title

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全・勃起障害)とは

ED(勃起不全・勃起障害)とは
  • 更新日:

EDは、勃起不全の事です。症状やEDの診断、様々なEDのタイプについてご紹介します。全く勃起しない、いわゆる「インポ」を想像する方が多いかもしれませんが、「時々たたない」「中折れする」などもEDの初期症状に含まれます。また、高齢の方がなるものだと思われがちですが、近年はストレスなどで20代の男性でも多く発症しています。

EDは離婚、別れ、浮気の原因にもなってしまいます。放置していると症状は悪化してしまい、治療するのが難しくなってしまう場合があります。EDは日本では軽く考えられていますが、病気のひとつです。そして、男性としての誇りに関わる深刻な問題です。まずはどのような症状なのか知って、早めに対処しましょう。

様々なED(勃起不全・勃起障害)のタイプ

様々なED(勃起不全・勃起障害)の種類

EDには、非常に多くのタイプがあります。多様化した現代だからこそ原因なども複雑です。「特定の状況・相手でしか勃起しない」あるいは逆に、「特定の状況・相手では勃起しない」などもEDに含まれます。今のところは特定の状況のみであったとしても、悪化すればどのような状況や相手でもEDになってしまう危険があります。気になる兆候がある方は、しっかりと把握しておきましょう。

若年性ED

かつてはEDは、中高年以降の男性に起こる症状とされていました。ですが最近は様々な要因で10代、20代、30代の若い男性でも多くの方が発症しています。若い人の場合、病院に行くのが恥ずかしいという気持ちが特に強い傾向にあるため、解決できないまま症状が悪化してしまうケースが多いとされています。また、自慰では射精できる、朝立ちはするという方も多く、自覚しにくいのが特徴です。

これは、若い男性がEDになる原因は、多くは精神的なものであるためです。コンプレックス、仕事などのストレス、疲れ、緊張やプレッシャーなどによってEDになってしまう方が増加しています。また、間違ったオナニーの仕方などによってEDになってしまっている方も多いと言われています。刺激の強いオナニーを繰り返す事で、膣では刺激を感じられなくなってしまうのです。

排卵日ED

結婚の晩年化が年々進んでいますが、女性は年齢を重ねるほど妊娠しにくなってしまいます。そのため、お子さんを望むご夫婦である程度の年齢になると時間との勝負になるため、不妊治療に取り組んでいるご夫婦も多くいらっしゃいます。

妊娠するのはもちろん膣内で射精する事が必要です。ですがいつでもいいわけではなく、妊娠しやすいタイミングというのものがあり、排卵日に性行為を行う事で着床しやすくなります。

ですのでこのタイミングで性行為を行うのがベストなのですが、男性の勃起は非常に繊細です。「しっかり射精しなくては」という気持ちが強すぎるとそれがプレッシャーになり、焦れば焦るほどうまく勃起できない場合もあります。また、奥さんが焦るあまり、心ない言葉を発してしまった事でそれに傷つき、ますます勃起ができなくなってしまうケースもあります。

妻だけED

妻だけED

性欲はあるのに、また、愛情はあるのに、奥さんにだけは勃起しない、付き合っている彼女にだけは勃起しない、というケースも多いようです。理由は様々ですが、マンネリ、飽きてしまった、刺激が足りない、女として見れない、子供ができてから妻というより母親、などの意見が多いようです。

家庭は本来は「安定」を得るものです。ですので緊張感がなくなるという事自体は決して悪いことではありませんが、男女の関係としては刺激が足りなくなってしまう事もあります。また、男性は狩猟本能がありますので、一度自分のものだと思ってしまえば追いかけたくなるという気持ちも薄れていってしまうのです。

そのままでは何年も性行為なし、という事にもなってしまいかねません。刺激が足りないのであれば、普段はしないような事に挑戦してみるのもいいでしょう。媚薬を利用したり、感度をよくするクリームを利用したりすれば、普段とは違った刺激的な時間を楽しめる事が期待できます。

バーチャルED

バーチャルEDとは、2次元、AVなどでは射精できるのに、生身の女性を前にすると勃起できなくなってしまう事です。最近はインターネットが普及したため、若い時から性的な情報を見知ってしまっている男性がほとんどです。2次元や過激なAVでの自慰で慣れてしまい、実際の女性では刺激が足りないために勃起できない方が増えていると言われています。

