更年期障害の症状
title

更年期障害の症状

更年期障害とは

女性
  • 更新日:

女性は妊娠するために10代で生理が始まり、そして50歳のころに閉経します。この閉経前後の期間を更年期とし、その時期に起こる症状を更年期障害と言います。40歳中旬から50歳半ばまでの期間に起こることが多く、人によってその症状は様々です。

女性であれば避けて通る事の出来ない自然な現象ですが、女性の体にとって大きな変化である事は間違いありません。それによりさまざまな体の不調、心の不調が現れます。

年齢を増すごとに卵巣機能は低下してしまい、卵巣によって放出されるエストロゲン(卵胞ホルモン)の量も閉経前後に急激に減少してしまいます。その為、女性ホルモンのバランスが急に乱れてしまいます。その結果、体に様々な異変が訪れ、自律神経の異常と精神状態の異常がみられるようになります。

女性のホルモンバランスを整えるにはプレマリンを服用する事で改善されます。

閉経自体は遅らす方法はありませんが、生活習慣やストレス、喫煙が閉経を早める可能性があります。閉経する前後10年間程度を更年期と呼び、思春期と同じように誰もが通過するただの期間です。問題なのはこの期間に起きる体や心の不調で、それを更年期障害と呼びます。

閉経の平均年齢は日本人女性ですとだいたい50歳位ですので、更年期は45歳位から55歳位までの期間と言えます。しかし、早い方ですと40代に入って更年期の症状が現れる方もいらっしゃいますし、生理の周期や量が今までとは違うと感じるのも40代に入ってからが多いようです。

更年期障害の診断

自分が更年期障害かもしれないと思った方「更年期障害診断」を見つけました。男性も女性もこちらで10個の質問に答えていくだけで無料で自分が更年期障害か分かります。是非1度試してみて下さい。アドバイスも貰えるので今後自分がどうして行けばいいのかが分かり、とても参考になります。

更年期障害の症状

更年期障害の症状

更年期障害は、加齢やエストロゲンの欠乏などといった身体的ストレスに加え、性格などが関係する、心理的因子、仕事や家庭環境などが関係する社会因子が重なり関与します。

一人ひとりその背景が異なるので、普段と違う事があったらメモなどしておくとよいでしょう。まず更年期障害の症状で一番現れやすいのがホットフラッシュになります。症状は、体がほてったり、汗が異常に出たりします。

よく女性がほてりだすと更年期かしら?と疑う人が多く、このホットフラッシュを更年期において半分以上の人が感じると考えられています。

代表的な更年期障害の症状

代表的な更年期障害の症状は「イライラ」して怒りっぽくなったり、「火照り」「眩暈」「肩こり」や「頭痛」が挙げられます。

症状が酷く辛い場合は、更年期だから仕方がないと諦めたり、ご自身で抱え込んだりせず、婦人科を受診してもよいですが簡単改善できる通販サイトで購入できるプレマリンの購入がおススメです。

服用する事で女性ホルモンが摂取でき、辛い症状を改善する事ができます。その他にも体温の増加による「のぼせ」や「動悸」「気分が落ち込む」「眠れない」「物事に集中できない」など症状は様々です。

更年期障害で起こる、めまい・頭痛の原因

更年期で起こる頭痛は女性ホルモンの減少でホルモンバランスや自律神経が乱れてしまい、脳への血流が不安定になってしまうのが原因とされています。

めまいは、40代女性の3人に1人は、めまいの症状を自覚しているようです。更年期障害が原因と考えられるめまいは「回転性のめまい」「浮動性のめまい」が多いようです。

症状を抑えるには脳への血流の量を落ち着かせる事がポイントです。

更年期障害で起こる、動悸・息切れの原因

更年期で起こる動悸や息切れは、加齢によって卵巣機能が衰え女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少し自律神経の乱れる事が原因とされています。

自律神経は、心臓の脈拍も調整してくれる役割があるので、乱れる事により、動悸や息切れを起こしてしまうのです。症状を抑えるにはリラックスをする事が大切です。

ゆっくり深呼吸をして心を落ち着かせてみましょう。

更年期障害で起こる、イライラの原因

更年期障害で起こるイライラは女性ホルモンの分泌が低下する事によって引き起こされます。ノルアドレナリンが過剰分泌する事で「セロトニン」が不足しイライラといった感情が起こってしまいます。

