title

レクサプロは通販から購入をおすすめ。その理由は安い価格のジェネリックがあり、うつ病治療にかかる費用を抑えられるためです。

レクサプロは高い。だから通販がおすすめ

レクサプロ

  • 更新日:

レクサプロはうつ病に効果のある抗うつ剤です。新しい抗うつ剤なため、効果、安全性のバランスが良く、医療現場でも評価が高く、処方量も多いと言います。しかし薬価はそれに比例して高いため、費用がかさんでしまうのがネックです。

しかし海外医薬品の通販を利用すれば、日本ではまだ発売されていないジェネリックを購入でき、その価格がとても安いことからうつ病の治療にかかる費用を抑えられるメリットがあります。もちろん先発薬(レクサプロのこと)と同等の効果を持っているので、治療にあたり問題はありません。

レクサプロの通販

レクサプロの通販

レクサプロの通販ですが、医療用医薬品であるため一般的には病院で受診をし処方箋を出してもらわないと薬を手にすることはできないです。しかし、医療機関に足を運ぶ時間がない人もいると思います。または受付時間に間に合わない。病院に行く手間が嫌だ。なんて方も少なくないと思います。レクサプロは個人輸入代行の通販であれば購入ができます

個人輸入の通販サイト

個人輸入の通販サイトは、個人輸入でしか購入のできない海外医薬品を楽天やアマゾンといった通販サイトと同様の感覚でインターネット上にて注文ができるサイトです。

個人輸入の通販であれば、病院に出向く必要がありません。もちろん処方箋はなしで購入ができます。この方法では病院でかかる受診料などは発生せずに薬の代金のみになるため経済的にもお得になり、薬を常用している方にはとても利便性がよくなります。また、ジェネリックの注文もできるためさらにお得であります。

個人輸入の通販について書きましたが、レクサプロを通販で購入するにあたりうつ病は心や精神面の病なため、通常は医師の診断を受けることは必要な事であります。医師と相談をしてみて通販で購入して服用することに問題なければ、購入し試してみることも一つの改善方法となりえるかもしれません。

レクサプロのジェネリック

抗うつ剤レクサプロにはジェネリックがあります。ジェネリックであれば効果がほとんどかわらないのに薬価がだいぶ安くなるためとても経済的です。いくつかご紹介します。

エスシダデップ

エスシダデップ

エスシダデップはインドのジプラ社が販売している医薬品です。
エスシダデップ(レクサプロ・ジェネリック)は先発薬のレクサプロと同様の成分「エスシタロプラム」を主成分としているため、薬の効果や副作用に関してはほぼ同等となり、うつ病や不安障害に効果があります。

海外医薬品となるため日本国内の薬局などで購入はできません。個人輸入の通販であれば購入ができます。

レクサプロ・ジェネリックの薬価

レクサプロの薬価については10mgで1錠あたり約218円とけっして安くはありませんが、効果と副作用のバランスの良さから非常に評価が高い薬となります。ではエスシダデップなどのジェネリックはどの程度の価格なのか?そして分かりやすいように比較表も作ってみました。

レクサプロ エスシダデップ
(ジェネリック)
有効成分
10mg
約218円 約42円
有効成分
20mg
約571円 約60円

上の表からレクサプロの薬価は有効成分が10mgで1錠あたり約218円となります。1錠でこの価格となるため長期の服用を考えると決して安い薬とは言いがたいです。しかし、エスシダデップ(レクサプロ・ジェネリック)は有効成分の成分量により多少値段は前後しますが、上の表を見ていただくと一目瞭然の価格差があります。薬の効果がほぼ変わらないのにレクサプロの約5分の1より安い値段で購入できるため大変お得になります。

治療のために服用する頻度の高いかたはジェネリックであるエスシダデップをうまく活用することで経済的負担をやわらげることができるためオススメになります。

レクサプロの特徴

レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)は日本で最も新しいSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の抗うつ剤です。
強すぎないけれども確かな効果が得られ、また副作用にもなりづらく安全性が高いので多くの方に利用されています。

