして、このスーパーカマグラと比較されやすいのがタダポックスです。タダポックスもスーパーカマグラ同様、早漏防止の成分、ダポキセチンとシアリスの有効成分であるタダラフィルを配合しています。

タダポックスもEDと早漏を同時に改善、治療してくれる早漏の特効薬となっております。スーパーカマグラもタダポックスも国内では処方、販売が未承認な薬なので、購入するには通販を利用して購入するようにしましょう。

購入手順もとても簡単で、24時間いつでも購入できる事から、今では、EDの治療、早漏の治療などは通販を利用して購入して治療するのが主流になってきております。

EDと早漏、射精障害でお悩みの人はスーパーカマグラなどといった薬を利用してみてはいかがでしょうか?思った以上の効果が期待できると思います。

射精障害とは

性機能障害とも呼ばれ、正常な射精が行えない症状のことを言います。射精障害はED(勃起不全)は含まれませんが、早漏、遅漏、膣内射精障害などが射精障害に該当します。

早漏

性交時、射精するまでの時間が本人の意思に反し、極端に早い射精をしてしまう、また、性交の際のパートナーが性的に満足しないうちに、射精してしまうことを言います。

遅漏

早漏と対照的で、女性との性行為時、挿入してもなかなか射精ができない、または射精するまでに時間が掛かってしまう症状のことを言います。

膣内射精障害

セックスでは射精できないが、オナニーでは射精できる。これを膣内射精障害と言います。人によりオナニーでも射精する事が困難、大幅な時間が掛かってしまうという人は重度の射精障害という事になります。

EDが招く射精障害

全般的な射精障害とEDはさほど関連性は無いと書きましたが、実は深く関わりがあります。特に早漏とEDは密接に関係し合っています。

早漏患者とED患者のデータでも、早漏患者にはED気味の人が多く、ED患者には早漏気味の人が多いというデータが出ています。

また、EDを治療したら早漏が改善したというケースもあり、早漏を改善したらEDの治療が出来たというケースも実際にデータであります。

ED薬で対処する

良く言われているのが、ED薬のレビトラは早漏改善の効果が高いという世界的なデータもあります。これは、早漏気味の人がED薬のレビトラを飲む事で、いつも以上の硬い勃起を維持することで、一時的に性的感覚を麻痺させているからだと言われています。


早漏の初期段階(早漏気味)は、ED薬は効果的だと言えるでしょう。しかし、ED薬で早漏を対処できるのは、あくまでも早漏の初期段階です。初期段階を経過した中度から重度の早漏はED薬では、対処するのは正直、厳しいのが現実です。

スーパーカマグラ、スーパーバイスマなどの早漏治療薬での投薬治療が望まれます。射精障害を放置しておくと、早漏、または遅漏を招き、そしてEDを招く恐れがあります。早期治療が一番、効果的です。

早漏に効果的なED薬、レビトラ、早漏の治療も予防もしておきたいという人は、スーパーカマグラ、タダポックス、スーパーバイスマが効果的です。

遅漏(ちろう)の原因

EDと早漏

これは早漏と真逆で、セックス中に射精するまでの時間が異常に長いことを言います。遅漏の原因のほとんどは自慰行為(オナニー)のし過ぎだと言われていますが、否定的な意見が多く、最近は遅漏の主な原因は心因的な事が原因だと言う説が強くなってきています。(オナニーの悪い癖は原因の一部だと考えられています。)

幼い頃に何らかの性的な虐待を受けた、または幼少の頃に過度な性教育を受け、性に対するものを不浄なものと考え、深層心理に無意識にブレーキを掛けてしまっているということが原因の場合が多いようです。遅濡にもスーパーカマグラは効果があると言われています。ダポキセチンで心を落ち着かせ、そしてバイアグラのシルデナフィルが十分な勃起をキープさせてくれます。

射精障害にもスーパーカマグラは効果的

遅漏の方の多くは長く挿入し続けて、中折れをしてしまい、射精が出来ないケースがとても多いのです。しかし、スーパーカマグラはこの身体性、心因性の原因を全て解決してくれるのです。ですのでスーパーカマグラは早漏だけではなく、遅濡にも効果があると言われ始めているのです。