セロトニンは精神を落ち着かせる物質ですので、不足すると、感情に歯止めが効かなくなるのです。症状を抑えるには、「運動」「食事」「エストロゲンを増やす」などが効果的です。

エストロゲンを増やすにはプレマリンやエストロモンを服用する事で増やす事ができます。

更年期障害で起こる、むくみ・冷えの原因

更年期障害で起こる、むくみと冷えは、主に2つの原因があると言われています。

・エストロゲンの減少により、脳の視床下部が混乱し、体温調節を管理している自律神経が乱れ血行が悪くなるため。
・更年期の時期は、加齢によって筋肉量が減少し熱を作る事ができなくなるため。

この2つの原因により体が冷えて血行が悪くなり、むくみや、冷えに繋がります。その他にも上半身は熱いのに下半身は冷える「冷えのぼせ」を感じる人もいます。

冷えのぼせは、エストロゲンの分泌量の低下に加えて、自律神経の乱れによって起きます。症状を抑えるには漢方や、女性ホルモンを補充すると効果的です。

更年期障害で起こる、ほてり・のぼせ、発汗の原因

更年期障害で起こる、ほてりや、のぼせ、発汗(ホットフラッシュ)はエストロゲンの分泌量が急激にアップダウンする為に、自律神経が影響を受けてしまい、血管の膨張や収縮のコントロールが上手くいかなくなるために起こります。

症状を抑えるには、濡れタオルで顔や首の後ろを冷やしてあげて体を休める事。その他にも、漢方、ホルモン補充療法で症状を緩和する事ができます。

ホルモン補充療法(プレマリン)ですと、早い人だと1週間程度で、ホットフラッシュの症状が改善する方もいます。

更年期とからだの変化

女性はエストロゲン、男性は、テストステロンが減少する事で体に様々な影響を及ぼします。

女性のからだの変化とは

女性ですと閉経がもっともハッキリした変化になりますが、その前から生理が不規則になったり、生理がなくなる事があります。

そしてエストロゲンには悪玉コレステロールを減らし動脈硬化を予防したり骨を丈夫にする働きがあります。

エストロゲン減少してしまうことで心臓病や高血圧また、骨粗しょう症が起こりやすくなります。

更に更年期以降になると女性は生活習慣病のリスクが高くなりますので気をつけましょう。

男性のからだの変化とは

テストステロンに関してはエストロゲンと比べるとまだまだ研究は遅れています。

しかし泌尿器系の症状などからテストステロンが減少した事で前立腺肥大症を起こしやすくなる事が分かっています。

ですので男性の場合は様々な排尿障害はサインとしてみる事ができます。

例えば、排尿に時間が掛かってします。頻繁にトイレに行くなどになります。
また発毛ともテストステロンは関係しているので、現象する事で、脱毛症状が起こりやすい傾向もみられます。