これまで抗うつ剤は効果の強さだけを求めてしまうと、効果が強いぶん副作用も比例して強くなり、逆に副作用を少なくすると効果も弱くなってしまいました。レクサプロは効果もえられ、副作用も少なく安全性が高いという非常にバランスがとれた抗うつ剤として利用者数が増えています。そしてなによりも特質しているのが即効性です。

通常SSRIに分類される薬は服用して効果があらわれるまでおおよそ2~3週間程かかります。レクサプロは1週間程で効果が現れ、他のSSRIと比較すると即効性に富んでいます

レクサプロはSSRIの薬の中でもセロトニン以外の脳内物質には影響を与えずにセロトニンのみを増やす作用に特化しているという特徴で副作用の症状も少なく抑えることができています。

レクサプロの効果

レクサプロ(一般名:エスシタロプラム)はうつ病やうつ状態、不安障害といった症状の改善に効果がある治療薬です。

うつ病やうつ状態になってしまう原因の一つに「セロトニン」が不足していることが考えられます。セロトニンは気分を落ち着かせたり、安定させたり、心が安らいだりすることに関係している神経伝達物質のひとつです。このセロトニンが不足することで心や気持ちに落ち着きがなくなってしまったりと、気持ちに影響を及ぼしてしまうことがあります。このことがうつ病やうつ状態の原因になると考えられています。

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)に属すレクサプロ(エスシタロプラム)はセロトニンの吸収や分解といった再取り込みを阻害する効果があります。再取り込みを阻害することでセロトニンの減少をふせぎます。すると結果的にセロトニンの量が増えることにつながり濃度が高まります。レクサプロはこのような作用効果により抗うつ効果を発揮し、治療や改善へとつなげます。

レクサプロの半減期

「半減期」とは薬を服用してから血液中で薬の成分濃度が最大になり、その後濃度が半分になるまでの時間のことを呼びます。

レクサプロは血中半減期が長いため血液中の薬の濃度の変化が緩やかであります。そのため離脱症状にもなりにくいです。
半減期の時間が長いため、薬の持続時間も最大約30時間と長めです。そのため服用が1日1回で済むこともメリットのひとつです。

レクサプロの副作用について

副作用について説明する看護師

抗うつ剤であるレクサプロ(エスシタロプラム)は副作用が起こりづらい薬です。 レクサプロはSSRIの他の薬と比べると非常に副作用が少なく安全な薬で、効果もきちんとある薬ですが、副作用が全く起こらない訳ではないです。個人差はありますが起こる可能性の副作用を以下に書きたいと思います。

おもな症状はこちらです。

  • ・吐き気
  • ・頭痛
  • ・口の渇き
  • ・めまいやふらつき
  • ・眠気
  • ・性機能障害

このような副作用が起こる可能性があります。特に服用し始めに起こるのが吐き気や下痢といった胃腸障害と、口の渇きも起こりやすいようです。そして神経が過敏になる精神的変調により汗が出たり、動悸やイライラの症状も発症します。これらの症状はおおむね薬の服用を継続すると自然とおちつく事が多いです。

重度の副作用

重度の副作用は、ほぼ起こる事はないと言われますが、セロトニンの分泌が過剰となり起こるセロトニン症候群です。

セロトニン症候群とは?

セロトニン症候群は、脳内にある神経伝達物質のセロトニンが、同様の神経伝達物質であるドーパミン、ノルアドレナリンを調整する役割をしており、心の状態や精神状態にふかく関わっています。セロトニンが減少すると心や精神状態を上手く保てなくなり、うつ状態や精神的な疾患の発症につながります。逆に増えすぎも良くありません。この増えすぎで起こる症状をセロトニン症候群といいます。

セロトニン症候群の症状

セロトニン症候群の主な症状は、イライラ、興奮状態、不安を強く感じたりと精神的に非常に不安定になり、発熱や発汗、ふるえや筋肉の硬直など肉体にも発症します。症状が起こった時はすぐに病院に行き医者に診てもらいましょう。

