title

電子タバコの種類をそれぞれ紹介していきます!

電子タバコとは

電子タバコを持つ男性
  • 更新日:
電子タバコとは通常のタバコとは違い、吐き出す煙が水蒸気になっています。そのため、副流煙の被害というのは大幅に減少します。また、タール等の有害物質が約9割カットされているので通常のタバコを吸っている喫煙者よりは健康な状態であると考えられます。電子タバコを吸っているから禁煙してるという方も中にはいると思いますが、結局はタバコというものを辞められない方が吸っているのが大半です。電子タバコでの禁煙方法というのはありませんので、本気でタバコを辞めたいと考えているのならばチャンピックスでの禁煙がおすすめです。

IQOS(アイコス)

IQOS(アイコス)

IQOSはフィリップモリス社が製造販売会社となっているカートリッジ式の電子タバコになっています。カートリッジ式というのは、通常のタバコと同じ要領で、吸うたびに1本1本カートリッジを変えて吸うというものです。通常のタバコとは違って、IQOSは火を使わずに吸うことができます。そのため、灰も出なければ、煙も少ないため、喫煙者にとっては健康的なタバコと言われています。
IQOSにはニコチンとタールの表記がありません。そのため、どっちも入っていないんだとお思いの方もいると思いますが、実は表記する義務がないというだけなのです。それに加え、測定する規格もありません。なのでどのくらいのニコチンとタールが入っているかというのは製造販売会社のフィリップモリス社くらいしかわからないと思います。

日本では発売してすぐ品切れになるほどの人気を誇っている電子タバコで、今では100万人もの愛用者がいると言われています。喫煙者にとってはIQOSにすることで禁煙への1歩かもしれません。

VAPE(ベイプ)

VAPE(ベイプ)

IQOSの次に人気の電子タバコといったらVAPEです。IQOSとは違い、こちらはリキッド式の電子タバコとなっています。リキッドとは香りつきの液体で、これをVAPEに組み込まれているアドバイザーという部分に入れると吸えるような仕組みになっています。このリキッドは種類が豊富で、通常のタバコの味から、甘いものやフルーティーなものまで様々な味があります。ニコチンやタールは入ってる?と気になる方も多いと思いますが、日本国内ではリキッドにニコチンを入れることは薬事法で禁止されているため一切入っていません。ニコチン入りのリキッドを購入するには海外の個人輸入代行サイトから購入するしかありません。
IQOSと同じで吸う時は火を使いません。出る煙も全て水蒸気となっています。ニコチンやタールが入っていないのでタバコの禁断症状というもは出ないとは言い切れません。ですが、何もしていない状態よりかは少しごまかせるかなという程度です。

値段は本体が5000~10000円程かかってしまいますが、リキッドは1つで1000円程で、リキッド1本で1ヶ月程持ちます。通常のタバコと比べたらかなり費用は抑えられると思います。VAPEはニコチンやタールが一切入っていないので禁煙するための電子タバコとしては最適といえます。実際にVAPEを使用して禁煙に成功したという方もいます。

Ploom TECH(プルーム・テック)

Ploom TECH(プルーム・テック)

Ploom TECH(プルーム・テック)なんて始めて聞いたという方もいると思います。電子タバコとして絶大的人気のIQOSより少し影は薄いですが、JTから販売されている電子タバコがこのPloom TECHというものです。Ploom TECHはIQOSと一緒で火を使わないタバコとなっています。Ploom TECHの仕組みの特徴としては、ニコチン混じりのリキッドを水蒸気に変えて吸うイメージの電子タバコとなっています。そのため、完全にIQOSと一緒というよりもIQOSとVAPEを合わせた感じと捉えてもらっていいかもしれません。

リキッドと言ってもVAPEのように色々な種類があるわけではなく、今はまだ2種類のメビウスメンソールとレギュラータイプのメビウスの3つのみとなっています。リキッドの中にニコチンは含まれているのでPloom TECHを使えば禁煙出来るかと言われたらなんとも言えません。

glo(グロー)

glo(グロー)

gloはアイコスと同じで火を使わないカートリッジ式の電子タバコとなっています。直接タバコの葉っぱを電気で加熱し、ニコチンを摂取することができます。また、水蒸気を吐く事になるので副流煙の被害も少ないです。通常のタバコと違い、燃やしていないので有害物質を9割も削減しているとこが特徴です。gloはglo専用のカートリッジ、ネオスティックと言われるものを使用します。gloには使用時間もあり、電源を入れてから1回3分程度です。このgloという電子タバコは発売当初からかなり人気な電子タバコとなっており、今でも売り切れ続出です。予約でしか入手することが困難だったり入荷が未定という店舗もあるほどです。結局はニコチンを摂取してしまっているので禁煙まではいきませんが、禁煙の第1歩として電子タバコを使用するのも良いかもしれません。

アイコスで禁煙できる?