更年期障害の精神異常とは

更年期になると精神異常を4割の方が感じています。これらの症状は個人差もありますが、酷い人だと日常生活に支障をきたしてしまう場合もあります。

寝込んでしまって何もできなくり、生活が通常通り行えなくなります。もちろん個人差があるので、なんの症状も出ないという方もいらっしゃいます。

また、「うつ」の症状が出る場合もあります。今までうつとは無縁だった人が急にうつ状態になってしまうので、周りの人はあまり理解されにくいのも事実です。

更年期を迎えてからかかりやすくなる主な病気

更年期を迎えた事で下記の病気に掛かりやすくなります。症状について紹介します。

【女性特有の病気】

ホルモンバランスの乱れから「卵巣がん」「子宮体がん」「乳がん」「子宮筋腫」などにリスクが高まります。

【骨粗しょう症】

エストロゲンが減少する事で、ちょとした動きでも骨折してしまいます。体の間接の動きが悪くなり長時間歩く事が辛くなります。

【生活習慣病】

ホルモンバランスが崩れる事で筋肉量・基礎代謝が低下し肥満に繋がりやすくなります。また「糖尿病」「高血圧」などのリスクも高まります。

【うつ病】

ホルモンバランスの変化、環境の変化から起こるストレスが原因で更年期に鬱びゅを発症してしまう事があります。

【動脈硬化】

エストロゲンが減少する事で血管が老化し「動脈硬化」が起こりやすくなります。更に進行してしまうと「狭心症」「心筋梗塞」を引き起こします。

すべてエストロゲンの減少、女性ホルモンの乱れが関係しています。もし上記のような症状が発症してもホルモン療法で体内にエストロゲンを増やしてあげる事が解消されます。

更年期を迎えた方がご家族の中や周囲にいる方へ

更年期を迎える時期は「子供が独立、結婚」「親の介護」などの環境の変化が起きる時期なのではないでしょうか。更年期になるとちょっとした事でイライラしてしまう事もあります。

周りにあたってしまう事もあります。家庭内、職場などのストレスは更年期障害の症状を悪化させてしまう原因になります。

ご家族の方や周囲の方が話をじっくり聞いてくれることで気持ちも楽になり、更年期の症状が緩和される事も多いので、できるだけ会話の機会を多くもつようにしてあげましょう。

更年期障害の個人差について

医師

更年期障害は生理痛と同様に個人差があり、同じ更年期世代であっても、全く不調が見られない方や軽度の症状で済む方もいらっしゃいます。しかし人によっては、日常生活に支障をきたすほど症状が酷い方もいらっしゃいます。

多くの女性は多かれ少なかれ更年期障害に悩まされているのではないでしょうか?

なかには堪え難い苦痛を感じる女性の方もいます。生活に影響あるいは被害がでる事があります。精神におこる症状はうつ病とよく似た症状になり、入眠障害や中途覚醒といった睡眠障害や抑うつ状態、精神が不安定な事で苛立ちやすくなったり、意欲を低下させるなどの症状があります。

肉体へは冷え性や頭痛、多汗、腰痛、肩こり、動悸や目眩などが起こるようになり、生活困難な状況に追い込まれる事があります。

女性であれば必ず通る道ですので、前向きに乗り越えたいものですよね。そうすればその先の人生もまた生き生きとしたものになるのではないでしょうか?

更年期になりやすい人とは?

更年期障害になりやすい人は神経質や心配性の人が多く、なりにくい人は楽天的でポジティブな考えができる人と言われています。

更年期症状は、自律神経の調子が崩れ、それにより、様々な不調が出てしまうものです。普段から、疲れやすい、心労を受けやすいような環境にいる人や、家庭内での問題を多く抱え、悩みが絶えない様な人は、この不調が出やすくなってしまいます。

また、食生活が悪かったり、なかなか睡眠をしっかりとれない様な生活を送っている人も、自律神経が乱れ、更年期症状に悩まされてしまうでしょう。

性格も、関係してきます。真面目で几帳面な人は、小さなことでもすぐに悩んでしまったり、あれも、これもやらなきゃと決めるものの、できなかった時に自分を責めてしまいがちになります。

体質的には、PMS(月経前症候群)がひどかった様な人も、気を付けなければいけません。このように、更年期の症状は、日頃のストレスが大きい人や、つい頑張り過ぎてしまう様な人が、ひどくなってしまいます。

更年期になりにくい人とは?

日頃から、健康管理をしっかりしていて、食事にもちゃんと気を配っている様な人は、自律神経の調子も良く、更年期症状は出づらいはずです。

それ以外にも血流の良い人も発症しにくくなっています。血流がよい人は、適度にカラダを動かしたり、運動も取り入れ、筋肉もしっかり使っていたり、ストレス発散や、自分なりの気分転換などができる人なのです。

毎日前向きに、健康的に過ごしている人は、更年期になりにくいと言われています。性格的にも何事にもクヨクヨせず楽観的で、過去をひきずらないタイプの人で、1人で普段のイライラや悩みを抱え込まないタイプの人が多いですね。

さらに食生活ではエストロゲンに似た作用をする大豆イソフラボンを摂取している人も症状が軽いと報告があります。

更年期になりやすい人の予防法

【ストレスを溜め込まない】

ストレスがまったくないという生活を送るのは難しいので、少しでも楽しく快適に過ごせるように考えてみましょう。たまには思いっきり好きなことをする日をつくってもよいでしょう。