しかし、医学的にはまだ、スーパーカマグラが遅漏にも効果的だと公式には発表されてはいません。しかしバイアグラで遅漏が治った、ダポキセチンで治療できたという人が多くいるのも事実です。遅漏で悩んでいる方は、スーパーカマグラを試してみるのもいいかも知れません。

早漏手術

早漏手術

早漏手術には大まかに分けて早漏注射と包茎手術と2種類あります。

早漏注射

早漏注射はペニスにコラーゲンの薬剤を注入して感度を悪くする方法です。早漏手術の多くはこの注射の事を指す事が多いです。保険適用外です。病院、クリニックにより費用にはバラつきがあります。大体4万円~20万円でこれは注射の種類により料金に大きな違いがあります。

吸収タイプ

吸収タイプとは定番の早漏注射です。コラーゲン、ヒアルロン酸などがあります。注射しても半年くらいで体内に吸収されるので効果は一時的です。

定着タイプ

こちらは薬剤(アクアミド)が体内に吸収されずに残るタイプで、効果は半永久的に持続します。吸収タイプとは異なります。その代わりに費用は高く、12万円~20万円程度かかります。

ただ定着タイプの注射はリスクが高く体内に異物がずっと溜まる事になるからです。薬剤といえ人体にとっては異物です。その異物が死ぬまで体内に定着するわけなので、様々な害を及ぼす事が考えられます。アクアミドは安全だと言う医師はいますが、実際には安全性については十分に検証されてはいません。という事で定着タイプの注射をする場合は慎重に考え、医師に相談して行う方がいいでしょう。

フィラー剤の注入

早漏手術

ここ最近、早漏の手術ではフィラー剤を使用した早漏注射を大々的に宣伝をしていますが、実際にフィラー剤とは早漏注射のコラーゲン、ヒアルロン酸と同じ系統の薬剤です。フィラー剤の注入の手術はそもそも亀頭の増大が目的のようです。ですので、そこまで早漏の治療に信憑性はありません。しかも、フィラー剤の注入の費用は最安値で4~5万円で高い所だと20万円以上もするようです。

そして、美容外科などにも使用されるヒアルロン酸も半年しか効果を持たず、フィラー剤もまた同じで、効果は長続きはしません。これは美容整形も同じ事で、肌を若返らせるために打つヒアルロン酸の注射も効果が切れてしまったら、メンテナンスという事で定期的に注射を打たないといけません。

このフィラー剤の早漏注射もまた同じ事です。フィラー剤の注入は早漏の治療とは言い難いものです。早漏治療の目的のためのフィラー剤の注入は、効果が切れてしまった時、より早漏が悪化している恐れもありますので、もし手術を行う場合は、何度も通院し、担当医と相談をして決めた方がいいでしょう。

フィラー剤を注入してみることはトライしてみるという形式では良い事ですが、費用がやはり高額なものなので良く考えて決断した方がいいでしょう。例えば包茎、仮性包茎の人が悩む亀頭の敏感性は早漏トレーニングの亀頭オナニーをすることで亀頭は鍛えることができます。

そして、スクイーズ法なども一緒に取り入れる事で、より早漏は改善できます。スーパーカマグラなどの早漏治療薬を飲み早漏改善トレーニングをすることで、より射精までの時間を延ばすことはできるでしょう。早漏の悩みは、分かる人にしか分からないものです。更になかなか相談できるものではありません。 ですので手っ取り早く早漏の手術をしてしまえば…と思う気持ちは分かりますが、確実に早漏の治療、改善をしたいと思うのであれば、早漏治療薬を飲み、射精感を知ることが何よりも早漏治療となります。

陰茎背部神経遮断手術とは

その他の早漏手術に陰茎背部神経遮断手術(いんけいはいしんけいしゃだん手術)があります。この手術はどういったものかと言うと、陰茎背部の亀頭の神経を切ってしまう手術です。亀頭の神経を切ってしまうことで過剰なまでに敏感だった亀頭の刺激を鈍らせる効果があります。

ただし、この手術は日本国内では安全性が認められていないために行えるクリニックはとても少なく費用も高いようです。アジアでは主に韓国でこの手術を受けることができます。費用は、およそ保険適応しないので安いところで10万円程度、高くて30~60万円程度となっています。