その事に焦りを感じているのならばまだいいのですが、「性欲はAVで満たすから実際の性行為はいいや」となってしまっては、EDが悪化してしまいます。一生自慰だけで満足できる方は別ですが、恋人がほしい、結婚したいと思っている方は、早めに対処する必要があります。現実と仮想は別物だとわけて考えましょう。

カン違いED

たまに勃起しないのはEDの初期症状と言えます。初期の段階であれば必要以上に気にする必要はないのですが、数回うまくいかなかっただけで過剰にネガティブになってしまう方もいらっしゃるようです。プレッシャーやストレスを感じるとEDはさらに悪化してしまい、自分を責めたり、一生治らないと勘違いしてしまって、うつ病に発展してしまう場合もあるようです。

初期症状であればEDを改善する方法はありますので、あまり気に病みすぎない事が大切です。悩みや不安はEDを悪化させてしまうという事を覚えておきましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の治療・改善方法

ED・勃起不全・勃起障害を改善する方法は様々ありますが、現在は病院に行くと、服用に問題がなければED治療薬(勃起薬)が処方され、投薬治療が第一選択肢となっています。臨床試験でも80%以上の方へ効果が認められている医療医薬品ですので、世界中で多くの方が治療効果を実感されています。

それ以外にも精力剤やEDサプリメントを利用する、ホルモン療法で治療する、注射、手術、生活習慣の改善、カウンセリングなど様々な方法があります。EDの兆候がある方は、ご自分にあってる方法で早めに治療をスタートしましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の原因

ED(勃起不全・勃起障害)の原因には様々なものがありますが、大きくわけて3つで、加齢や生活習慣などの肉体的な原因、ストレスやトラウマなどの精神的な原因、そして服用しているお薬の副作用があります。さらに、複数の原因が関係している場合も多くあります。

非常に多くの原因がありますので原因の解明は難しい部分もありますが、原因を知れば悪化を防ぐ事も可能です。心当たりがある方もない方も、一度確認してみましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の予防・悪化防止方法

EDは生活習慣などが大きく関わっています。ですので肉体的な原因の場合は、生活習慣などを改善する事でEDの予防・悪化防止にもつながります。まだEDでない方は予防のために、EDの方は悪化を防止するために、予防方法を知っておきましょう。

EDが原因で起こる問題

EDにはセックスをすることに困難があることの他にも様々な問題を引き起こす原因になることがあります。

パートナーとの関係が悪化

パートナーとの関係が悪化

EDが原因で、相手との関係を悪くすることも少なからずあります。せっかく意中の女性と性行為をする機会になったのに、下半身が勃たず相手を不快な思いにさせてしまった、なんて経験ある方もいるのではないでしょうか。また、相手を満足させることが出来ないため、振られてしまったり、最悪の場合は離婚問題に発展することもあります。

精神面で問題が発生

EDの方は、女性に積極的にることができません。その為、どうしても内気な性格になりがちです。ストレスを貯めやすくなり、積もりに積もって精神病に患ってしまう場合もあります。EDになることで、ストレスなどの心因性のEDの原因を増やす悪循環が生まれてしまうのです。

edになりやすい方

edは年齢関係なくなってしまう病気です。早い方なら20代で遅い方なら80歳過ぎからなってしまうこともあります。一般的にedになりやすい年齢としましては40代後半~50代前半にかけてと言われています。この年代の方は仕事上での責任、プレッシャーによってストレスを溜め込んでしまったり、男性更年期障害という病気によって男性機能に支障が出てしまうという理由でedになってしまうケースが多発してしまっています。次に多いのが30代の方です。上記と同じようにストレスや、プレッシャーといった精神的な部分からedになってしまう事が多く見られます。そして、20代に多いのが緊張し続けて上手くいかないという理由でなってしまうedです。

上記に共通していえるのが全て精神的な部分からedが起きてしまっている点です。そこから考えるとストレスを感じやすい、溜め込んだりしてしまう、またストレス解消が上手くできないという方はedになるリスクが高いと言えるでしょう。