【栄養バランスを考えた食生活にする】

体の健康はやはり食生活が一番関わってきますよね。偏った食事で栄養不足にならないように、たんぱく質やミネラルも積極的に摂取しましょう。

更年期障害と閉経

更年期と女性ホルモンのグラフ

更年期障害と、閉経は切っても切れない関係になります。女性ホルモンは、小児期、思春期、成熟期、更年期、老年期の5サイクルになります。更年期とはこのサイクルの1つになります。

平均の閉経年齢は個人差がありますが、約50歳くらいと言われています。この時期には病院にいっても原因が分からない、診察しても特に異常はない、などの原因不明の不調に襲われます。個人差があるので、軽い方は気づかないまま過ごす方もいます。

閉経とは一言で簡単に言ってしまえば、生理がなくなることです。加齢により卵巣の機能が低下する事で、生理のサイクルが不規則になります。

今までは概ね28日周期で毎月来ていた生理が数ヶ月来なくなってはまた来たりと徐々にその間隔が開くようになる場合や、逆に生理周期が短くなる場合、生理周期が短くなったり長くなったりを繰り返す場合もあります。これは閉経の予兆とも言える症状です。

しかし、いきなり生理が来なくなって閉経を迎える方もいらっしゃいますし、必ずしも全員が同じような過程を辿るとは限りません。

医学的には前回の生理が終わってから1年が経過しても生理が来ない場合、閉経したと位置づけています。閉経が近づくと女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが急激に減少しますので、実際に閉経しているのかどうかは婦人科で血液検査を受け、女性ホルモンの量を診ることで判断する事が出来ます。

更年期の症状

しかしこのエストロゲンは生涯、分泌され続けるわけではありません。女性は加齢により徐々に卵巣の機能が低下し、誰しもが閉経を迎えます。閉経を迎える前後約10年間を更年期と呼び、個人差はありますがこの時期に生理不順が起きたり、更年期障害に悩まされる女性はとても多いのです。

エストロゲンはこの更年期の時期を迎える頃になると分泌される量が減少してしまうのです。その結果、さまざまな症状が体や心に現れ始めます。主な症状はイライラや火照り、生理不順、不正出血、集中力の低下、不眠、抗うつ、頭痛、眩暈、しびれなどが挙げられます。

更年期の後半になると頻尿や、尿もれ、子宮脱、肩こり、しみ、しわ、たるみなども現れます。閉経後は更にエストロゲンの分泌量は激減し、血圧が高くなったり、骨粗鬆症などの症状も現れます。

医療が進歩した事や栄養状態が良い生活環境により女性の平均寿命は今や85歳です。閉経後の約30年間をエストロゲンが分泌されない状態で過ごしていかなければなりません。

更年期障害のまとめ

お茶を飲む女性

更年期になると、体だけじゃなく、精神的にも今までにない症状が出てしまいとても辛いですよね。一番大変なのは、やる気がなくなってしまいそこからうつ病のようになってしまいます。

更年期を上手く乗り越えるには正しい対処方法を見つけだす事が大切です。またなるべく早い段階で更年期障害対策をスタートさせる事が大切です。

「調子がおかしい」という時は病院で診察してもらうのも選択肢の一つですが、通販を利用すれば病院に行く必要もなく、病院で処方されるのと同じ治療薬のプレマリンのジェネリックのエストロモンを安く簡単に購入できます。

更年期障害になりやすい人もなりにくい人も今まで忙しい毎日を一生懸命生きてきたのですから、少しマイペースになってゆっくり過ごしてみたり、今まで健康面に気をつけてきた人もたまにはダラっと過ごしてみてもよいのではないでしょうか。気を緩める事も大切です。

更年期は好きなことをたくさん見つけて楽しい時間を増やし、頑張る時間を減らす。そんな風に過ごしたいですね。できるだけ笑いながら毎日元気に健やかに過ごせる様にしましょう。

若年性更年期障害

悩む女性

更年期障害は早い人であれば40代に入った頃から現れますが、20代や30代でもこのような症状を発症する方もいらっしゃいます。若年性更年期障害とはその名の通り若い世代の方に更年期障害と同じような症状が現れる事です。医学的には最後に生理が来てから1年以上生理が来ない場合、閉経したと定義がされています。43歳までに閉経を迎えることを早発閉経と呼び、病的な意味合いで考えられています。