包茎手術

包茎手術

未だ世間の認識で早漏と治すにはまず包茎を治療するものという認識が色濃くあるようです。しかしそれは間違った認識です。包茎と早漏の関係性ですがそもそも包茎を治療したからと言って亀頭の感度が鈍くなるわけではありません。手術をすれば皮はむけますが、以前として亀頭は敏感なままです。医学的に何も証明がありません。

また早漏手術と言いながらそれは結局は包茎手術と全く同じなんです。また手術となると費用も平気で10万円~25万円と高額なものとなります。

包茎手術と早漏の関係

早漏手術の効果

実は早漏手術はあまり効果がないといわれています。注射も手術も大体平均的に10万円前後です。これで早漏が確実に治ればいいのですが、実際に成功率も非常に低い事が現状です。手術と受けたからと言って確実に早漏が治るという事はないのです。また包茎手術にいたっては早漏が悪化したというケースも多々ありますので早漏手術を受ける際は十分に検討した方がいいでしょう。スーパーカマグラは費用も焼く済み、気軽に飲めて早漏克服できるのでこちらの方をお勧め致します。

早漏手術の費用

費用についてはクリニックにより値段の誤差は多少あります。先ほども紹介しました早漏注射が、4~20万円です。医院、クリニックにより費用は変わります。これは保険適応外の診療(自由診療)ということになるので、費用は統一されていないのです。

早漏注射の場合は何回も通院しないといけない場合があり、いくら費用の安いクリニックを見つけたとして1回、3~4万円の注射でも、1週間に1回の通院としても、月に16万円も手術費用が掛かってしまうのです。陰茎背部神経遮断手術となると、30~60万円程度、早漏手術の費用はどれも高額なものばかりです。

早漏手術はリスクが高い

早漏手術

陰茎背部神経遮断手術は神経を遮断することで、高い効果を得られそうですが、元に戻ったりする場合もあるようです。また失敗例も多く、全く変わらなかった、逆に神経過敏になり痛みが出てしまうというケースもあるようです。もし、陰茎背部神経遮断術を行うと決めた場合は、評判の良いクリニックを選び、主治医と良く相談し決断した方がいいでしょう。

失敗した場合は取り返しのつかないことになってしまいます。あまりオススメできない早漏手術です。この陰茎背部神経遮断手術が盛んな韓国では2006年に医療ミスがあり、新聞などにも取り上げられました。やはり手術はリスクがつきものですし、特に陰茎背部神経遮断手術を行う場合は評判の良いクリニックを選び、主治医と良く相談し決断した方がいいでしょう。

失敗した場合は取り返しのつかないことになってしまいます。早漏手術は早漏治療にもっとも効果的なような感じはしますが、この通りにリスクも高く、そして必ず早漏が治療できるというものではありません。早漏手術は治療の費用も高い上で、リスクもあり、人により術後の副作用に悩まされる人も多くいるようです。

100%治療できるというものではありませんので、もう一度、早漏の原因は何なのか?ということを改めて考える方がいいです。

早漏手術を受ける前に早漏治療薬

最近の早漏手術は、術後のアフターなどとても親切・丁寧にしてくれるようですが、やはり早漏を治療するためペニスにメスを入れたり、注射をしたりするのはなるべくなら避ける方が望ましいです。高額な治療費、危険というリスク、そして絶対に治るという保証もどこにもありません。早漏手術は早漏の治療の最終手段と考えておいていいでしょう。

もし、早漏手術を受診しようと思っている人がいましたら、今1度、自分の早漏の原因が何なのかということを、見つめ直してほしいです。

早漏手術は余りにもリスクがありすぎます。早漏はきちんと自分の早漏の原因を知ることが何よりも、治療への近道となります。

さらに早漏トレーニングを生活の中に織り交ぜる事で、より早く早漏の治療ができるでしょう。こういった毎日の積み重ねがとても大切なのです。自分の射精感を知り、そしてオプションとしてスーパーカマグラ、早漏の外用薬のリドカイン、早漏防止スプレー、早漏防止コンドームなどを使用し、じっくりと治療していくことが一番、望ましいです。

もし、それでも早漏手術を受ける場合はクリニックの先生と何度も面談し、どういった手術をするか、費用はどれぐらい掛かるのか?などと詳しく聞きうけるようにしましょう。少しでも早漏手術に対して、不明な点があるようでしたら、手術を受けるのはやめた方がいいでしょう。

