title

むくみの原因はこんなにあった!?その内容を徹底検証!

顔のむくみの原因を徹底検証

顔のむくみの原因を徹底検証
  • 更新日:

むくみの症状はなぜ起こるのでしょうか?むくみについて誰もが知っている原因の内容から、知らなかった人もいると思われる内容までの原因を徹底検証してご紹介していきます。また、合わせて最後にむくみを解消するさまざまな方法までご紹介します。

むくみはホントにつらいですよね。顔のむくみがおこると顔がパンパンにはれてしまってひとまわりもふたまわりも大きく見えてしまうこともありますし、そのせいで化粧のりが悪く気分が下がるので仕事や人前など外に出たくなくなりますよね。 ではなぜ顔にむくみが起こってしまうのかその原因について徹底検証していきます。

むくみとは

最初にむくみについて簡単に説明します。 むくみとは体内の循環が滞ってしまうことで水分がたまり、顔や足がパンパンにはれてしまう症状のことです。医学的に定義すると、「細胞と細胞の隙間に、多くの原因で間質液という水分が過剰に溜まった状態」のことを指します。

むくみのメカニズム

人体に存在する水分の割合は60%で、その2/3が細胞内に存在し、1/3が細胞外に存在しています。そして、この細胞外の80%の水分が間質液、20%が血漿成分とリンパ液等が占めていて、ある程度どの場所にこれ位という水分の分布が決まっています。 しかし、塩分の取り過ぎ等で電解質のバランスが崩れると、細胞の水分透過性が変化し、更に細胞間に水分が出てしまうためむくみが発生するわけです。

むくみのメカニズムの記事についてはWikipediaの内容を参考に作成しています。

顔のむくみの原因とは?

それではむくみがおこる原因についてこれから書いていきたいと思います。 むくみがおこる場所は顔だけではありませんが、これからご紹介する内容は顔にむくみがおこる原因となることがおおいです。

飲酒(アルコール)のとりすぎによるむくみ

飲酒(アルコール)のとりすぎによるむくみ

飲酒(アルコール)のとりすぎが原因でおこるむくみですが、これは体験済みのかたやご存知なかたが多いと思います。

簡単に説明をすると、お酒を飲んでいると水分を取っているように思いますが、実はアルコール自体に利尿作用があるためお酒を飲むとアルコールの利尿作用により摂取した水分を排出してしまっているのです。そして水分の排出により、からだが脱水の状態になることで水分を欲し吸収率が上がってしまい水分を過剰にとりすぎてしまいむくみの症状が起こります

アルコールの利尿作用

上記内容にてアルコールには利尿作用があると記述しましたが、アルコールには人が尿の排泄を抑制している『抗利尿ホルモン』の作用を弱めてしまう働きがあります。

抗利尿ホルモンは水分の再吸収をする作用を持っています。通常は再吸収を行うことで排出する尿を調節しているのですが飲酒をするとアルコールにより抗利尿ホルモンの作用が弱くなり尿の回数が通常以上に増えるのです。そしてからだが脱水の状態になっているので水分を取ってしまいむくみの症状が起こります。

アルコールであるお酒を飲んでいるときに一緒に食べているおつまみも味が濃かったり塩辛かったりと塩分の高いものが多いため、高くなってしまったからだの塩分濃度を下げるために水分を欲している状態になります。これもむくみの原因となるのです。

脱水の状態を補うために水を飲み水分を補充するのですが、飲酒によりアルコールにて水分を調節する命令をだす機能も正常でなくなっているため、水分の摂取する量もおかしくなることで過剰に飲んでしまい、むくみにつながります

塩分や糖分のとりすぎによるむくみ

塩分や糖分の取りすぎはむくみの原因となります。

塩分の取りすぎの場合

塩分に関しては先述のアルコールのおつまみの部分でふれましたが、塩分を取りすぎると体内の塩分濃度が高くなってしまい、調整しようと水分を欲するため過剰に水分をとってしまうことでむくみの症状が起こります。

糖分の取りすぎの場合

塩分や糖分のとりすぎによるむくみ

糖分の取りすぎに関してですが、意外とご存知ないかたもいるかもしれませんが、糖分には水分を吸収する性質があります。糖分が水分を吸収し蓄えることで体内にも水分がたまります。これが原因でむくみの症状が起こります。 糖分は塩分と違い簡単に過剰に摂取できてしまうため注意をしないといけないところです。

睡眠不足によるむくみ

睡眠不足によるむくみ

睡眠不足が原因となる場合ですが、通常睡眠時に血管を通して体内の老廃物を取り除き、細胞の入れ替えを行うのですが、睡眠の時間が足りていない場合は老廃物を取り除くことができずに残ってしまいます。そのため酸素が不足する状態になってしまいます。この状態では体内の水分をうまく排出することができないため体内に残りむくみの症状が起こってしまうのです。
横になって寝ていたことで朝起きたときには顔にむくみの症状がでてしまいます。そして起き上がって座ったり動いたりしているうちにしばらくたつと自然に水分が下のほうへ流れることで解消されていきます。

このような睡眠不足が原因となるむくみにならないためにはきちんと疲れがとれる良質な睡眠をとることが重要です。
健康関連のテレビ番組で医師がよく言っている『22時から26時』の時間帯は成長ホルモンの分泌がもっとも良い時間になるためこの時間にきちんと睡眠を取れていると睡眠不足によるむくみの症状もおこりづらくなるでしょう。

長時間おなじ姿勢を続けていることによるむくみ

長時間おなじ姿勢を続けていることによるむくみ(姿勢が悪く肩こりが原因でむくむ)

長時間おなじ姿勢を続けることが原因となる場合ですが、長時間おなじ体勢でいると血管内の血液の流れが悪くなってしまいます。

デスクワークの人ですと長時間同じ体勢で座ったままなので重力によって水分が下へ流れ足のむくみが起こることがあります。同様に睡眠時の姿勢がうつぶせの方で寝返りをしない方は、長時間うつぶせになっているため血液の流れやリンパの流れが悪くなり血行不良となってしまいます。そして体内の老廃物が排出できずに顔がむくんでしまう原因となります。

寝ている状態なのでからだを動かすことは難しいと思いますが、寝返りをうつだけでかわりますのでもしあてはまる方は睡眠時の布団やまくらなどをもう一度みなおしてみるのことをオススメします。

ホルモンバランス(月経前症候群)の乱れによるむくみ

ホルモンバランス(月経前症候群)の乱れによるむくみ

生理前にむくみの症状が起こる原因ですが、女性の生理に必要なホルモンが『エストロゲン』と『プロゲステロン』2種類あるのですが、通常はこの2つのホルモンのバランスが一定の状態で保たれています。しかし、このバランスがくずれてしまうことで水分を排出する機能が低下してしまいます。排出する機能が低下したことが原因となり体内に水分が残りむくみが起こります。