冒頭でも記述しましたがレクサプロはSSRIの抗うつ剤のなかでも副作用が起こりづらく安全性が高い薬ですが、全くない訳ではないので、現在服用している方やこれから服用されるかたも薬に対しての知識があると、いざというときにも対処することができるでしょう。

レクサプロの離脱症状について

レクサプロの服用で離脱症状になる可能性はあります。しかし、医師に定められた用量、用法であればほぼ起こらない症状となります。

まず離脱症状について説明すると、抗うつ剤を服用していた人が減薬や服用するのをやめた場合に起こる症状です。起こりうる原因として多い例が自分の判断で薬の服用状況を変えることです。よく離脱症状と呼ばれていますが、正確には「抗うつ薬中断症候群」との呼び名です。

実際に起こる症状を以下にまとめました。

  • ・めまい
  • ・手足のしびれ
  • ・吐き気
  • ・耳鳴り
  • ・不安症状
  • ・不眠状態
  • ・頭痛
  • ・無気力状態

レクサプロは離脱症状がおきにくい理由

レクサプロには離脱症状がほとんど起きないと冒頭に記述しましたがそれは半減期が長いからです。

半減期というのは薬の成分が血液中で最高の濃度に達し、その後半分になるまでの時間や期間のことです。この半減期が短い場合には離脱症状が起こりやすく、逆に長いと起こりにくいといわれます。短い場合だと短時間のうちに薬の成分が血中濃度を変化させるため症状がおこると言われます。

レクサプロは半減期が長いため血中濃度の変化がゆるやかになるためおこりにくいです。医師はこの半減期も考慮して薬を処方しています。服用側が自分のコンディションや副作用が辛いといったことから薬の量を減らしてしまったり、やめたりすると血中濃度が下がってしまい、急なことに脳が対応できずに自律神経のバランスをくずしてしまい離脱症状が起こってしまいます。

それゆえに半減期が短く、抗うつ効果が高い抗うつ剤は離脱症状を起こす可能性が高くなります。レクサプロは強すぎず安定の効果で半減期の期間も30時間と長いため、離脱症状にはなりづらいです。先ほども触れましたが自分の判断で減薬したり、薬の服用をやめてた場合にはなりにくい薬でも症状が起こる可能性があがることになるため、服用中は決して自己判断でやめたりしないようにしましょう。

レクサプロの眠気について

レクサプロの眠気について

レクサプロだけではなく、抗うつ剤を服用した場合、副作用として眠気が起こります。この眠気は服用によりセロトニンの濃度が高まり、そのことによりヒスタミンをブロックするためで眠気が起きます。
強い抗うつ剤の服用をすると眠気もさらに強くなります。

レクサプロの注意点

レクサプロだけではなく多くの抗うつ剤は飲み合わせの悪い薬があるので、以下の薬とは併用を避けて服用に注意しましょう。

  • セレギリンなど、パーキンソン病の治療にもちいる薬
  • トリンプタン系の片頭痛薬(イミグランなど)
  • L-トリプトファン含有製剤
  • 炭酸リチウム
-->

これらの薬ととの併用は避けましょう。
また、抗不整脈、抗精神病薬との併用は薬の効果をより強めるため併用する際はレクサプロの量を減らすなどして対応します。

レクサプロの服用が向いている人

レクサプロはうつ病やうつ状態の治療、不安やパニック障害、あがり症の改善に効果が期待できる抗うつ剤です。
では、服用することに向いている人はどのような人なのでしょうか?