EDとカフェインの関係

EDとカフェインの関係

カフェインの過剰摂取はEDに影響するということを耳にしたことはある人もおられるかと思います。カフェインの成分、そのもの事態に直接、EDに関係性があるのかと言われれば、それは関係はありません。しかし、そしたら何故、カフェインはEDを引き起こす原因になるのでしょうか。

前提としてEDを発症してしまう原因の1つとして、男性ホルモンの減少が理由としてあげられます。まず1つ目の理由としてカフェインの効果でもある覚醒作用が、睡眠障害を引き起こすことに原因があります。

男性ホルモンは睡眠中に一番多く分泌されます。身体的な成長もそうですが、良質な睡眠により、質の良い精子が作られる結果、力強い精力が生みだされます。

EDを発症した人の多くに睡眠時間が5時間未満の人が多いということもデータが出ています。カフェインがEDに対して直接的な原因にはなってはいないものの、カフェインの作用により、間接的にEDと関わっているということになります。

EDとカフェインはそこまで密接に関係はしていないので、重要視することはありませんが、睡眠の妨げになる過剰な摂取は控えるようにしましょう。良質な睡眠を取ることが、ED(勃起不全)の改善、EDの予防にもなります。

お酒の影響で勃たない人はEDになりやすい!?

お酒の影響で勃たない人はEDになりやすい

アルコールを飲みすぎると勃起し辛くなるということは聞いたことはある人は多いかとは思いますが、お酒を飲んで酔っ払った状態で勃起し辛いということはEDで勃起し辛いということではありません。

酔っ払ってしまうと脳の中枢神経が麻痺することで、伝達が悪くなり勃起し辛くなると言われています。しかし、アルコールとEDは全く関係ないかと言ったらそうでもありません。

肝臓はテストステロンと関わりが深いので、肝臓機能が低下をするとテストステロンも減少し、EDを発症させてしまう可能性が極めて高くなりますので、お酒はほどほどにしておきましょう。長期間の多量摂取はEDを発症してしまう可能性は高いので気をつけましょう。

お酒を飲むと勃起しずらくなる方は多くいます。お酒を飲み過ぎたいことによって、せっかく意中の女性とのチャンスを無駄にしてしまった方もいるのではないでしょうか。勃たなくなる原因、解決策と合わせてご紹介します。

お酒を飲むと勃たなくなる理由

お酒のたくさん飲むことで、アルコールに含まれるエタノールの量が増えることになります。その結果、血中のエタノール濃度が高まります。適度にエタノール濃度が高まる分には、性欲は向上し勃起もしやすくなります。少しお酒を飲んだ時に、些細な事で興奮するのはこのためです。

しかし、このエタノール濃度が一定以上になると、脳から興奮をペニスに伝え血流を良くする中枢神経が抑制されてしまいます。その結果、うまく興奮が伝達がされてなくなってしまうため、ペニスが勃たなかったり、中折れしてしまうのです。

EDの原因になることもある

お酒を飲むと勃たなくなることが続くとそのことがED(勃起不全)の原因になってしまう場合があります。お酒を飲んでせっかくのチャンスにうまく勃起が出来ずにいた経験が徐々にトラウマのようになってしまうのです。「また勃たなかったらどうしよう」などということを考えてしまうとそのことがプレッシャーとなり余計勃起をしずらくなってしまいます。お酒を飲んだ時だけであればよいのですが、徐々に普段も勃起しなかったらどうしようと考えてしまいがちです。

このようなことが原因のED(勃起不全)は、心因性EDと呼びます。考えすぎてしまう方や若い方、プレッシャーに弱い方が比較的なりやすいとされています。

お酒を飲んでも勃起するための解決策

1番確実なのは、お酒を飲む量をほどほどにする、という方法です。エタノール量が増えることでうまく勃起ができなくなってしまうので、エタノール量が増えないようにするのが確実でしょう。ただしシチュエーションによっては、お酒を飲む量をコントロールするのが難しいこともあります。そのような場合は、ED治療薬の力を借りるのもおすすめです。バイアグラとは違い、シアリスはお酒の影響を受けずらくなっています。一つ財布にでも忍ばしておくだけで、いざという時に力になってくれます。また、実際に服用しなくても、いつでもED治療薬を服用すればよいという安心感から、問題なく勃起をする場合もあります。それほど心の問題は、ED(勃起不全)に影響を与えるものなのです。

薄毛の治療薬を飲むとED(勃起不全)になる?