バランスをくずしてしまう原因として考えられるのが以下の内容となります。

  • ストレス
  • 月経不順
  • 女性ホルモンが含まれている飲食物を摂取(エストロゲンやプロゲステロンのバランスの変化)
  • 避妊ピルの使用によりホルモンバランス量が変化
  • 更年期

これらが原因でホルモンバランスをくずしてしまい、むくみの症状を発症させてしまいます。

薬や病気が原因によっておこるむくみ

身体に起こっている疾患によってむくみの症状が発生することがあります。
むくみの症状がおこる病気は以下になります。

  • 心臓や腎臓の疾患によって起こる心不全や腎不全
  • 肝硬変や、門脈圧亢進症(もんみゃくあっこうしんしょう)
  • リンパの機能不全
  • 関節リウマチややけどや痛風、骨折やねんざ、打撲など

があります。

むくみの症状を発症しやすい薬

むくみの症状を発症しやすい薬

病気などで治療薬として服用している薬が原因でむくみの症状がおこることもあります。

薬の服用によってむくんでしまう理由としては、成分との相性が良くないため腎臓や肝臓に負荷がかかりむくみが発生します。もともと副作用としてむくみが発症しやすい薬があるため、服用時には注意が必要です。

ではどのような薬を服用するとむくみが発症しやすいかというと

非ステロイド系抗炎症剤

ロキソニンが有名鎮痛剤です。この薬は体質などが関係しむくみが発症する方がいます。おもに目のまわりを中心として顔がむくむことがあります。

抗ガン剤

   

タキソテール(抗ガン薬の一種)は副作用として顔や手足にむくみが出やすいです。

ホルモン剤

婦人科系の病気で女性ホルモンのバランスを整えるために処方される薬などは体内のホルモンバランスを変化させるためむくみが起こりやすくなります。

抗うつ剤

  

抗うつ剤の副作用として起こります。特に古くから使われている三環系に分類される抗うつ剤の副作用として、体内の代謝が悪くなることでむくみが発生します。

利尿剤

これは不思議だと思いますよね。むくみを取るための利尿剤ですが、使う頻度が多く長期間継続して使用することで体内で水分のバランスが崩れてしまい、むくみの症状が悪化してしまうことがあります。

モルヒネ

 

モルヒネは痛みを抑制する効果のある薬でかなり強力なものになります。 薬の効果が体内の機能をマヒさせるため血液の循環が悪くなりむくみが起こります。

胃腸薬や甘草を含む漢方薬

胃腸薬や天草を含んだ漢方薬にはグリチルリチンという成分が含まれています。グリチルリチンは体内の水分を増やそうとする作用があります。そのため水分を体内に溜めこんでしまいむくみが発症します。

降圧剤

降圧剤の服用により血圧を下げるのですが、血圧を急激に下げてしまうことで血流が減少してしまい起こります。

上記内容については公益財団法人日本心臓財団さんに書かれていた内容を参考に記事を作成しています。

むくみの症状でこんなことが・・・

むくみの症状でこんなことが・・・

これまでむくみのメカニズムや起こってしまう原因などについて記述してきました。
では実際にむくみの症状がおこるとこんなことが生じてしまう。ということについてまとめてみました。

足のむくみからくる痛み

成人女性の多くが足のむくみの症状を体験していると思います。足の甲あたりが膨らんでしまい、ひどいと歩くときに痛みも伴うことがあります。

顔がパンパンで人前に出たくない

むくみによって普段より顔が膨らんでしまうことがあります。女性であればわかると思いますが、パンパンにむくんだ顔で仕事など人前にはあまり出たくはありませんよね。

足がパンパンでスカートなどの服装が選べない

顔もそうですが、むくみによって足がパンパンに張ってしまうと、足が太く見えてしまう気がし、太く見えないような服装を選ばなければいけない。と、気にしてしまうことがあるかもしれません。

靴が履けない

普段であれば履けていた靴やパンプスも、足のむくみの状態がひどいと入らないなんてこともごく当たり前に起こります。

指輪抜けない

こちらもよくあることですが、むくみで指が膨らんでしまい、はめている指輪が抜けなくなって困ったなんでこともありえます。

体重の増加

体内の水分が排出できないことでむくみの症状が起こるため、当然ですがその分体重も増加してしまいます。

顔がパンパンで人前に出たくない。女性であればわかると思いますがパンパンにむくんだ顔で仕事場や人前にはあまり出たくはありませんよね。このようにむくみは日常生活にとってマイナスに作用することはありますがプラスには働いてくれないため、むくんでいるから外出したくないとか、人前に出たくないとか、むくみのない生活と比べると精神的にネガティブになってしまいます。

顔のむくみをそのままにしておくと

顔だけにかぎらず、むくみをそのままにしておくとむくみはたるみに変化してしまいます。
放置してしまう人ありがちなのですが、今回のむくみは一時的なものでしばらく経てば治ると思い何も対策をしない人がいます。これは実はよろしくないのです。

むくみの症状があらわれてもきちんと対処して体内の循環が正常に戻ることで、通常はむくみは解消されます。しかし、循環が悪い状態のままで老廃物を排出することができない状態が続くと最終的にセルライトになってしまいます。

このようにむくみを放置していると最終的には肥満につながってしまうため放置しておくことはおすすめできません。

顔のむくみの解消法について

顔のむくみの解消法について

ここまで顔のむくみを中心にむくみの原因について徹底検証してきました。原因が分かると続いてはむくみをどのようにして改善したり、解消すれば良いのかがが気になってくると思います。むくみの解消法については別ページで詳しく書いていますのでぜひチェックしてみてください。以下では解消法について簡単にご紹介したいと思います。

顔や足のむくみに効果的なツボやマッサージを行い、むくみを解消する方法

顔のむくみ解消に効果的なツボとマッサージ

このむくみの解消方法はむくみ改善に効果的なツボやマッサージを行い効果を得ていく方法です。顔のむくみや足のむくみに効果のあるツボを厳選して紹介しています。また、むくみ解消グッズについても書いていますので、気になっている方は一度見てみる価値がありますよ。

利尿剤を使った方法

利尿剤は医薬品です。利尿作用を高め尿を排出しむくみの症状を改善する効果があります。一般的には病院で処方してもらうのですが、個人輸入の通販で購入することができます。むくみの解消法にはいろいろとやり方がありますが、利尿剤を使った方法はそのなかでも1番短時間で1番効果があらわれる方法になります。

いくつか種類がありますので紹介します。

ラシックス

利尿剤ラシックス

利尿剤のなかでも利尿効果や知名度が高いラシックスはテレビに出ているモデルさんなども実際に使用し愛用している方がいるくらいです。

アルダクトン

利尿剤アルダクトン

アルダクトンはむくみを解消する利尿作用だけでなく大人ニキビの治療や薄毛の治療にも効果的な利尿剤です。

ルプラック

利尿剤ルプラック

ルプラックはラシックスと同じ『ループ利尿薬』という利尿剤のなかでも強い部類に属す薬です。さらにその部類のなかでも上位にいるくらい強い利尿作用を持っています。


食生活を改善しむくみを解消する方法

むくみを解消に効果的な利尿作用が高い食べ物や飲み物があります。利尿作用の効果が高い食べ物や飲み物にはカリウムが豊富に含まれています。どのような食材や飲み物を摂れば効果が得られるのかを詳しく紹介しています。

