title

デパスは法律により個人輸入が禁止になったため、現在は海外医薬品の通販で購入が出来ません。しかし代わりとなる薬があります。

デパスの代わりになる薬

デパスの代わりになる薬
  • 更新日:

現在では通販で購入することが不可能になったデパス。ご存知の方も多いかと思いますが、かつては海外医薬品の通販で購入することが出来ました。ジェネリックのエチラームは価格が安いのでとても人気が高く利用者も多かった薬でした。

ではなぜ通販サイトで購入出来なくなったのかというと、「向精神薬」に指定されたためです。平成28年9月14日に厚生労働省の法改正があり、デパスとアモバンは向精神薬の指定されました。

麻薬や覚醒剤より害はないにしろ、依存性や離脱症状は数ある薬の中でも高く、精神に作用してしまうというのが理由です。

そのため現在の入手方法は病院で処方をしてもらうしかありませんが、こちらも制限を設けられてしまい最大で30日分しか処方されません。またデパスには非常に強い依存性があるため処方を渋る病院も少なくはないでしょう。

そこで通販サイトで購入出来るデパスの変わりになる薬をおすすめします。依存性が少なく、効果もきちんと得られることが評判となっているようです。

デパスの代わりになる薬

デパスを抗うつ剤や睡眠薬として使用していた方はかなり多いことでしょう。現在では向精神薬と分類されたため、デパスは通販で購入することは出来ません。病院で処方される機会はあれど、ほとんど無理といっても過言ではないでしょう。

デパスは依存性、離脱症状どちらも高く、向精神薬となり入手困難な今デパスの代わりになる薬を探している方も多くはありません。そのような方のためにデパスの代わりとなる睡眠薬をご紹介します。

ルネスタ

ルネスタ

ルネスタは超短時間作用型の睡眠薬となっており、デパスの代わりに飲む睡眠薬としてとてもおすすめできます。有効成分にはエスゾピクロンという成分が含まれており、服用してから15分~30分程度で効果があらわれてくるので入眠障害にはとても効果を発揮してくれます。

ルネスタはデパスと同時期に向精神薬となったアモバンととても似ている印象です。簡単に言えばアモバンの改良版がルネスタという感じです。アモバンよりも依存性は少なく副作用も少ないため安心して服用ができます。また、アモバン特有の苦味もかなり抑えてくれているのであの苦味が苦手だったという方でも大丈夫です。

なぜデパスの代わりにルネスタを紹介するのかというとデパスの特徴である即効性をルネスタも持っているからです。デパスは服用してから30分~1時間程度で効果を実感し、半減期は6時間程度となってきます。

ルネスタは先程も記載しましたが、服用してから15分~30分程度で効果を実感し、半減期は2時間~4時間程度となっています。

こう見るとデパスとルネスタは非常に似ている事が分かります。睡眠薬としてデパスを使用していた方なら似たように睡眠改善が出来るルネスタの使用はとても向いているのかと思います。

ハイプナイト(ルネスタジェネリック)

ハイプナイト(ルネスタジェネリック)

ハイプナイトというのはルネスタのジェネリックとなっています。ルネスタのジェネリックということは成分は同じエスゾピクロンなため、効果、副作用、服用方法など全てルネスタと同じです。

先程もルネスタはデパスの代わりの睡眠薬としてぴったりと紹介しました。ですがハイプナイトならルネスタよりもかなり安く購入することが出来ます。デパスと比べるとかなりの値段の差があります。それでも効果はルネスタと同じなので安心して服用が可能です。

ハイプナイトは現在病院などでは処方されず通販のみでしか購入することが出来ません。そのため購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。デパスの代わりとして1度試してみるのも良いでしょう。

ソナタジェネリック

ソナタジェネリック

ソナタジェネリックは睡眠薬の他にも抗不安薬として使用される事がある薬です。超短時間作用型で非ベンゾジアゼピン系に分類されており、成分にザレプロンを使用しています。ソナタジェネリックもデパスの代わりとして使用されている方が多く、デパスの他にもエチラームの代わりとして使っている方もいます。

ソナタジェネリックは即効性に優れており、服用してから約30分程度で効果が効き始め、半減期は3時間~5時間程度となっています。

デパスと比べても同じような即効性を持っており、半減期もそこまで変わりはありません。また、抗不安薬として使用している方も多く、デパスを睡眠薬以外で使用していた方でもソナタジェネリックなら代用出来ると言えるでしょう。

1錠あたり約40円程度で販売されているのでかなりお得です。自分が入眠障害と分かっている方にはとてもおすすめできる薬と言えます。

バスパー

バスパー

バスパーは睡眠薬ではなく抗不安薬となっています。ですが、睡眠薬として使っている方も多く、デパスの代わりとして効果を発揮してくれます。パスパーの最大の特徴は依存性や副作用がかなり少ないという点です。実際にデパスからバスパーに乗り換えるという方はとても多いです。ブスピロンという成分が含まれており、非ベンゾジアゼピン系の薬となります。