早漏手術は多額な費用、そして危険なリスクを背負うものです。ですので、早漏手術は早漏治療の最終手段にするようにしましょう。

女性が思う早漏

女性が思う早漏

早漏は男性にとって大きなコンプレックスとなり、また、早漏の定義は相手がどう思うかがかなり重要です。では、実際には女性はどのように思っているのでしょうか?女性に訊いたとあるアンケートによると、

早漏がイヤ:約36%
遅漏がイヤ:約22%
どちらもイヤ: 約24%
いずれも気にしない:約18%

という結果があります。

早漏がイヤとどちらもイヤを合わせると6割の女性が早漏は嫌だと思っているようです。遅漏の場合は、遅漏で、長すぎると疲れてくる、気持ちよくないのではないかと不安になる、という意見も多いのですが、女性がそこまで思ってしまうのは30分以上ではないでしょうか。

一般男性でここまで遅い人の割合は少ないと思われますので、やはり問題となるのは早い場合である事が多いです。

女性が望む時間

では、具体的に女性が望む挿入時間はどれくらいなのでしょうか?日本人女性の場合、15分程度を望む人が多いようです。それくらい挿入されていれば殆どの女性は満足を感じるので、15分程度は持続できるようにした方がよさそうです。

女性の方が達するまでの時間はかかるので、男性だけ達してしまって一方的に終わりでは、おいてけぼりにされたような気持ちになり、さらにその後の態度次第では、自分は大切にされていないのではと思うようになったり、自分勝手な男だと怒りを覚える場合もあります。男性は射精してしまうと性欲は一旦ゼロになりますから、そのようなつもりは全くなかったとしても、そう感じてしまう女性は多いのです。

浮気や別れの原因にも

浮気原因

不満を感じていたとしても、女性は演技や嘘が上手で、男性はなかなか見抜く事はできません。付き合い始めの頃は、男性の為に満足している演技や嘘を言ったとしても、それが重なってしまえば女性はどんどん不満に思ってくるのは当然のことと言えます。それが原因で浮気や別れや離婚につながってしまうケースは決して少なくありません。

早漏の彼氏を持つ女性の声

続いては早漏の彼氏を持つ女性の意見をまとめてみました。やはり基本的には不満を持たれている女性が多いようです。当然ですが、その解決方法がわからないために悩まれています。この悩みがやがて別れを決意させることにも繋がってきますので、適切な治療を行い改善ををしていくことが重要だと思います。

20代女性 Mさん

私の彼氏は早漏で、私も今まではずっと演技をしてきました。でも、やはり演技をするのも悪気を感じてしまっていました。早漏だからと言って彼氏に早漏改善の薬や早漏グッズを買うのも彼氏を傷つけてしまうのではないかと思ってやめました。早漏のことでインターネットなどで色々と調べてみたのですが、早漏が原因で別れてる人は結構、多いみたいです。

>

やっぱり彼氏との仲を保つのに、セックスはすごく大事なことだと思います。でも、男の人ってそういったことに対してはとても、プライドが高いですし、言い辛いんです。

正直、彼とのセックスでは全く満足していません。ずっと1人で悶々としています。インターネットで調べると早漏を改善する薬や早漏トレーニングなどいっぱいあるようですが、やはり彼氏には言いづらいです。この前も温泉旅行に行き、そういう事になったのですが、早漏の彼氏は1分も持ちませんでした。

2回目も1~2分しか持ちませんでした。このままずっとこんな気持ちが続くのであれば、別れも考えています。

30代女性 Kさん

元彼が早漏でした。自分が早いという事は知ってたみたいで、前戯は長くはしてもらえたのですが、やはりそれだけでは満足できずに、結局は別れる結果になってしまいました。別れる前にも友人に相談しましたが、その友人も早漏の彼氏がいた時は良く浮気をしていたといっていました。浮気はいけないことだということは分かっているのですが、ちょっとだけ気持ちは分かりました。

結局はその後2ヶ月ぐらい経った後に別れました。やっぱり男女の仲を深めるのは、全てではないですが、セックスはかなり大きいと思います。別れたのは、早漏だけが別れの原因ではないのですが、早漏が別れのきっかけになってるのは確かです。