足のむくみの解消法とは

足のむくみ解消

足のむくみの解消法はさまざま方法があります。
足のむくみに悩まされている人はたくさんいますし、足のむくみの症状がでているだけでスカートをはくのをためらってしまったり、パンツやパンプスに足が入らない、キツイなんてことがでてきたりしておしゃれな服を着るのをためらってしまったりとその日の気分が変わってきてしまいますよね。

むくみは放置していると美容や健康にもよくありませんし、むくみが原因で太ることも考えられます。そうならないように、ここではさまざまなむくみの解消法を紹介していきます。

ぜひ、自分に合った方法を見つけていただいて、むくみ解消や予防の手助けになれればと思っています。

むくみとは

足のむくみの解消法を紹介する前にまずむくみについてですが、むくみとは医学的には浮腫(ふしゅ)とも言います。通常、ひとのからだのなかでは血液を通して体中に栄養分を送ったり、逆にいらなくなった老廃物を排出するメカニズムがあります。この流れが正常に行われることで体内の水分のバランスを保っています。ただし、怪我や病気など何かしらの原因でこのバランスを崩してしまうと、水分をうまく排出することができずに体内に水分が残り、むくみの症状が発生してしまいます。

足のむくみの解消法の種類

むくみを解消するにはどのような方法があるでしょうか?それではさっそく解消方法についてご紹介していきます。

むくみの解消方法ですが、一般的によく知られていて試された方が多い方法が『サプリメント』や『漢方』、『利尿効果のある食べ物』を食したり、『ツボ押し』や『マッサージ』ではないでしょうか?最近では『むくみの解消器具』なども販売されていて、見たことのある商品もあるかもしれませんね。
そのほかにはむくみの症状がひどくて病院に行き、医者に処方してもらった利尿剤などもあるかもしれません。これらのむくみ解消方法には効果の良し悪しがあると思います。

ではひとつずつみていきましょう。

サプリメントによる足のむくみ解消

サプリメント

現在足のむくみ解消用のサプリメントはいろいろなメーカーからたくさんの商品が販売されています。実際に効果のあるものからあまり効果のないものまでさまざまです。

サプリメントでむくみ解消を行う場合にはきちんと成分や副作用を引き起こすかどうかの安全性、そして金額に見合っている商品なのか、など購入前の商品選びが重要になってきます。サプリメントは薬ではないから副作用の心配なんてないと思っている方がいたらそれは違います。

ダイエットやむくみに効果のあるサプリメントも成分によっては併用することで効果を打ち消してしまったり、副作用を起こすものもあります。

例えばサプリメントで有名なDHCの商品名にもなっているメリロートというものがあるのですが、これは天然ハーブの1種で、その有効成分でクマリンというものが血液の流れを良くする作用を持っています。
ただし、クマリンを多量に摂取すると肝臓への毒性があるとされているため、EUで1日の摂取量が定められています。国内の商品でEUで定められている2倍以上の量が含有されていることもあり、安全性に疑問を抱えてしまうものもあります。

サプリメントは薬ではないため一朝一夕で効果があらわれるものではありません。効果を体感するには最低でも3か月以上は飲み続けたいところです。サプリメントでむくみの解消につなげる場合には自分自身の体質などに合っていて効果を得られるものを選びたいところです。

ツボやマッサージによる足のむくみ解消

足ツボマッサージ

ツボ押しやマッサージは1日だけやったからといって絶大な効果を得られるわけではありませんが、継続的に行っていくことで血のめぐりがよくなり、結果、足の冷えが解消されたり、それにより疲れがとれ、足がつりやすかった人はつりにくくなったりと、からだにとって良い結果が期待できます。

このようにツボ押しやマッサージによって血のめぐりを良くすることで、利尿作用を高めることにもつながり、結果、むくみ解消にもつながります。

そこで足のむくみ解消に効果的なツボをとマッサージを用意しましたのでぜひ試してみ下さい。

むくみ解消グッズや器具

むくみ解消グッズや器具

むくみの解消するためのアイテムはたくさん出ていますよね。そのなかでもストッキングは有名ですね。多くの人が知っているのではないでしょうか?

ストッキング以外にもむくみの解消につながる便利なアイテムがたくさんあります。一部ではありますが、画像つきでまとめてありますのでご覧ください。

利尿剤による足のむくみ解消

足ツボマッサージ

数あるのむくみの解消法のなかで、もっとも短い時間で、もっとも効果があるのが利尿剤を使った方法です。

利尿剤をつかったむくみ解消法は、一般的には心不全や腎不全などの疾患でむくみを生じてしまった場合や高血圧症の降圧作用などにつかわれています。

利尿剤を1錠から多くても2錠服用すると約30分ほどで利尿作用が効いてきます。体内の過剰な水分を尿として排出します。2,3時間ほどでむくみが解消さてスッキリとします。もちろん水分を排出しているので体重も減少してダイエットにもつながります

利尿剤は短時間で目に見える効果があるので女優やモデル、アイドルも密かに使用しているダイエット方法です。

足のむくみ解消やダイエットに効果的な利尿剤の購入方法とは

利尿剤は利尿作用により体内で過剰となる水分を外へ排出する効果があります。おもに疾患によってむくみを生じてしまった症状を緩和させるために使われていて、市販で購入できるものと効果が違います。

利尿剤を一部紹介します。

利尿剤ラシックス

利尿剤ラシックス

利尿剤ラシックスはむくみの解消はもちろん、即効性、降圧効果に優れていて知名度が高く、女優やモデル、アイドルもダイエット目的で良く利用しているループ利尿薬です。

利尿剤アルダクトン

利尿剤アルダクトン

利尿剤アルダクトンはカリウムを体内に保持したままで水分を排出しむくみを解消します。ひどくなってしまったニキビ治療にも効果なカリウム保持性利尿薬です。

利尿剤ルプラック

利尿剤ルプラック

利尿剤ルプラックはむくみ解消の効果がとても強く、カリウムが欠乏することで起こる低カリウム血症を引き起こしづらいループ利尿薬です。

上記の足のむくみ解消やダイエットに効果的な利尿剤は処方箋薬となるので、一般的には病院で診察を受け、医師に処方をしてもらうことで手にすることができます。利尿剤の種類にもよりますが、簡単に処方してもらえるわけではありません。ただし、個人輸入の通販サイトを利用すれば病院に行かずとも処方箋がなくても購入することができます

足のむくみの予防方法

これまで足のむくみ解消の方法について書きました。
もちろんご紹介した内容は予防も兼ねていますが、実際にむくみが発症したときや、むくみが出始めたと感じたときに行う対策法でした。