また、バスパーは処方される機会がとても多いほど信用性が高く、全ての薬を含またランキングの中では40位に入るほど人気な薬となっています。

デパスやルネスタはとても即効性が高いですが、2つの薬に比べるとバスパーは少し即効性にかける部分があります。ですが、その分かなり安全な薬となっています。

不眠症の改善以外にも不安、うつ病といった症状を和らげてくれるので、デパスを睡眠薬以外の用途で使用していた方でも安心してバスパーは服用出来るかと思います。

バスピン(バスパージェネリック)

バスピン(バスパージェネリック)

バスピンはバスパーのジェネリックとなっています。そのため成分にブスピロンを含んでおり効果、副作用、服用方法など全てバスパーと同じになります。そのためデパスの代わりとしてバスパーを、バスパーをもっと安く欲しいということでバスピンを使用している方が多くいます。

バスピンはバスパーよりも全然安いです。デパスと比べたらかなり安いと分かるでしょう。また効果副作用もバスパーと全く変わらないので安全な薬と言えます。

ですがバスパーと同じように即効性に欠ける部分があります。もちろん不眠症の改善以外にも効果があり、不安、うつ病といった症状を和らげてくれます。デパスの代わりとしてバスパーを購入するのであれば、もっと安いバスピンを購入したほうが何倍もお得です。

デパスのジェネリック(エチラーム)

エチラーム

デパスにはジェネリックがあります。特に人気の高かったのがエチラームです。インドのインタスファーマ社が発売するデパスの後発薬(ジェネリック)で、0.5mgと1mgタイプの錠剤に加え、1mgの舌下錠もあります。(舌下錠は、舌の上で溶かすことで口の粘膜から成分吸収されるので、薬の効果が早く出るタイプの錠剤です。)

エチラームは、デパスと同一の成分(エチゾラム)で作られていますから、緊張緩和や不安抑制など、デパス同様の効果が期待できる薬となります。なにより人気の理由になっていたのが、価格がとても安いためです。

デパスと同様の効果を得られ、購入出費を抑えることも出来る。多くの方に支持されていた理由が分かりますね。

※注※平成28年10月よりデパスは抗精神薬に指定されたため個人輸入ができません。
上記内容はエチラームが通販で購入ができたときの内容になります。

デパスの特徴

デパス

デパスは効果時間が長い薬ではありませんが、服用後早く効果があらわれ、しっかりとした効果に期待ができる薬です。いくつか種類がある抗不安薬の中でも抗不安作用がとても強い特徴があります。
また、ストレスやプレッシャーから筋肉が硬くなってしまう症状を改善する筋弛緩作用も高く、催眠作用もあるため精神科はもちろんですが内科や整形外科でも多く処方をされている薬で万能薬とも呼ばれています。

デパスの成分であるエチゾラムは不安障害の改善に効果があり、うつ病や心身症、統合失調症で起こる不安や緊張、睡眠障害の改善にも使われます。しかし、効果があるぶん副作用が起こる可能性もあります。

デパスはベンゾジアゼピン系の薬です。ベンゾジアゼピン系の薬は強弱はありますが、飲み続けることで薬の強さに慣れてしまい、効果が弱くなってしまう耐性や、からだが薬が依存してしまう依存性も持っています。服用の仕方によってはリスクを生じることもありますが、正しく服用をしていれば依存性が起こる可能性も低くなるため、過度に心配する必要はありません。

このようにデパスは幅広くしっかりとした効果を得られる薬で、利用者の高い支持と満足度を獲得している特徴がある薬になります。

抗不安作用

対人や物事、将来など原因はさまざまですが、これらの内容によって不安に駆られてしまうことで、気分が落ち込んでしまったり、焦ってしまったり、意識や意欲が低下してしまうことがあります。このような症状にデパスは効果があります。

筋弛緩作用

筋弛緩作用とは、肩や腰や首などの筋肉が緊張やプレッシャーからこわばってしまい、硬くなってしまった筋肉をリラックスさせからだの緊張をほぐす効果です。

催眠作用

デパスは睡眠薬として利用されることもあります。服用することで脳の神経伝達物質に働きかけ、心やからだをリラックスさせます。効果を得ることで眠気を誘発されるため、不眠症や入眠障害に効果があります。

抗けいれん作用

抗けいれん作用とは、自分の意思と関係なく手や足などが震えてしまう症状です。デパスにはこのようなけいれんを抑制する効果もあります。

デパスの効果の強さ

デパスは不安や緊張を和らげる抗不安効果が強い薬になります。強いといっても一概に表現することは難しいのですが、服用後きちんとリラックス効果があらわれ、症状が改善されたことが感じられるくらいの強さがあります。

デパスの半減期

デパスの半減期はおよそ6時間となります。半減期とは薬を服用した後に血中濃度が最大になり、その後、血中濃度が半分になるまでの時間のことを言います。デパスは服用したあと血中濃度が最大に達する時間がおよそ3時間となります。そして半分に達するまでの時間がおよそ6時間となるため、半減期はおよそ6時間となります。