早発閉経になる方はごく稀ですが、中には実際に早期閉経する方がいらっしゃるのも事実です。その場合、30代後半から更年期障害の症状が現れてしまうこともあります。

若年性更年期の原因(女性)

若年性更年期の原因は、さまざまですが、ストレスや過度なダイエットにより体の栄養状態が悪い場合、食事をはじめ生活習慣の乱れなどが挙げられます。女性が仕事を持つ事が当たり前になり、男性と同じように仕事をし、その上家事や育児もこなしているといった女性も少なくありません。仕事や人間関係、日常生活でストレスが溜まった状態が続いている可能性もあります。

女性の体は非常にデリケートで、風邪と引いた、ショックな出来事があった、忙しくてあまり睡眠が取れていないなどちょっとした事でも生理が遅れたり、逆に早まったりします。このような経験は誰にでもあるのではないでしょうか?

それらのことが、卵巣の機能を低下させたり、卵巣の機能は特に問題がなくてもホルモンバランスを乱す事に繋がります。ホルモンバランスが乱れてしまうと、自律神経のバランスもおかしくなり、更年期と似通った症状が出現すると考えられています。

若年性更年期障害の原因(男性)

体の衰えなんてまだまだ先だと思っている20~30代の男性の方いませんか?理由の分からない不調に最近悩んではいませんか?

例えば「なんとなくだけどダルイ」「肩がこる」「集中力がなくなってきた」などといった症状を放置していると、男性の場合は女性とは違う症状が出てきます。

若年性更年期障害の主な原因は「ストレス」がやはり一番大きいと言われています。一番深刻な症状は、ED(勃起不全、勃起障害)性欲減退などの性機能障害になります。

特に若年性更年期障害の場合のEDは、男としての自信を失わせてしまったり、トラウマになり、精神的に落ち込んでしまう方が増えています。EDの治療もしながら、男性ホルモンを増やしてあげる事が大切です。

男性の場合は、体の不調は「内科」。EDに関しては「泌尿器科」。精神的な落ち込みがある時は「診療内科」で診察してもらえます。しかし正直な所、男性は病院嫌いな方も多いと思います。

なにより、時間がもったいないし、面倒くさいですよね。そんな方には通販で簡単に購入できてしまうので、そちらをオススメします。男性の若年性更年期障害を治すには、「バイアグラ」や「セルノスジェル」が改善、予防をしてくれます。

更年期障害と若年性更年期障害の違い

更年期障害と若年性更年期障害は両方とも女性ホルモンの乱れが原因になります。しかし原因には大きな違いがあります。

更年期障害は「加齢」による卵巣の機能低下が主な原因になります。

一方で若年性更年期障害は「自律神経の乱れ」により卵巣の機能が低下し女性ホルモンが乱れてしまうのが原因になります。

無月経はいつから?生理不順との違いは?

若年性更年期障害の事を知るうえで「生理不順」「無月経」の違いを知っておくことが大切になります。

【生理不順とは】

・生理に対し期間が長い。

・生理に対し期間が短い。

・生理の周期が長い。

・生理の周期が短い。

1ヶ月生理が来なくて、遅れてきた。これは無月経とは言いません。

【無月経とは】

・3ヶ月生理が来ない。

【早期閉経とは】

・閉経の定義は医学的に「1年間月経が無いこと」になります。

早期閉経が若い年齢の方にも増えてきています。20代では1000人に1人30代では100人に1人。30代なのに閉経してしまう方が最近増えています。

月経前症候群PMSの可能性もあります。

月経前症候群PMSとは月経が近くなると不快な症状が体にでて日常生活に支障を与える状態をPMSといいます。「イライラ」「不安」「気分が落ち込む」といった症状が出てきます。こうみると更年期障害の症状と一致します。