これから記述する内容は足のむくみが発症しないようあらかじめ予防をする方法をご紹介します。

水分の取り方

水分をとる女性

むくみの原因は体内の過剰な水分であることをご存じなかたは、足のむくみの症状があるときに水分をとるとさらに悪化すると思いがちですが、冷え症が原因でおきたむくみ以外であれば、むしろ水分をとった方が体内の老廃物を体外へ排出しようとするため効果があります。
ただし、アルコールや炭酸飲料、冷たい飲み物ではなく、湯ざましやぬるま湯がおすすめです。
水分を取るときは一度に多量に飲むことは良くないです。ゆっくりと少量を数回に分けて飲むよう心がけましょう。

このように水分の取り方でも予防につながります。

長時間同じ姿勢をとらないように意識する

伸びをする女性

デスクワークの方に起こりやすいのですが、長時間座った姿勢でいるため体内の血液が重力により下へと流れ、血液が足に溜まり易くなります。足の筋ポンプの働きがおちている状態だと血液を心臓まで戻す働きが弱くむくみが発症します。

座ったままの状態で足のむくみ予防をするためには、1時間に1度くらいイスから立ちあがり、同じ姿勢であったからだを動かすことです。
トイレに行ってみたり、給湯室に飲み物を取りに行くなど、その他の方法でも良いのです。自分自身で動くことを意識するだけで足のむくみ予防になります

あとは座ったままでできる簡単なマッサージですが、両足のつま先を地面につけた状態でゆっくりかかとを浮かせます。そして元に戻し、こんどはかかとをつけた状態でつま先をゆっくりと浮かせます。この運動をゆっくりと交互に数回行ってみてください。もし、仕事上席をはなれることが難しいかたは座ったままで行えるこの方法を試してみてください。同じ姿勢で固まってしまうより予防につながります。

日常生活におけるストレスをなくす

ストレスさよなら

ご存知だと思いますがストレスは健康にとって良いことがありません。ストレスを抱えていることで普段の状態よりも血行が悪くなります。当然、血液の流れも悪くなり、むくみを発症させてしまう原因となります。

ストレスをゼロにすることは日常生活をしているかぎりほぼ不可能だと思います。しかも溜め込みすぎることがいちばん良くありません。なるべく溜め込まないようにするためには、運動やスポーツ、集中できる趣味など、何か息抜きのできる場所や環境を見つけ、自分自身にあった解消法を見つけ、定期的におこなうことです。

仕事でストレスを抱えてしまうことが多い人は、些細なことであっても仕事と関係のない何かをおこなうだけで気分が変わるはずです。目に見える効果や結果はありませんが、このように気分転換やストレスの解消法をすることで結果的にむくみの予防にもつながってきます。

食生活に気をつける

食生活

塩分の多い食生活をするとからだが水分を欲します。このような食生活を続けていると知らぬまに水分の過剰摂取にもつながってしまいます。

水分の過剰摂取はむくみにつながるため注意が必要です。塩分はもちろん必要なものですが適度に摂取することが重要で過度にとりすぎるとむくみにつながるため、予防のするためにはとりすぎないような食生活を心がける必要があります。

その他の予防方法

予防方法をいくつかあげてきました。他にも細かい予防方法がありますので簡単ですが紹介していきたいと思います。

足裏のツボやマッサージをする

足の裏には第2の心臓と言われるくらいツボがたくさん存在しています。もちろん利尿効果を促進したり、むくみ解消に効果があるツボも存在しています。そのため、座った状態で両手をつかい足裏の全体をマッサージと血行が良くなり、むくみの解消や予防につながります。マッサージはお風呂から出た後など、からだがあたたまっているときにおこなうとより効果を得られます。

座った状態で両足を上げる

長時間デスクワークしていたり、立ち仕事をしていると重力により足に水分がたまってしまいます。この状態は足のむくみにつながってしまいます。そのため、足を含めた下半身にたまってしまった水分を再度きちんと循環させることでむくみの解消や予防につながります。

座っている状態や、寝転がっている状態で、足を心臓よりも高い位置にもち上げます。その体勢をしばらく維持していると足にたまっていた水分が下半身から上半身のほうへ流れていき、むくみ予防につながります。

運動をするように心がける

運動不足はからだが老化していくために良くありません。からだが老化をするということは血管も老化してしまい、血液の流れも悪くなります。運動をするといっても激しい運動をするということではなく、たとえば、電車の乗り換え時にエスカレーターではなく階段を使うなどと、ちょっとした意識の持ちようでからだを動かすことができます。このように自分のペースでやれることから少しずつ実行していくと最終的にむくみの予防につながります。

休息をちゃんととる

上述で運動するように心がけると書きました。しかし、からだに負荷をかけすぎてしまい疲労を溜め込むこともよくありません。
睡眠時間を削ると、むくみが逆に発症してしまいますので、きちんと睡眠や休息をとることが大事です。

むくみを予防するには適度な運動や休息、そして栄養のバランスがとれた食生活など、日々の生活を規則正しいものにすることが予防につながっていきます。しかし、なかなか理想的な生活をするのは難しいと思います。できることから自分のペースで少しずつおこなっていき、気づいたら日常的に自然に習慣になっている状態にすることが望ましいですね。もし、足のむくみの症状がおきてしまった場合は上記項目の「足のむくみの解消法」や「足のむくみ解消法」の比較をぜひいかしていただければと思います。短時間でむくみを解消したければやはり利尿剤がオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。足のむくみはみんな悩まされる内容であると思います。ご紹介した解消法の中で気になったり、使える内容があればうれしいです。

ちなみに私の足のむくみ解消方法ですが、私は日々継続的にダイエットや運動などをするのが得意ではないので、気が向いた時にむくみ解消グッズを使い、お酒を飲んだ翌日などあからさまにむくみが出てしまった時には利尿剤のラシックスを飲んで一気にむくみを解消してしまいます。

利尿作用に効果のあるツボ

利尿作用に効果のあるツボ

むくみを解消させるために利尿作用の効果を求めるには様々な方法があります。食生活の改善をし『利尿作用の高い食べ物』や、飲み物で得る方法。むくみ解消に効果のあるラシックスやアルダクトン、ルプラックといった利尿剤を服用して効率よく短時間でむくみ解消を行う方法。またサプリメントを常用する方法など対策は様々です。
ご自身に合った方法を選択し、もしも効果が無ければ色々と試してみるとよいでしょう。

このページでは利尿効果を高めるためにむくみに効くツボ押し・マッサージ、便利グッズを利用する方法をご案内します。

ツボ押しをする前に

ツボ押しをするときは強く押しすぎてしまうと皮膚を傷つけてしまったり、炎症を起こしてしまったりと逆効果になることがあるので、ほどよい力加減で行うように心がけましょう。

ツボ押しをする状態や姿勢ですが、起ったまま行うのではなく、椅子や床に座った状態でリラックスしながら行うほうが効果は上がります。
お風呂上がりで体が温まったときは血行が良い状態になっていますので効果が上がりやすいです。就寝前など心身ともにリラックスしているときに行うこともおすすめです。