やっぱり女性としては、2人の仲を保つのにセックスはとても重要なことだと思います。男の人ってプライドがとても高いので、早漏を治して欲しいとか、なかなか言えないんですよね。本当に困っています。

早漏男子が良いとの意見も

早漏男子が良いとの意見も

早漏の男性に、ちょっとした朗報です。最新の早漏事情ですが、一部の女性から「早漏男子はかわいい」という前向きな意見もちらほらと出てきているようです。早漏は今まではマイナスな面しかありませんでしたが、早漏を前向きに捉えてくれる一部の女性もいるというのは確かです。

その理由としての多くは「前戯が丁寧」という意見が多く、自分が早漏だということを自覚している早漏男子は、挿入メインの性交ではなく、前戯を長く、そして丁寧にしてくれるという意見もありました。

性交を心の底から楽しめるようになった

前戯が丁寧という意見の他に、今まで男性任せの性交でしたら、こちらがリードする事で、相手の緊張感などを緩和させることができるし、より性交を刺激的に感じられた、などの性交に対する意識の変革があったなどの意見もありました。今までは男性の一方的な性交で、いつも受身になるばかりでしたが、早漏の彼との性交は、自分もできるだけ協力してたり、性交について深く考えるようになりました。

騎乗位とか今まで率先してやったことはなかったのですが、騎乗位で焦らしてみたりして、少しでも挿入時間を長くする工夫をするようになった、またスローセックスなども実践してみることができた等。性交に対する考え方が180度代わりました。などといった意見も多く取り寄せられました。

ちゃんとコンドームを使用してくれる

ちゃんとコンドームをして避妊をしてくれるという意見も多くありました。 早漏の男性の場合はコンドームをしないとすぐに射精してしまうからという理由ですが、これについての女性からの見解は「大事にされている感じがする」「とても紳士的に思える」等の意見が多くありました。

早漏は悪いことばかりではないが…

これらの意見を見てもらえると分かるように早漏は何も悪いことばかりではないということが分かりましたが、しかし、こういった早漏の男性に対しての前向きな意見は全体の20%ぐらいの女性の方です。やはり、早漏は時間を掛けてもいいので徐々に治療していくことを推奨します。早漏は女性から見て術からなく悪いということではないということが今回は分かりました。しかし、大切なパートナーが本当に望んでいるのは早漏を治療すること、克服することでしょう。

早漏を解決することで今、以上にパートナーを喜ばせることができます。スーパーカマグラなどの早漏克服の為の薬、外部薬品のリドカイン早漏防止コンドームを使用し、早漏治療、克服を常に意識しておくことが大切です。今まで以上にあなたの大切なパートナーとの仲が深まることは間違いないでしょう。

早漏Q&A

早漏の疑問・質問

早漏についての疑問、質問などをQ&A形式でまとめています(web調査から引用)。いくつかのパターンを用意しましたので、自身に当てはまるものがあるかもしれません

まずはどういった原因で早漏になったのかを当てはめてみましょう。身体的なものなのか、あるいは心因性によるものなのか?特に多いものは心因性と言われています。また、併発しやすいEDにもお悩みであれば一緒に解決できる方法もありますので参考にしてみてください。

質問 1:どこからどこまでが早漏なのですか?

早漏症と診断されるラインを教えてください。

専門家からの回答

早漏の定義でもあるように
■女性器に挿入する前、もしくは挿入して1~3分以内に射精してしまう。
■挿入後に自分の意志で射精を遅らせる事が出来ない。
■射精が早いため、相手を満足させる事が出来ない、性交が苦痛、フラストレーション等を感じる。
等が早漏症としてあげられます。

質問 2:仮性包茎を治せば早漏は治りますか?

早漏の疑問・質問

自分は早漏です。そして仮性包茎です。仮性包茎の手術をすれば早漏は治りますか?

専門家からの回答

早漏は包茎ではない人でも早漏の人はおられますので、仮性包茎を治せば早漏が治るとは一概には言えません。早漏を治すには、早漏治療薬を服用し射精を遅らせる事を知ることが大切です。射精する瞬間を知ることです。射精感と良く呼ばれています。また早漏外用薬など使用し、麻痺させることで射精を遅延させ、体で覚えることが大切です。早漏治療薬のスーパーカマグラなどを使っていくのもおすすめ致します。

質問 3:挿入の平均時間はどれぐらいですか?