実は更年期障害とPMSの症状を区別するのはとても難しいとされています。

若年性更年期障害になりやすい人

若年性更年期障害になりやすい人は、以下になります。

【肥満者、もしくは、痩せすぎ】

女性の肥満な方の4割以上に、排卵障害が見られます。逆に過度なダイエットで急激に痩せてしまったり、リバウンドや暴飲暴食で太る事で、体に大きなダメージを与えてしまいます。また、激しい体重の変化はホルモンバランスを崩し生理がとまることがあります。健康生活に心掛け、適度な体重を維持する事はとても大切です。

【過激な運動をしている人】

スポーツをやられている方の仲には、激しいトレーニングや食事制限に励みます。そのせいでホルモンバランスを崩してしまうことがあります。運動もすることは大切ですが、適度に動かしましょう。

【喫煙者】

喫煙する事で卵巣にめぐる血液の量を減少させてしまいます。その結果、卵巣機能が低下しホルモンの分泌に悪影響を与えています。禁煙、もしくは喫煙する回数を減らしましょう。

【ストレス】

ストレスは大きな社会の問題になっていますね。職場のプレッシャーだけではなく、家事や子育ても同時にこなす必要があります。精神的に参ってしまい、直接ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす例がよく見られます。

若年性更年期障害にならないためには?

若年性更年期障害にならないためにはまず規則正しい生活をするように心掛けましょう。普段の生活の見直しがとても大事になってきます。

若年性更年期障害には上記であげた以外にも原因があるとされています。

その他の原因(初潮年齢の若年化)

若年性更年期障害が増えている原因の1つとして初潮年齢の若年化があがっています。女性には産まれた時に卵子になる細胞が200万個もっており思春期になると30万個程に減ってしまいます

最近では10歳で初潮を迎える女性も増えており、初潮が早く始まるという事は排卵される卵子も早くなくなってしまいます

すると30代でも卵子の数がゼロに近くなる事もあります。

卵子の数がゼロになってしまうと自然と閉経が始まってきます。この事から最近では年齢が若くても若年性更年期障害になる可能性が高くなっているのです。

若年性更年期障害の緩和方法

更年期障害になるとほんのちょっとの事でもイライラする事も増え、落ち込んだりと気分も激しくなります。

若年性更年期障害の方ももし上記のような症状が出てきた時は、自分なりの緩和方法を見つけると同時に下記の事も試してみましょう

・しっかり休みましょう。無理は禁物です

・睡眠はしっかりとりましょう

・ストレスは溜め込まないようにしましょう

・適度な運動をする事で汗をかきましょう

なにより大事なのは無理はしてはいけないのです。これが1番大切になります。

若年性更年期障害に似た病気

実は若年性更年期障害に似た病気があるのを知っていますか?例えば「うつ病」「月経前症候群」「自律神経失調症」などの症状は、若年性更年期障害や更年期障害の症状に良く似ています

ですので私は若年性更年期障害だと決め付ける前にこちらの病気の可能性を疑う必要があります。

若年性更年期障害は予防方法

実は若年性更年期障害は予防する事ができます。

早発閉経は難しいですが、それ以外であれば予防する事が可能です。

若年性更年期障害の原因は女性ホルモンの分泌が低下うる事で起こります。ではホルモンバランスが崩れないようにする為にはどうすればいいのか。以下の事に気をつけましょう

・ストレスを溜めない

・睡眠はしっかりとる

・適度な運動をする

・偏った食生活、過度なダイエットは避ける

また食生活では豆乳や大豆製品を摂取するのも効果的です。詳しい事は更年期障害を和らげる食事を参考にして下さい。

生理の乱れは重要なサイン

お腹をおさえる女性

生理のサイクルが狂ったり、無月経が起きる事は体からの重要なサインです。無月経は放っておくと、治療をしても回復しなくなる場合もあります。早期閉経の可能性があるのか、卵巣の機能が低下しているのかは、婦人科で血液検査を受ける事である程度、判断ができます。

体をリラックスさせることや、精神面のリフレッシュに心掛けできるだけストレスを抱え込まずに、食生活や悪い生活習慣を見直しましょう。それでも改善しない場合は早めに婦人科を受診することをおススメします。

ストレスと更年期障害の関係

閉経と環境の変化

頭を押さえる女性

女性が閉経を迎える事は自然の摂理で、女性であれば誰もが避けては通れない道です。閉経を迎える前後10年間は更年期と位置づけられ、この期間に起こるさまざまな体や心の不調を更年期障害と呼びます。