食事をした直後や、飲酒したあとにおこなうのもあまり良くありません。妊娠中やケガをしているときにも行うのも控えた方がよいです。

効果的にツボを押す方法

それではツボの押し方についてですが、基本的には親指をつかっておします。
親指の第一関節より先端によりのはらの部分で押します。押している時間は親指をツボにおしあててから約3、4秒で一度力を抜いて離しふたたび同じく押しあてる、の繰り返しの内容を数回おこなうのがよいです。
このときにツボを押す時には息を吐きながらおこない、押している指をはなす時には息を吸うようにするとより効果がアップします。

顔のむくみ解消に効果的なツボとマッサージ

顔のむくみ解消に効果的なツボとマッサージ それでは、実際にツボの紹介をしていきたいと思います。まずは顔のむくみに効果的なツボです。

顔のむくみがひどいとメイクをする気も失せてしまい、目の腫れを隠すのは至難の業です。そんな朝の応急処置としておすすめなのは、簡単ツボ押しです。眉頭の内側の へこみに親指をあてて、上に向かって3秒づつ3回押します。次は、目頭の下のへこみに中指をあてて、今度は下に向かって3秒づつ3回押します。
マッサージのときにつめをたてたり、眼球に触らないことと、目の周りの皮膚は薄いので擦らないよう注意してやってみてください。

以下は顔のむくみや肌荒れ、疲れ目の解消、小顔の効果も期待できるツボです。ぜひ試してみてください。

天注(てんちゅう)むくみ、頭痛の緩和

天注(てんちゅう)ツボ

後頭部のうなじあたりの首と生え際の境い目で縦に対になって伸びている筋肉部分が天注というツボです。
ツボを押すことで肝臓の働きを良くし、かおのむくみや頭痛を解消することができます。

曲池(きょくち)むくみ、吹き出物、便秘の改善

曲池(きょくち)ツボ

ひじを軽く曲げたときにうでの外側に1本のしわのラインができます。そのラインの一番先端部分が曲池というツボです。
大腸に効果のあるツボなので、便秘などの消化器系や肌荒れに効果がありつつむくみを解消します。

太陽(たいよう)むくみ、疲れ目、頭痛の解消

太陽(たいよう)ツボ

両方の目の目じりの耳より部分でこめかみの中央に位置するのが太陽というツボです。(左右両方ともあります)
むくみの解消、目の疲れや視力の回復にとても効果があります。

地倉(ちそう)むくみ、くすみ、たるみの解消

地倉(ちそう)ツボ

唇の両脇、口角から約1cm外側に位置しているのが地倉というツボです。(左右両方ともあります。)
ツボを刺激することで顔の神経や胃の状態をよくすることで、むくみや、口内炎の改善、肌のたるみ、小顔効果が望めます。

四白(しはく)むくみ解消、小顔効果

四白(しはく)ツボ

目の中央から下に進み、鼻の高い部分かと交差をした場所から約1cmほど上に位置しているのが、四白というツボです。(左右両方ともあります。)
顔のたるみやむくみを解消し、目の周辺の血行をよくすることで小顔効果にも期待できます。

天窓(てんそう)顔のむくみ、顔や頭部の血行促進

天窓(てんそう)ツボ

耳の後ろ側にある硬い骨の部分から下にさがり、のどぼとけのある高さのラインをそのまま横にすすみます。2つのラインが交差した部分が天窓(てんそう)になります。
ツボ押しすることで首周りの血流を良くする効果があります。血流が良くなることで顔や頭部の血行が良くなり顔のむくみの改善につながりスッキリします。

足のむくみ解消に効果的なツボとマッサージ

足のむくみ解消に効果的なツボとマッサージ 仕事終わりや夕方になるともう足がパンパンなんてこともよくありますよね?
足のむくみ解消には下記の5つのツボが最も効果のあるツボです。
体が温まった状態で行うことでより効果が得られるので、お風呂あがり等にマッサージを取り入れると良いと思います。

湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)ツボ

土踏まずの少し上あたりにあり、足の指を曲げたときにへこむ場所が湧泉と呼ばれるツボです。
ツボを押さえるときは床に足を延ばしたり縮めたりを1,2分繰り返していくことで効果が見られます。
万能のツボともいわれていて、体全体のむくみをとることに効果的です。

太谿(たいけい)

太谿(たいけい)ツボ

アキレス腱と内くるぶしの間にある少しくぼんでいる場所が太谿と呼ばれるツボです。
刺激をすることによって、代謝を高め足首を細し、むくみの改善を行うことができます。

解谿(かいけい)

解谿(かいけい)ツボ

足の甲を上げた時にできる筋の間にできるへこみのある場所が解谿と呼ばれるツボです。
刺激をすることによって、血行が促進され末端まで血液が流れるためむくみの改善を行うことができます。

無名穴(むめいけつ)

無名穴(むめいけつ)ツボ

太ももの内側の中央部分にあるといわれていますが、人によってばしょが違います。
なので自分で実際に中央部分を押してみて痛いなと思った場所が無名穴と呼ばれるツボです。
体全体の血行が良くなるので代謝が上がり、下半身にたまった血液や水分等も流れます。
それによって足のむくみを解消するといわれています。

委中(いちゅう)

委中(いちゅう)ツボ 両膝の裏側の真ん中、膝を負けた時にできるしわのへこんでいる場所が委中と呼ばれるツボです。
足のむくみにとても効果があり、そのほかにも肩こり頭痛などにもいいといわれています。

顔のむくみ、足のむくみに効果的なツボのご紹介をしましたがいかがでしたでしょうか?

上記でご紹介した利尿作用に効果のあるツボですが、ぜひ試してみてください。
すぐに大幅な効果が得られるわけではありませんが日常的に行うことで効果が望めるかもしれません。

便利なむくみ解消アイテム

むくみを解消するための様々なグッズ・アイテムがあるのをあなたはご存知ですか?ここではそんなむくみに悩む女性の味方「むくみ解消アイテム」をご紹介していきます。
ここで紹介するもののほとんどは足をケアするものですが、足は第二の心臓とも呼ばれるほど大切な身体の一部です。
食事や冷え対策とともに、これらの便利なケアグッズを使い、万全なむくみ対策をしてみてはいかがでしょうか。

ペディキュアパッド

ペディキュアパッド ペディキュアパッドは、空の旅を快適にしてくれるCAさんも愛用しています。これは、足指を広げて、足の爪にペディキュアを塗りやすくするパットなんですが、夜寝るときに使用すると解放感があり、足がリラックスするそうです。更に自宅ではめて歩くと、ふくらはぎの筋肉が動き、足のポンプ機能をアップできるそう。

5本指ソックス

5本指ソックス 5本指ソックスは、ペディキュアパットと原理は同じです。それぞれの足指を自由に動かせるので、解放感があり、足の筋肉を動かせるので血行促進効果、および冷えづらい効果もあるというすぐれものの靴下です。口コミも多く、驚きのむくみ効果が期待できるそうです。