早漏の疑問・質問

彼女とのセックスの時、挿入して自分は10分程度しか持ちません。実際に彼女を満足させてあげられているか、不安です。だからと言って直接、聞く事もできないので質問しました。セックス時の挿入時間は平均的に大体、何分ぐらいなのでしょうか?それと早漏の人の挿入時間はどれぐらいなのでしょうか?

専門家からの回答

射精感といのは、射精する瞬間の事を言います。砕いていうと、早漏の人は自分の意思のないままに勝手に射精をしてしまう事です。早漏ではない人はこの射精をコントロールする事ができます。また射精感は、男性の性的興奮の絶頂時とも言います。この射精感を知ることで射精をコントロールでき、いつ射精をするか自分で決めることができます。射精する瞬間を知るには、スクイーズ法などと言った早漏改善トレーニングにより鍛錬することができます。

そして射精感は限りなく肉体的感覚に近い精神的な感覚です。即ち早漏トレーニングも肉体的トレーニングに近い精神鍛錬です。何度も射精する瞬間を味わい、自分の射精する瞬間を意識することで、この射精感を知ることができるでしょう。是非、早漏トレーニングをする事をおすすめします。初心者の人はスーパーカマグラや早漏外用薬を使用する事をおすすめします。

質問 4:心因性の早漏は薬で治りますか?

早漏の疑問・質問

以前、早漏関連のクリニックに通っていました。心因性の早漏が原因だと言われました。早漏の治療薬は飲んだのですが、あまり効果がありませんでした。心因性の早漏を治療するには何の薬がいいでしょうか?

専門家からの回答

心因性早漏の治療にはスーパーカマグラなどの内服薬が治療に最適です。心因性の治療には薬は効果がないのでは?と思う方もおられるかも知れませんが、逆に薬を飲む事で、薬を飲んだから安心したというプラシーボ効果も生み出します。しかし、早漏の治療効果がなかったと仰っているので、早漏外用薬を使用する事をオススメします。

リドカインクリーム、早漏防止スプレーなどには、麻痺させる医薬成分が配合されています。外側から麻痺させることで、射精を遅延させましょう。早漏防止コンドームは通常のコンドームとは違い、分厚くこちらも射精を遅らせることができます。内服薬ではなく、最初に早漏外用薬を使用する事をおすすめしてみます。

質問 5:主人が早漏で離婚を考えています。

早漏の疑問・質問

結婚して5年目の夫婦です。子供は1人で幼稚園を卒業し、少し落ち着いてきて、主人とのエッチの回数は徐々に増えてはきました。それでも月に2回程度です。

ただでさえ、少ない回数の上、主人が超早漏です。挿れても、5~6回程度で射精してしまいます。昔はまだちょっと長かったと思いますが、久しぶりというのもあるのかとは思いますが、早すぎます。

昔は5分ぐらいは持ったとは思いますが、今は1~2分程度です。その分、前戯は長くしてはくれますが、やはり女性としては、1つになった時に長い時間、愛し合いたいと思うものです。

それで、私はエッチ後も満足できずで、主人はその後はすぐに寝てしまいます。交際期間は6年ですが、主人とのエッチ(前戯を除いて)で今まで一度もイッたことがありません。しかし、主人にはこういったデリケートな事は言えないでいます。

この状況がこれ以上、続くとさすがに辛いです。今でも、主人に少し冷めてしまった状態が続いています。時々、離婚すらも頭を過ぎります。子供のためにも離婚だけは避けたいとは思ってはいますが、少し限界を感じています。

主人の早漏を治すにはどのような事をすればいいでしょうか?それと主人に今の私の気持ちを傷つけない程度に伝えたいのですが、どういう風に言えばいいでしょうか?