更年期障害エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が減少する事が原因で起きると考えられています。

症状の中でも、体よりも精神的な症状が酷く現れるケースも多くあります。憂鬱や抗うつといったうつ病に似た症状が強く出る方は、ホルモンの分泌量の減少によるものよりも、心理的な要因が深く関わっている事が知られています。

この時期の女性は子育てが一段落し、子供が独立するなど家庭内の環境の変化やお仕事をされている方であれば責任が増えるなどの変化が生じやすく、今までとは生活スタイルが一変しているケースが多いのです。

両親や親しい人が病気を患い看病や介護をしていたり、心労が絶えない事も少なくありません。

またご自身の若さが失われていく事や女性としての存在価値を失うような気がして、過度な落ち込みや焦燥感を感じてしまう方も多いようです。

更年期障害のストレスと関わりのある物質

更年期障害のストレスと関わりがある脳内物質が3つあり、「セロトニン」「ノルアドレナリン」「ドーパミン」といい脳内で働く「三大神経伝達物質」です。

感情や精神の管理、記憶や運動や睡眠など、重要な機能に深く関わってきます。その中でも一番重要なのは「セロトニン」で、残りの2つの物質の暴走を抑え、感情などを管理しています。

3つのバランスが良ければ良いほど、やる気に満ち溢れた状態となります。

怒りのホルモン(ノルアドレナリン)とは

ノルアドレナリンといい外部からストレスを受ける事で、脳内から分泌されます。刺激される事で反応し危機管理を行う脳内物質です。自律神経のうち交感神経を活発に動かす働きを持ち、やる気や意欲を出すときに必要とされます。

過剰に分泌する事で精神面で不調が表れてしまいます。更年期の症状でイライラするのは、このノルアドレナリンも深く関係してます。怒りのホルモンが出た時は最初の6秒間を耐えぬく事が大切です。

イラっとした時こそ怒りのホルモンが脳内で大量分泌されているのだなと思うようにし、乗り切ることが大事なのです。

快楽のホルモン(ドーパミン)

ドーパミンといい女性は恋をする度に綺麗になると昔からよく耳にしますよね。それはその恋によって女性ホルモンが活性的になり、体つきが女らしくなったり、綺麗な肌を作るのが理由なのです。

恋をする事でドーパミンも分泌します。ドーパミンは快楽のホルモンと呼ばれているように心を幸せな気持ちで満たします。不足する事で、やる気や意欲が低下してしまいます。

逆に増えると快楽を感じその上、脳の動きが向上し仕事の効率を上げてくれなどいい事が色々あります。

幸せホルモン(セロトニン)

セロトニンといい神経伝達物質の1つで、脳内で作られ、精神を安定させたり、安らぎを与えてくれたりするホルモンです。分泌すると、ほんの少しの事で幸せを感じられたり毎日の生活に張りが出てきて、落ち着きや心地よさや満足感を感じられます。

逆にバランスが崩れる事で気分が落ちやすく鬱状態やパニックを起こしやすくなったり暴力的になる事があり、不眠、頭痛などといった様々な依存症におちいってしまう症状が出やすくなります。

実は鬱病もこの分泌ができなくなる事で機能不全になるので精神的な事だけが原因なのではないという事も分かりました。セロトニンは睡眠の質を上げたり、感情の自己管理を向上し、自律神経などの調整を行ってくれます。

不眠症の方や朝起きれない方、更年期障害でイライラしやすくなった方にはセロトニンはとても効果があるのです。

ストレスと更年期障害の関係

頭を抱える女性

それに加えご自身の考え方や長年培ってきた性格的な部分からストレスを受けやすい方ほど精神面での症状が強く出ると言われています。

ストレスは交感神経を優位にしてしまい、副交感神経がうまく働かないと自律神経に乱れを起こします。その結果、更年期障害の症状を発症してしまうのです。

ストレスと更年期障害は密接に関係していると言えます。ご自身でストレスの解消法をお持ちの方は上手に切り替えができますが、ストレスの解消法がわからない、今まではそれで解消出来ていたのに、何故か上手くいかなくなる場合もあります。