着圧ストッキングや着圧ソックス

着圧ストッキング 着圧ストッキングや着圧ソックスは、どこでも売っていますし、ドラッグストアで手軽に買えるので便利です。これを仕事中に履いていると、家に帰ってきてから脱いだ時の爽快感が違います。セルライトの予防にも効果的です。更には圧の段階や薄さ、就寝中に使用できるタイプまで色々あり、使い分けることができるのも嬉しい特徴です。

足用の温感シート

足用の温感シート 足用の温感シートは、冷えを撃退してくれます。他にも竹樹液エキスを染み込ませた足裏シートなど、足裏シートは多くの種類がでているので、試してみる価値はありそうです。

青竹踏みや、足つぼマッサージ器

足つぼマッサージ器 昔ながらの青竹踏みや、足つぼマッサージ器による足裏経絡マッサージは、足のコリを解消しつつ、血行促進効果もあり、入浴後に使用するとより効果を発揮できるでしょう。経穴というツボは内臓にも通じているといわれますから、単純な下肢の水分を返すという作用にとどまらず、不調が生じているところの健康増進にもつながる素晴らしい器具です。

足リンパマッサージ器

足リンパマッサージ器 足リンパマッサージ器は、足先からふくらはぎまでまたは、大腿までをマッサージできるブーツ型のマッサージ器で、様々な会社から販売されています。病院でも手術後の下肢深部静脈血栓症を防ぐために使われるものも出ている程です。

ホット&クールマスク

温タオル 顔全体にはホット&クールマスクがおすすめです。温めたタオルを3分から5程顔にのせます。次は冷たいタオルに交換し1分程のせます。温と冷のタオルを交互にのせることで、血管が拡がったり、縮んだりを繰り返し、血行が良くなり、顔に溜まった余分な水分が流れやすくなります。

タオルは熱すぎないお湯で温めるか、濡らしたタオルをラップで包み、30秒~1分位レンジで温めれば簡単です。熱くなるので火傷しないように注意しましょう。毛穴も開いて余分な皮脂や角質も取れやすくなるのでクレンジング効果も期待できます。

利尿作用のある食品でむくみ解消

根本的なむくみ取りには食べ物も重要です。体内のナトリウム、つまり塩分量が増えると体はの塩分を薄めようと水分確保にむかいます。その結果、水分の排出が抑えられ、留まった水分によりむくみがでてしまうのです。

利尿作用のある食品を意識して摂ることも対策の一つです。トマトやきゅうり、なすなどのカリウムの多く含まれてる野菜はナトリウムの排出を促してくれるので、意識して食べましょう。ただし、これらの野菜は水分量も多く体を冷やしてしまうことがあるので、火を入れてから食べることをおすすめします。冷え症や運動不足もむくみの要因なので、生活習慣を見直すことも大切になります。

カリウム不足の方にオススメなサプリメント

シグル

カリウム不足のかたには食品だけでなく、サプリメントでカリウム不足を補うという方法もあります。このときにオススメとなるサプリメントが「シグル」というサプリメントです。

シグルの成分はインドやアジアに生えていて「奇跡の木」とも呼ばれているモリンガという植物です。モリンガは非常に高い栄養を持っていて近年スーパーフードとして脚光を浴びています。シグルはこのモリンガの葉のエキスを成分として作られています。
カリウムだけではなくカルシウムや亜鉛の栄養素もどうじに取れるためオススメのサプリです。

利尿剤で簡単にむくみ解消

簡単にむくみを解消したい場合は、利尿剤・利尿薬の利用がおすすめです。利尿剤にはループ利尿薬に分類されるラシックスやルプラック、そしてカリウム保持性利尿薬のアルダクトンなどがあります。おなじ利尿剤ですがそれぞれで効果や特徴、副作用などが少しずつ異なります。
また、服用すると強烈な尿意をもよおしますので、いつでもトイレに行ける環境で服用するよう気を付けましょう。

利尿剤ラシックス

利尿剤ラシックス

ラシックスはモデルや芸能人にも愛用者が多数いる利尿剤です。このラシックスを服用することにより、服用後30分~1時間ほどで利尿効果があらわれ簡単にむくみを解消することが可能です。
ラシックスは腎臓の尿細管に働きかけ、尿量を増やし体内の余分な水分を体外に排出します。高血圧症や腎性浮腫などの治療にも用いられているループ利尿薬です。

むくみ取り目的での使用方法は、40mgから80mgを1日1回連日もしくは隔日で服用します。

利尿剤アルダクトン

利尿剤アルダクトン

アルダクトンは利尿剤の副作用でおこりがちなカリウムの減少を抑え、カリウムを体内に残したまま利尿効果を発揮します。むくみの改善だけでなく重度のニキビ治療や、薄毛治療、多毛症にも効果が期待できるカリウム保持性利尿薬です。

むくみ取り目的での使用方法は50mgから100mgを1日1錠連日もしくは隔日で服用します。

利尿剤ルプラック

利尿剤ルプラック

ルプラックは利尿剤の中でも利尿作用がとても強い部類のループ利尿薬に属します。そしてルプラックはループ利尿薬の中でも利尿効果が非常に強い薬になり、カリウム減少の副作用になりづらい特徴も持っています。カリウム不足の方で高い利尿作用を求めている人には合う薬になります。

むくみ取りでの使用方法は、1日5mgから10mgを連日もしくは隔日で服用します。

利尿剤服用の注意点として

慢性的にむくみがある場合は、病気のサインの可能性がありますので注意が必要です。気になる場合は、早めに医師の診断を受けましょう。

まとめ

むくみの解消に効果のあるツボやマッサージ、そしてアイテムを簡単に紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?利尿作用をあげるためには今回とりあげたツボやマッサージを日々行うことでも少しずつ改善できるとありがたいですよね。

利尿作用に効果のあるツボに関してはむくみだけではなく、肌荒れや小顔効果などの美容効果や疲れ目などにも一緒に効果があるものもありますので時間があるときにぜひ試してみてくださいね。

むくみ解消アイテムですが私もペディキュアパッドはたまに使っています。むくみがあるときはもちろんですが、むくみがないときもつけています。単純に気持ちいいからなんですが。 むくみ解消アイテムはこれからもたくさんいろんなものが出てきそうで楽しみですね。もし良いものを発見したら皆さんにぜひ紹介したいと思います。

このようにむくみのアイテムなどがたくさんでてきているということはそれだけみなさんが同じむくみのつらさを抱えているということですね。私もこれまでいろいろと試してきていますが、やっぱりいちばんのオススメはむくんだ時に利尿剤であるラシックスを飲んで、短時間でスパッと解消するのが効果も効率もよくて最適だと感じています。