薄毛の治療薬を飲むとED(勃起不全)になる

薄毛を治療する薬として有名なプロペシアやミノキシジルですが、副作用としてED(勃起不全)になったり性欲が減退する可能性が少なからずあります。これは、薄毛の治療薬が男性ホルモンに作用するために起こる副作用です。薄毛を改善するために、男性として重要な勃起力を損なう可能性があるということを理解しておく必要があります。ただし全ての方に起こる訳ではなく、発症率はおよそ1~2%とされています。せっかく薄毛を治療できてもED(勃起不全)になってしまっては元も子もありません。どうしても薄毛を改善したいのであれば、ED(勃起不全)の原因になる可能性も意識するようにしてください。

参考:プロペシアの詳細

※プロペシアの副作用には個人差があります。

もし現在薄毛の治療薬を服用して勃起力の衰えや性欲がなくなったと感じているのであれば、服用している薄毛の治療薬が原因と考えてもよいかもしれません。その場合は、ED治療薬を使用することで改善させることができます。薄毛の治療薬であるプロペシアやミノキシジルは、シアリスをはじめとしたED治療薬と併用しても問題がないとされています。

EDの素朴な疑問・質問

edの疑問・質問

EDは特殊な病気だと思われがちですが、毎年、ED患者は増加しているようです。EDの症状にもよりますが、軽度から重度の方を合わせて、国内では1800万人のEDを患っている人がいると推測されています。統計によると成人男性の3人に1人がEDの症状に悩まされているということになります。

EDはデリケートな病気のために、なかなか相談も出来ず、病院に診察しに行くのもも恥ずかしい等の理由で通院できずに、そのまま放置する人が増えております。こちらでは、EDクリニックやWeb上などで多くのEDに対しての疑問、良くある質問などを集めてみました。是非、参考にして下さい。

質問:EDの予兆・危険信号

edの疑問・質問

EDになる前に何か予兆などのようなことはありますか?

回答

一般的にEDの発症の予兆は無いといわれていますが、朝立ち(朝勃ち)の回数が極端に減ったなどはED予備軍と呼ばれ、EDの予兆だと言われています。

質問:ジェネリックは本当に効くの?

edの疑問・質問

ED治療薬を購入したいのですが、値段的にもジェネリックが安くていいとは思ってはいるのですが、ジェネリックでもちゃんとED治療の効果はあるのでしょうか?

回答

ジェネリックでも効果は十分に認められています。ジェネリックは先発薬と同じ有効成分で製造されていて、ジェネリックが発売されるまでに、有効性、安全性の試験合格しないと販売する事ができません。ですので、販売されているジェネリック薬は有効性が認められた薬ということになります。しかし、薬には個人的な相性というものがありますので、一概にこの薬は絶対に効果的だということは断言することは出来かねます。

参考:Wikipedia「後発医薬品」

質問:病院でのED治療で

edの疑問・質問

病院でのED治療はどういったことをするのですか?

回答

主に診察、検査をします。ペニスを見せる必要はほとんどありませんが、ペニスの変形などある場合は見せないといけない場合があります。検査は血圧、脈拍、血液検査、心電図を取ったりします。 そして病院によりカウンセリングのある所があります。

質問:バイアグラの効果について

edの疑問・質問

バイアグラを飲んだけど効果を感じられませんでした。

回答

バイアグラを飲んでも効果が出ない原因として、食後すぐの服用、精神的な問題、老化による血管機能の低下、肥満、糖尿病などが考えられます。

食後すぐの服用

食後すぐの服用はバイアグラの成分、シルデナフィルが吸収し辛い状況になります。それで効果を半減させてしまう可能性が出てきます。また油分の多い食事もバイアグラを服用する時は控えるようにしましょう。食事をしたら、最低でも1~2時間は時間を空けるようにしましょう。

精神的な問題

精神的な問題でバイアグラの効果が弱まってしまうことがあります。心因性EDの人に多く見受けられます。ストレスによる性欲減退が主です。

また、女性、セックスに対して重いトラウマを抱えている人もバイアグラの効果が存分に発揮されないケースもあります。

対処法として、バイアグラを飲んだという事で自信を持つことがいいでしょう。また焦らず落ち着いた行動をすることを心がけましょう。

老化による血管機能の低下

老化により全身の機能の衰えにより、バイアグラの効果が弱まってしまうケースもあります。特に60代以降からは血管機能の低下、そして神経障害などが原因だとされています。