専門家からの回答

かなりお悩みのようですが、安心して下さい。早漏は改善でき、そして治療することはできます。ただし、早漏は通常の病と違い、少し特殊なので改善、治療に至るまでは一筋縄ではいきませんので、その辺は覚悟しておいて下さい。

まず、ご主人にどう伝えるかという事ですが、男性の私としては、一方的に女性パートナーから「早い」等と言われると傷付いてしまいますが、他の人はどうか分かりませんが、一般的な男性はみんな私と同じ気持ちになるとは思います。

基本的に男性はプライドが高いものなので、オブラートなしでそのように言うのは、心因性早漏を招きかねません。また、早漏だけではなく、EDを発症してしまう危険性もございます。

ですので、もしご主人にお伝えしたいのでしたら、まずは、下から甘えるようにお伝えした方がいいでしょう。例えば「もっと長くしたい」「もう少し繋がっていたい」等と言って男心をくすぐるのがいいでしょう。

それでも、ご主人に効果がないのであれば、真剣なトーンでセックスについて話し合いをした方がいいかとは思います。そして、早漏の改善、治療に関しては早漏治療薬を使用することをおすすめします。中でもスーパーカマグラがいいでしょう。

スーパーカマグラには射精を遅延させるダポキセチンという成分とED治療薬で有名なバイアグラの成分、シルデナフィルが配合されています。早漏の原因はセックスの際の焦り、緊張から射精をする心因性早漏と、肉体的に刺激に弱いことから射精を身体性早漏とがあります。

そしてスーパーカマグラはこの心因性早漏、身体性早漏のどちらにも治療効果があります。ご主人の早漏の原因は分かりかねますが、スーパーカマグラを服用していれば大丈夫かと思います。

もう1つ知って欲しいことがあります。それは早漏を改善するポイントとして射精感を知ることです。詳しくはこちらご覧ください(ご主人にそれとなく見せるように誘導してみてください)。

この射精感を知ることで早漏は徐々に改善され、治療することができます。そして、早漏の外用薬を利用するのも1つの手段です。リドカインクリーム、早漏防止スプレー、早漏防止コンドームなどがあります。これらは直接、ペニスに塗布し麻痺させ射精を遅延させることができます。最初は早漏防止コンドームは早漏専用に製造された厚手のコンドームです。刺激を抑えることで射精を遅らせることができます。

根本的な早漏の治療にはならないかとは思いますが、麻痺した状態で射精を遅らせる事ができます。射精を遅らせる事ができるという事は射精感を知ることができるという事でもあります。是非、こちらも試してみる事をおすすめします。

そして、もう1つ早漏改善トレーニングというものがあります。こちらは代表的な早漏改善の民間療法です。有名なのがスクイーズ法とセマンズ法です。セマンズ法はパートナーと行う早漏改善トレーニングなので一緒にやってみることもいいかと思います。セマンズ法をすることで夫婦仲が良くなったということも良くあるケースです。

更にこれらの早漏改善トレーニングはオナニーの癖を治すという事にも繋がります。普段から早く終わらせるために早抜きオナニーをしていると、脳がその癖をインプットとしてしまい、早漏になるというケースも少なくありませんので、その辺も覚えておいた方がいいでしょう。

色々と試してみることをおすすめします。一昔前までは早漏は治らないと言われていましたが、今は医学の発展により早漏は薬で治療することができるようになりました。ご主人の事を信じて助け合いながら早漏の治療をしていくのがいいでしょう。

質問 6:早漏を治したい!

早漏の疑問・質問

20代です。彼女と付き合って半年が経ちますが、まともに最後までセックスができた試しがありません。最悪は挿入前に(フェラチオや手コキ)で暴発して射精をしてしまいます。

時間を置いて、2回目をしてみるのですが、挿入までできたとしても3分と持ちません。1回目は彼女を目の前にして緊張してしまって早く射精をしてしまうのは分かるのですが、2回目は緊張も解きほぐされているはずなのに、早く射精をしてしまいます。

早漏だということは自覚しています。オナニーの時はまだ、セックスの時より早くはなくできるのに(泣)通信販売のAV男優が紹介する薬やスプレーを購入して試してみたのですが、全く治らないです。早漏を治したいのですが、どうすればいいでしょうか?本気で悩んでいます。

専門家からの回答

早漏を治したいということですが、早漏は現代の治療法は投薬治療が有力とされています。今は医学の発展により、早漏の治療薬が多く製造されています。スーパーカマグラをはじめとして、スーパーバイスマ、レビスマなどがあります。

早漏のメカニズムは緊張や焦りなどから射精が早くなってしまう、精神的な原因、そしてペニスの(主に亀頭部分)異常なまでの性的刺激による早い射精、肉体的な原因による早漏と大まかに分けて2つに分けられます。

質問者様の早漏の原因は緊張して早く射精をしてしまう、緊張はほぐれているのに射精をしてしまう、これは精神的な面と肉体的な面と2つ原因を背負っていることになります。

性交の前に早漏の治療薬を飲む事で、早漏は解消されます。また肉体的な原因の場合は早漏改善トレーニングは効果的なので、普段している自慰行為の時も早漏改善トレーニングを意識することでより早く早漏の改善、治療ができる事と思われます。

質問 7:早急に早漏を治したい!克服したいです!できますか?