みなさんもぜひ自分にあった解消法を見つけて脱むくみ生活しましょう。

ラシックスについて詳しくはこちらもごらんください。 ラシックスで快適生活

利尿作用の高い食べ物・飲み物

むくみを解消には利尿作用を高めることが最も効果的です。ここでは利尿作用の高い食べ物・飲み物をご紹介します。
利尿作用の高い食材の多くは、美容・健康にも良いものが多いのが特徴です。毎日の食生活を改善することで、自然とむくみを解消しつつ、お肌もキレイになり、身体も健康的になる。良いことだらけですので、可能であれば是非実践してみて下さい。
また、すぐに利尿効果を得たいというかたにはアルダクトン、ルプラックといった利尿剤もおすすめです。

カリウムを含む食材

ずばり利尿作用の効果が高い食材とはカリウムが豊富な食材です。

カリウムは、体内の水分バランスを調整する作用をもつ成分です。塩分濃度が過剰になったら塩分を体外に排出しバランスを取りますが、現代では不足しがちな成分です。
このカリウムが不足すると、体内の塩分濃度が高まり、結果、体内に水分を溜めこむようになり、むくみが生じます。

カリウムが豊富な食べ物は主に「野菜」「海草」「魚介」に多く含まれます。

カリウムが多い食材ランキング

カリウムを多く含む食材

カリウムが多く含まれる食材トップ10は以下の通りです。

1位 干し昆布
2位 乾燥ワカメ
3位 ひじき
4位 きりぼし大根
5位 唐辛子
6位 焼きのり
7位 大豆
8位 あずき
9位 いんげん豆
10位 きくらげ

乾燥させた海草類や豆類に多く含まれることがお分かりになると思います。
この他にも「ほうれん草」「納豆」「たけのこ」「ニラ」などにも多く含まれるため、ご飯のおかずに悩んだ際は、これらを選択するとよいでしょう。

野菜系では

  • きゅうり
  • 冬瓜
  • 春菊
  • パセリ
  • セロリ
  • トマト
  • かぼちゃ
  • ニンニク
  • ごぼう
  • ニンジン

などにも多く含まれます。

芋類では

  • 里芋
  • じゃがいも
  • さつまいも

豆類では

  • 枝豆
  • 納豆
  • きな粉

海産物では

  • ひじき
  • アサリ
  • 海藻
  • あおさ
  • 海苔
  • こんぶ

などが多くのカリウムを含んでいる食材として挙げられています。

また、ゆでる・焼く・炒める・生というように摂取方法にも色々ありますが、この摂取方法によってカリウム量も変わってしまいます。一般的に「ゆでる」「煮る」「炊く」ことでカリウムはお湯に溶け出してしまうので、カリウムを多く摂取したい場合は、「ゆでる」「煮る」「炊く」といった調理法は控えることで、より多くの利尿作用を得ることが可能です。

カリウムが多い果物ランキング

次にカリウムを多く含む果物のトップ10をご紹介します。

1位 アボカド
2位 バナナ
3位 メロン
4位 キウイフルーツ
5位 ざくろ
6位 プルーン
7位 さくらんぼ
8位 パパイヤ
9位 いよかん
10位 オレンジ

デザートで食べる果物のランキングです。
これら以外にも、夏みかん、桃、柿、マンゴー、びわ、ドリアン、スダチ、ピタヤ(ドラゴンフルーツ)、パイナップル、ラズベリー、グループフルーツなどがあります。また、ドライフルーツは普通に果物を食べるよりも成分が凝縮されているためより効果があります。ヨーグルトなどにかけ食べることで手軽にカリウムなどの成分を摂取することが可能です。
あまり見慣れない・食べない果物もありますが、バナナなどは手軽に食べることができ、また腹持ちもよく栄養も満点なため非常におすすめです。

その他の食材

むくみの解消効果を持つ成分はカリウムだけではありません。ここではカリウム以外のむくみ解消効果を持つスーパー食材を紹介します。

サポニンを含む食材

サポニンも水分排出効果のある成分のためおすすめです。また、免疫力を高める作用も持つため健康維持にも役立ちます。
主な食材は、大豆、豆腐、ごぼう、こんにゃく、きゅうり、高麗人参、ナマコ、オリーブ、黒豆などです。その他にもサポニンが含まれる食材はありますが、そのほとんどが漢方薬などの生薬に利用されるものばかりです。

ポリフェノールを含む食材

血液サラサラ&強い抗酸化作用のあるポリフェノールもおすすめです。特に血液サラサラ作用により、むくみにくい体質にすることが可能です。
主な食材は、ブルーベリー、ぶどう、いちご、生姜、たまねぎ、そば、チョコレート、コーヒー、緑茶などです。比較的摂取しやすい食材が多いですね。また、緑茶に含まれるポリフェノールには脂肪燃焼作用があり、特定保健用食品(トクホ)でも人気です。健康維持にも役立つスーパー食材です。

ビタミンB1を含む食材

糖質分解に伴う血液サラサラ効果のあるビタミンB1もおすすめです。ビタミンB1は疲労回復、ダイエット補助、精神・集中力・運動機能の低下防止など、正にスーパーな成分です。
主な食材は、豚肉、レバー、いわし、かぼちゃ、豆腐などです。

ビタミンB6を含む食材

ホルモンバランスを整えるビタミンB6もおすすめです。体の健康維持にも不可欠な成分です。不足すると貧血や口内炎になりやすい成分です。
主な食材は、鮭、かつお、まぐろ、鶏肉、バナナ、とうもろこし、にんにくなどです。

ビタミンEを含む食材

老廃物排出促進&体内の酸化を防ぐビタミンEもおすすです。血液サラサラ作用を持ち、活性酵素の除去作用から若返りのビタミンとも言われています。
主な食材は、かぼちゃ、モロヘイヤ、ごま、アーモンド、イカなどです。

クエン酸を含む食材

老廃物排出と疲労回復促進効果をもつクエン酸もおすすめです。美肌にも効果があると言われており女性にはお馴染みの成分ですね。
主な食材は、グレープフルーツ、苺、レモン、トマト、梅干しなどです。

タンパク質を含む食材

体内に水分が溜まり易くなる状態になるのを抑えるタンパク質もおすすめです。体を作るのはタンパク質のため、美容・健康にも必須の栄養素です。
主な食材は、まぐろ、鶏のささみ、卵、納豆、チーズなどです。

上記内容は栄養成分百科さんの内容を参考にして作成しています。

利尿作用の高い飲み物

利尿作用の高い飲み物は『カリウム』や『カフェイン』が含まれているものです。
飲み物であれば水分だからと言って何でもかんでも飲んでいれば利尿作用を得られるわけではありません。ここでは利尿作用の高い飲み物をご紹介していきます。

カフェインを多く含む飲み物

お茶 高い利尿作用があるカフェインですが、カフェインを多く含む飲み物は膀胱の動きをよくしますのでむくみ解消には特におすすめです。
その代表格は『お茶』です。お茶は利尿作用の効果が高く、新陳代謝促進効果、血行促進効果もあります。お茶を飲むことでむくみの解消、美容、健康に繋げることができます。身近なものなら『緑茶』や『ウーロン茶』、『麦茶』などが利尿作用の高いお茶です。