年配の方でバイアグラを使用して効果を感じられなかった場合は、他のED治療薬に変更してみる、または病院、クリニックなどで相談するのがいいでしょう。

肥満など生活習慣病の問題

こちらも老化と同じく、血管機能の低下、糖尿病などにより起こる動脈硬化が原因で効果が出難くなる場合があります。

肥満の人の場合は、万全な状態でバイアグラを服用するようにしましょう。それでも、効果を得られない場合は、他のED治療薬に変更するか、医師、薬剤師に相談するのもいいでしょう。

参考:医薬品医療機器総合機構「バイアグラ」

質問:バイアグラの飲み合わせ

edの疑問・質問

健康のために色々なサプリを飲んでるのですが、サプリを飲んでいる状態でもバイアグラは飲んでも大丈夫なのでしょうか?

回答

健康サプリでしたら、何の問題もありません。しかし、血管に関係する薬、心臓に関連する薬を飲んでる場合は服用する事はできません。また風邪の処方薬とバイアグラの併用は問題ございません。

質問:ED治療薬と精力剤

ED治療薬と精力剤の違いは何ですか?

回答

ED治療薬は医師の研究の下に製造された薬で、精力剤は健康に良いと言われているもので製造されています。ですので、精力剤は医薬品ではなく、主にサプリとして取り扱われています。

質問:お酒に酔うと勃起し辛い

edの疑問・質問

お酒に酔ってる時に勃起が出来ずに彼女とHが最後まで出来なかったのですが、これはEDですか?

回答

酔っ払っている状態で勃起できないという事は人によりあります。例えば、お酒に弱い人は勃起し辛いという傾向はあります。酔っ払っている状態でEDかの診断をするのは難しいです。

質問:若くてもEDは発症するの?

edの疑問・質問

20代前半なのですが、彼女とのH中に萎えて最後までできませんでした。これはEDなのでしょうか?

回答

EDの可能性は高いです。疲労により勃起し辛いという状況はありますが、20代前半で途中で勃起が出来ずに中折れをしてしまうというのは、EDの可能性があります。

ED改善に良い食事

edの疑問・質問

現在、ED治療薬を飲んでEDの治療中なのですが、EDに良い食事、食材などありましたら、教えてほしいです。

回答

EDは血管と深く関わりがあります。血流の改善がEDの改善にも直接的に繋がります。血液をサラサラにする食材は魚、階層、納豆、きのこ類が良いとされています。また亜鉛を摂取することで精力増強の効果があります。また食事以外にも軽い運動、生活習慣を改善することで、ED改善へ繋がります。

ED治療薬の入手方法

edの疑問・質問

通販サイトでのED治療薬は購入しても大丈夫なのでしょうか?

回答

一般的に薬は病院やクリニックで処方してもらうものですが、薬事法の改正により通販サイトで個人輸入として、海外の薬を購入できるようになりました。ただし、通販サイトでも悪質なサイトもあり、偽薬や料金を支払ったにも関わらず商品を発送しない等の問題もあります。

料金的には病院で処方してもらうよりは通販サイトでED治療薬は購入した方が費用はかなりお得です。しかし、プロの専門家にEDの原因などをお聞きしたい場合は病院やクリニックで診察してもらう方がいいでしょう。

EDの症状が気になったら早めに改善を(まとめ)

EDは、最初のうちは時々であったとしても、徐々に症状が悪化していってしまう病気です。放置したことによって、若くして重度のEDになってしまった方も少なくなく、うつ病を発症してしまう方もいらっしゃいます。また、女性が満足できないことにより、不仲になったり浮気、別れ、離婚などの危険もあります。彼氏がEDの女性は、自分に何か原因がある、浮気をしているのではないかと悩んでいる方がほとんどです。

性行為はお相手もあっての事ですので、少しでも気になる症状があったら、女性のためにも早めに改善しましょう。現在はレビトラなどのED治療薬を利用すれば、多くの方が簡単に改善する事が可能です。後で後悔してしまう前に、少しでも早く対処する事が大切です。

pagetop