アイコスで禁煙できる?

喫煙に対する風当たりが強くなっている傾向のため、アイコス(IQOS)やベイプ(VAPE)など電子タバコが人気になっています。電子タバコは紙タバコに比べてはるかに有害物質が少ないという触れ込みですが、実際のところはよくわかっていません。WHOは、電子タバコも紙タバコと同等に危険だとしています。また、普及してから年月もそれほど経っていないため、安全性についてははっきりとしたデータがありません。タールは減ってもニコチンの量はそのままですし、他の健康被害が起こる可能性もあります。

また、禁煙するためにアイコスなどの電子タバコを利用する方も増えています。電子タバコは禁煙するためのツールとして役立つのでしょうか?答えは、役立つ場合もあるし、役立たない場合もある、と言えます。

人によって差がありますが、電子タバコにした事によってタバコの煙が気になるようになってうまく喫煙できた方、最初から禁煙するつもりで電子タバコに切り替えた方は禁煙に成功しやすい傾向にあるようです。

一方、家族や周囲の誰かに禁煙を勧められて、や、タバコを吸いにくい空気になってきたからとりあえず電子タバコで、などの理由でアイコスに変更した方は、そのまま禁煙せずに、結局電子タバコを吸い続けてしまったり、電子タバコでは物足りずに紙タバコに戻ってしまった、というケースが多いようです。また、タバコをやめられない原因のひとつに「習慣化」しているという事もあげられますが、その習慣をやめられない限りは、電子タバコもやめるのが難しくなってしまいます。

電子タバコを禁煙の足がかりとするのもひとつの方法ですが、それにはタバコをやめるという強い意志が必要と言えるでしょう。

参考:アイコス(iQOS)とは(wikipedia)

実際に電子タバコで禁煙できる?

先程4つの電子タバコを紹介しました。紹介した4つの中でも3つの電子タバコIQOS、Ploom TECH、gloは全てカートリッジの中にニコチンが含まれています。唯一ニコチンを摂取しない電子タバコというのがVAPEとなります。そうなると通常のタバコからVAPEに乗り換えることで禁煙には成功したと言えるでしょう。ですが、VAPEもやろうと思えばニコチン入りのリキッドを購入することができます。それは個人輸入代行サービスを利用することです。そうなると禁煙に成功したとは言い難いですね。きっぱりタバコを辞めたいという方はチャンピックスの利用をおすすめします。

電子タバコの禁煙効果は否定されている

電子タバコを吸うことで禁煙しやすくなるというのは日本だけではなく、全世界でも意見が分かれているものです。

がん対策情報センタータバコ政策支援部と施設で実際に電子タバコによる禁煙の有効性というのはあるのかどうか調査が行われました。

結果としては「電子タバコは禁煙の手段としてはまだ推奨、促進すべきではない」という見解が示されました。

この調査というのは20歳~69歳の間で、過去5年間で禁煙に取り組んだ方798人を対象に行われました。

この中で禁煙に成功したという方が253人で31.7%、失敗してしまったという方が545人で68.3%となっています。

そして、禁煙に成功した253人の方達がどのような禁煙方法で取り組んだのか調査したところ、一番多かったのが「自力の禁煙」といったものです。つまり、我慢したりリセット禁煙ですね。

次に多かったのが禁煙補助薬の使用。そして最後に電子タバコを使った禁煙方法となっています。

調査を行った結果、電子タバコを使用して禁煙に取り組んだ方よりも電子タバコを使用しなかった方のほうが成功したという方は多く存在していることがわかりました。

また、電子タバコを使用したことで禁煙に成功する確率というのが約1/3低下してしまうということも分かり、逆に禁煙外来など、禁煙補助薬を使用した禁煙方法を取り組んだ場合は禁煙成功の確率が約2倍に上がったとの報告があります。

電子タバコで禁煙するというのは実際の調査で難しいと判断されているので、本気で禁煙したいと考えている方は禁煙補助薬を使用するのが良いですね。

pagetop