以下のような人は向いています。

効果を早く得て治療したい方

通常抗うつ剤は服用し始めは有効用量ではなく、すくない量からスタートをして徐々に増やしていくのが一般的です。
ただし、レクサプロは安全性が高く服用し始めから有効用量でスタートすることができるため、効果があらわれるまでが早いのです。

仕事や家庭など働きながら治療をしていきたい人

一般的な抗うつ剤の副作用として眠気があります。抗うつ効果の強い薬であればあるほど眠気も強くなるのですが、レクサプロは他と比較すると眠気の症状がだいぶ少ないため働きながらでも服用していけます。

不安障害やパニック障害の方

SSRIに属す治療薬であるレクサプロはですが、SSRIの中でも不安の解消効果がしっかりと作用するため効果体感できます。

女性の方

SSRIの抗うつ剤の効果を男女で比較した場合にレクサプロは女性に対してより効果的だったといわれています。ゆえに女性はレクサプロの服用に向いています。

やはり、安全性が高い薬だけに他の抗うつ剤と比較をすると良い意味で特徴がある薬だと思います。

上記内容にあてはまらないから効果が期待できないというわけでありません。 状況や症状が薬の特徴にうまくマッチしているため、より効果を得やすい。いわゆる向いていると考えられるということです。

抗不安薬との違い

疑問

レクサプロは抗うつ剤です。精神科の治療薬として抗うつ剤とは別に抗不安薬も存在しています。多くの人が疑問に思う内容のひとつだと思われますが、抗うつ剤と抗不安薬の違いとはいったいどのようなことなのでしょうか?気になる内容について書いていきたいと思います。

抗うつ剤とは?

抗うつ剤は名称のとおり主にうつ病やうつ状態の改善や治療に用いられる薬になります。作用基準や開発された時期によって三環系や四環系、SSRI、SNRI、NaSSAの5つの系統(種類)に分類されています。レクサプロはこの中のSSRIに分類されている薬となります。

上述の「レクサプロの効果」でも書きましたが、レクサプロはセロトニンに作用することで抗うつ効果を発揮する薬です。抗うつ剤には他にも知名度の高いものでパキシルエビリファイ、ジェイゾロフト、ルボックス、サインバルタなどがあります。

レクサプロは他の抗うつ剤と比較をすると効果があらわれるまで早いですが、一般的な抗うつ剤は服用し始めてからおおよそ2、3週間ほど飲み続けて効果があらわれてきます。また、治療の期間は薬を常用していくことが多いです。

抗不安薬とは?

抗不安薬は不安や緊張、睡眠障害やあがり症といった症状に効果がある薬になります。抗不安薬で代表的なものはデパスやハルシオンやグランダキシン、エチラームといった薬が属するベンゾジアゼピン系です。ベンゾジアゼピン系抗不安薬の作用の仕方は、興奮や緊張、ストレスなどを和らげる効果のある神経伝達物質GABAに作用し、GABAの作用能力を高め抗不安効果を発揮する薬となります。

抗不安薬にはベンゾジアゼピン系以外にも非ベンゾジアゼピン系のバスパーやバスピンやソナタジェネリック、アザピロン系のセディールなどがあります。

抗不安薬は状態によっては常用することもありますが、頓服薬として服用されることが多いです。

抗うつ剤と抗不安薬の違いとは

このように抗うつ剤と抗不安薬は似ているようですが、基本的にうつ病に効果がある抗うつ剤、不安症状に効果がある抗不安薬。と効果を発揮する症状が異なります。また、薬の作用する場所も異なること、服用の仕方(常用や頓服)においても異なります。

うつ病やうつ状態、不安症状など一概に見分けづらく判断しづらい部分がありますが、抗うつ剤と抗不安薬には上記のような違いがあります。

レクサプロのまとめ

レクサプロは即効性や抗うつ剤としての効果、また副作用の少なさを兼ねそろえているため、医療現場での評価が高く、世界で最も売れている抗うつ剤となります。また、抗不安薬のデパスとは似ているようで異なる薬となります。

多少薬価が高めなところですが、そこはエスシタデップ(レクサプロ・ジェネリック)をうまく活用するなど、効率よく効果的に服用し治療をし続けることで、うつ病の治療や改善ができる薬であると思います。

pagetop