他にもカフェインが含まれていて利尿作用が得られる飲み物がありますのでご紹介します。

・コーヒー
・紅茶
・ほうじ茶
・コーラ
・ココア
・各種栄養ドリンク(エナジードリンク)

上記が利尿作用の高い飲み物になります。 これらの飲み物のなかで緑茶やコーヒーなどはからだを冷やしてしまう効果があるので、からだを温める効果のある生姜を紅茶に入れた生姜紅茶のように同時に摂取できるとからだをあたためながら利尿効果を得られるのでより効果的です。

からだを温める作用のある飲み物で、むくみ解消にも効果のある飲み物やハーブを一部ご紹介します。

・プーアル茶
・梅ぼし茶
・カモミールティー
・ローズヒップティー
・アンゼリカ
・キンモクセイ

などがあります。

カリウムを多く含む飲み物

利尿作用にもっとも効果的とされているのが『カリウム』です。
塩分(ナトリウム)が高いと水分が排出されづらくなり、結果的にむくみにつながってしまいます。カリウムには体内の塩分の排出を促して塩分濃度を下げる働きと、水分を排出する利尿作用を持っているのです。

以下はカリウムが含まれている飲み物です。

・日本茶
・とうもろこし茶
・ごぼう茶
・抹茶
・昆布茶
・青汁
・トマトジュース ・野菜ジュース
・フルーツジュース
・グレープフルーツジュース
・パイナップルジュース
・いちごジュース
・ココア
・豆乳

となります。

その他利尿作用を得られる飲み物

利尿作用を得られるカリウムやカフェインが含まれた飲み物は上で記述下内容になりますが、ほかにも利尿作用のある飲み物が、クエン酸が含まれているものです。レモンジュースやグレープフルーツジュース、梅ジュースなどの酸味のあるフルーツ系のジュースには多く含まれていることが多いです。
クエン酸には利尿作用だけではなく、疲労を回復させる働きもあります。

利尿作用の高い食材の注意点

ここまで利尿作用の高い食べ物・飲み物を色々と挙げてきましたが、利尿作用の高い食材は冷えを招くものが多いため、バランスよく摂取することが最も効果的です。
冷え性の対策も行うことで、むくみを解消しつつ冷えの悩みも解消することができるため、より美容や健康にもよくおすすめです。

これまで記載してきませんでしたが、『青汁』も利尿効果があると言われています。
青汁は、利尿効果だけでなく血液をサラサラにする効果で動脈硬化などの予防にも効果があり、また、様々な栄養素が含まれていることで健康・美容のどちらにも良い効果を期待できるため非常におすすめです。
食べ物・飲み物でカリウムを意識的に取り入れつつ、その他の足らない栄養素を効果的に取り入れることで、むくみ解消や美容につなげることができます。

また、青汁以外にもクエン酸を積極的に取り入れることもおすすめします。クエン酸は老廃物を排出させる効果があり、疲労の回復にもつなげられます。利尿作用のみならず美容を気にしている人なら、カリウムとクエン酸、ビタミンEを積極的に取り入れることが大切です。

カリウムが不足すると

利尿作用を得るためにカリウムを摂取しましょうという目的でしたが、むくみ解消や利尿作用と切りはなしてもカリウムというのは重要な要素になります。体内のカリウムが不足することはからだにとって良いことはありません。体内のカリウムが不足すると、からだが疲れやすくなってしまったり、筋力が低下したり、体内のカリウムの濃度が低下してしまうことで低カリウム血症になってしまうことが考えられます。

具体的に起こる可能性がある症状は以下となります。

  • 腹痛
  • 嘔吐や吐き気
  • 便秘
  • 筋力低下
  • 脱力感
  • 不整脈
  • 多飲や他尿

カリウムを補えるサプリメント

体内がカリウム不足である場合は食材だけで補うことは簡単ではありません。そのようなときには補助的にサプリメントを飲むことも良いかもしれません。

オススメとなるサプリメントをご紹介します。

シグル

アーユルヴェーダサプリのシグル

シグルの成分となるモリンガはインドやアジアに生えている植物です。モリンガは花や茎、葉っぱや根まで食すことができ、約90種類の栄養素があり、多種にわたる薬効効果あるとされています。非常に高い栄養効果があることから「奇跡の木」とも言われています。また、貧困の地域において栄養失調の改善で成果をあげるほどの実績もあり、近年ではスーパーフードとして注目を浴びている植物です。

シグルはこのモリンガの葉のエキスを有効成分として作られているサプリメントです。カリウムだけでなくさまざまな栄養素を摂取することができます。

  • カルシウム・・・牛乳の4倍
  • カリウム ・・・バナナの3倍
  • 亜鉛   ・・・カキの2倍

このようにわかりやすく比較をすると、このくらいたくさんの栄養素を摂取することができるサプリメントになります。

むくみ解消に効果的なサプリや利尿剤

これまで利尿作用を得ることのできる食べ物や、飲み物を紹介してきました。食べ物や飲み物は長い目でみて利尿作用を得ることはもちろん可能ですが、結果をすぐに体感することができるかというと、それはとてもむずかしいです。これから紹介するむくみ解消に効果的なサプリや利尿剤は食生活で摂取する方法よりも利尿効果を効果的に得ることができる内容になります。

利尿剤

利尿剤は服用することで利尿作用を高め尿の排出を促す薬になります。一般的にはむくみの解消や降圧効果を期待して使用されている医薬品になります。医薬品となるため効果が今までご紹介してきた食べ物や飲み物とは違い、短時間で確実な効果をえられるものになります。ただし医薬品であるため副作用の可能性もありますので、ちゃんとした知識を備えて試してみるのも良いかもしれません。

オススメとなる商品をご紹介します。

ラシックス

ラシックス

ラシックスは利尿作用が非常に強いループ利尿剤に分類される薬で、むくみの解消に非常に高い効果を発揮します。テレビタレントやモデルもダイエット目的で愛用している方がいるくらい効果があります。短時間でむくみを解消したい短時間でむくみをなくして体重を減らしたいと考えている方にはラシックスの効果をぜひ体験してもらいたいです。

ラシックスの値段ですが、1錠あたり約13円ととても安価であります。

利尿剤ラシックスについてはこちら

アルダクトン(スピロノラクトン)

アルダクトン

アルダクトン(スピロノラクトン)はカリウム保持性利尿薬という分類に属する利尿剤です。利尿作用によって失われてしまうカリウムを排出せずに保持する特徴を持っています。アルダクトンは利尿作用だけでなく、ひどくなってしまった大人ニキビの治療や薄毛の治療にも効果を発揮します。

アルダクトンの値段ですが、1錠あたり約54円となります。

アルダクトンについてはこちら

ルプラック

ルプラック

ルプラックは上記のラシックスと同じ利尿効果の高いループ利尿薬に分類される利尿剤です。利尿作用によって失われやすいカリウム不足の症状を起こしづらい特徴をもっています。そしてルプラックは強いといわれるループ利尿薬の中でもトップクラスの利尿作用を持っています

ルプラックの値段ですが、1錠あたり約21円となります。

pagetop