早漏の疑問・質問

20代の会社員です。半年間、現在進行形で付き合っている彼女がいます。彼女とは何度かセックスをしてるのですが、1~2分と持ちません。私もさすがに彼女に悪い気がして、彼女とセックスをするのが怖くなっています。

彼女はとてもいい子で自分がこんなに早いことに対して何も言いません。でも、自分としてはそれが余計に辛かったりもします。それまでは週1で会ってはしてたのですが、今は仕事が忙しいとか言ってなるべく会わないようにしています。

決して彼女を嫌いになったわけではなく、ただ、怖いんです。自分の友人にも相談したんですが、普通にセックスでは挿入して20~30分は持つなどと言って余計に落ち込んでいます。彼女のことは好きなので、今のこの状況を何とかしたいです。早漏はすぐには治りますか?もし、すぐには治らないのなら早急にできる早漏の対策などあれば教えてください。

専門家からの回答

どうやからとても悩んでいるようで心中お察しします。まず始めに早漏は治りますということを断言しておきます。手っ取り早く早漏の治療をするなら、早漏防止薬を飲むことを始めましょう。そして、緊急で早漏の対策をしたいとのことですが、それについては早漏外用薬を使用しましょう。

リドカインクリームや早漏防止コンドーム、早漏防止スプレーなどがございます。それらを代用し早漏の対策を取りながら、早漏防止薬を服用することが手っ取り早く早漏を治す方法です。

そして、時間があったら早漏防止薬、早漏外用薬を使用した早漏トレーニングを行うことです。これは自慰行為をする際に意識付けて置くと楽になります。自慰の癖が早漏症を引き起こすきっかけとなっている場合もあります。

自慰行為をする際はなるべく、時間を掛けてすぐに射精しないようにしましょう。

長い自慰に慣れてきましたら、スクイーズ法などを試してみるのもいいでしょう。早漏防止薬を定期的に飲むことで早い人で1~2ヶ月で射精を遅らせることができたというデータも多くあります。あきらめないで投薬治療を続けることが早漏を治療する一番の近道です。そのまま放置しておくと取り返しつかないことになりますよ。頑張ってください!

早漏についてのまとめ

早漏についてのまとめ

今まで見てきてもらっても分かるように、早漏の改善として行う手術はとてもリスクが高く、更に費用も保険適応外ということもあり高額です。早漏を治療するために、早漏手術をするというのは、とても安易な考えだということが分かります。

早漏手術は早漏治療の最後の砦にするようにした方がいいでしょう。その前にまずはプリリジーという早漏治療薬で治療を行ってみましょう。内服薬だけではなく外用薬にリドカイン、早漏スプレーなど早漏を治療する薬が多く出ています。

また医学の発展により早漏の原因の多くは心因性だと言われています。こうした悩みが積み重なっていくとEDを併発してしまいます。反対にEDを発症している方は早漏を併発させやすいと言われており、メカニズムは違いますがEDと早漏は密接に繋がっているのです

もし、早漏とEDを2つを発症させてしまった場合、まずはEDを治療するしかありません。しかし、早漏を治す成分のダポキセチンとEDを治療する成分のシルデナフィルを配合しているスーパーカマグラやスーパーバイスマを使う事で、早漏とEDを併発してしまってもダブルの効果で改善の方向に向かいます。

しかしEDの治療は、薬を飲んだからと言ってすぐには治りません(軽度なEDでも、投薬治療でも早くて1ヶ月程度、時間がかかります)。その予防策としてスーパーカマグラなどのED治療効果も持つ早漏治療薬を使えばEDの予防、そして早漏の改善が可能となります。ただし注意すべき点として、効果の強い薬ですから様子を見ながら使ってください。

pagetop