日々の生活の中では、なんでも自分が望んだとおりに進むわけではありません。時には嫌な事や億劫な事もしなければならないし、人間関係の摩擦はどこへ行っても多かれ少なかれ起きます。しかし同じ出来事が起こっても受け止め方は、人それぞれ違います。

非常に重く負担に受け止める方もいれば、全く動じない方もいます。それは個々の性格によって違ってきます。周囲の方に話を聞いてもらい、心のうちを吐き出す事で気分がスッキリする事もあります。

しかしなかなか解消できない時もあると思います。周囲に話しづらいと感じる場合などは、専門家やカウンセラーにアドバイスを求める事も効果的です。

とにかくストレスを溜め込まずに発散方法をご自身でいくつか見つけておきましょう。こんな時はこんな風に考えて、落ち込んでしまう事が多いなどといったご自身の考え方の傾向や癖も見直してみましょう。

ストレスと上手に付き合うコツが見つかれば、自然と症状が回復に向かうかもしれません。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害ホルモンバランスが崩れる事が原因であり、なぜ崩れてしまうのかというと無理なダイエット、不規則な生活や、食生活によりホルモンバランスが乱れてしまったり、環境の変化やストレスなども原因とされています。

若年性更年期障害の症状には、個人差があり、ほとんど気にならないほどの症状の人も居れば、日常生活も満足に出来ない症状の人もいます。どんな症状があるかと言うと、更年期障害とあまり違いはなく、下記のような症状が出ます。

・顔のほてりやのぼせ。(ホットフラッシュ)
・大量の汗をかいたり、顔から汗が止まらない。
・生理不順や不正出血。
・イライラ、疲れ、頭痛、めまい、ふらつき、耳鳴りなど。
・手足の冷え。

このよう症状があらわれたら若年性更年期障害の可能性があります。

閉経と更年期障害

日本人女性が閉経を迎える平均年齢は50歳前後で、閉経を迎える前後10年間程度の期間を更年期と呼んでいます。更年期になると卵巣の機能が徐々に低下し、閉経が近づくと卵巣から分泌されるエストロゲンの分泌量が激減します。

しかし脳からは今まで通り、エストロゲンの分泌を促す指示が出されます。卵巣からエストロゲンを分泌する事が出来ないのに、脳からは卵巣を刺激するホルモンが分泌され続ける結果、ホルモンバランスが崩れることにより自律神経が乱れ、体や心に不調が現れます。

代表的な症状は、イライラ感、火照り、手足の冷え、頭痛、肩こり、不安感で、中には鬱病のような症状が起こる方もいらっしゃいます。これらの症状を更年期障害と呼んでいます。

若年性更年期障害チェック

まずは自分で自己判断してみましょう。下記のような症状が出ていたら、若年性更年期障害の可能性があります。

まず病院へ行く前にチェックしてみましょう。

【若年性更年期障害のチェックリスト】

・人と話すことが億劫になりはじめた

・月経不順や月経痛が時々ある

・笑うことが減ってきた

・腰痛や肩こりが治らない

・食欲がなくなった

・胃痛や頭痛がある

・家事や仕事をさぼりたくなる

・イライラする

・抜け毛や白髪が増えはじめた

・疲れがあまりとれない

・寝付きが悪い

・著しい体重の変化がある

・便秘や下痢になりやすい

・集中力や注意力がなくなった

・のぼせやめまい、耳鳴りがする

・気持ちが落ち込むことが多い

・肌荒れが治らない

・トイレに行く回数が増えた

・ドライアイ、ドライマウスになる

5個以上当てはまる方は要注意になります。

更年期を迎えた方がご家族の中や周囲にいる方へ

更年期を迎える時期は「子供が独立、結婚」「親の介護」などの環境の変化が起きる時期なのではないでしょうか。更年期になるとちょっとした事でイライラしてしまう事もあります。

周りにあたってしまう事もあります。家庭内、職場などのストレスは更年期障害の症状を悪化させてしまう原因になります。

ご家族の方や周囲の方が話をじっくり聞いてくれることで気持ちも楽になり、更年期の症状が緩和される事も多いので、できるだけ会話の機会を多くもつようにしてあげましょう。

pagetop