デパスの即効性

デパスは即効性に優れた薬です。服用した後およそ20分から30分で効果があらわれます。そのため、頓服薬として使われることが多いです。

デパスは症状が起こった、もしくは起こりそうになったときに服用することで、即効性と強い効果によって一時的にすばやく症状を改善することができます。そのため常用薬として使われこともありますが、どちらかというと頓服薬として使われることが多いです。

デパスの作用時間

デパスの効果の持続時間ですが、抗不安薬には作用時間の長さによって「短時間系」「中間型」「長時間系」「超長時間系」4つに分類されています。

  • ・短時間系は作用時間がおよそ3時間から6時間となり、即効性に優れている薬が多いです。
  • ・中間型は作用時間が12時間から20時間と短時間系と比較すると長めに働きます。
  • ・長時間系は作用時間が20時間から100時間です。このタイプは即効性だけでなく服用を続けていくことで症状の改善につなげる目的にも使われます。
  • ・超長時間系は100時間以上作用する薬で一度の服用というよりは、服用を続けていくことで効果を得ていく薬になります。

デパスは短時間系の薬になり、作用時間は長い方ではありません。服用後およそ5時間から6時間となります。

デパスの副作用について

デパスの副作用について

デパスの副作用の症状についてですが、服用の後の眠気、意識障害、ふるえ、よだれ、発汗、頭痛、目の渇きやかゆみ、悪性症候群などがあります。

また、デパスのような抗不安薬の副作用の中でもっとも重大な内容は薬を服用し続けることで薬に対して耐性がついてしまい、効果を感じれなくなってしまうことです。また耐性がついてしまうと効果が得られないと思い、さらなる効果を期待して回数を増やしたり多量に服用するなど、服用方法を守らない場合に依存症が出てしまう可能性が大いにあるため注意が必要です。

デパスは薬の効き目が強く、半減期の期間も短めなため、依存性になる可能性は若干高めになります。服用時に定められた量や回数をきちんと守ることで、依存の症状になる可能性は低くなりますので注意しましょう。

デパスの耐性と依存性

医師と話す女性

デパスは耐性と依存性を持っている薬になります。そのため服用し続けることで薬の飲む量は変わらないのに効果が弱く感じたり、デパスに依存してしまうことがありえます。

デパスの耐性

デパスはベンゾジアゼピン系に属する薬なのですが、ベンゾジアゼピン系の薬は服用を続けていくと薬に対して耐性がついてしまうことがあります。耐性とは、服用した薬に対して抵抗性がついてしまうことで効果が弱くなってしまうことです。

デパスの依存性

依存とは同じ薬の服用を続けることで、常に薬を使わずにいられない状態になってしまうことです。
ベンゾジアゼピン系の薬は依存性になってしまう特徴を持っている薬になります。そして薬の効果が強いほど依存になる確率が上がるのですが、デパスは効果が強い薬のため依存になる可能性も十分考えられる薬になります。

用量や用法を守った服用方法を行うことで依存にはなりづらくなります。しかし、自分の判断で薬の効果が弱い、もしくは物足りないと思い、服用する回数や期間、摂取量を増やしてしまうと依存性が形成されやすくなってしまうため注意が必要です。

依存の症状がひどくなると、少しでも不安になるとデパスを服用してしまい、服用することで落ち着くので薬を手放すことができなくなり、さらに飲み続けることで効果が弱くなり、摂取量が増え依存の状態から抜け出すことが難しくなってしまいます。

実際に依存症になってしまうと一人で解決することが難しくなってしまうため、もしこのような状況になってしまった場合には全国「精神病」者集団などに相談し解決を導くことも良いかもしれません。

依存を過度に怖がりすぎない

上記内容でデパスの依存について記述しましたが、この内容だけ読むとデパスを服用することを躊躇してしまうかもしれません。しかし、デパスを服用したら依存に必ずなってしまうわけではありませんので、過度に怖がりすぎなくて問題ありません。きちんとした服用方法や期間、摂取量で使っていれば依存にはなりづらく、むしろなる人の方が少ないです。

では、依存にならないためにはどうしたらよいかといいますと、先ほど上記内容でも書きましたが、用法や用量を守ることは大前提です。他の方法としては、症状がひどいときにデパスを使用するときちんと効果を発揮してくれます。ただし、症状が改善してきたときや、軽い場合には効果の強いデパス服用するのではなく、効果を少し弱くした薬を選んで服用することが良いです。

依存になってしまう特徴は、薬の強さや量、服用している期間、そして半減期の長さが関係していますので、症状が軽い時に強い薬を飲まないことで依存になる可能性を下げていることにもつながります。そして服用している期間をなるべく最短で抑えるということも予防につながります。

デパスの離脱症状

うつむく女性

デパスは離脱症状になりやすい薬になります。とくに長期間服用していた場合は離脱症状が起こる可能性が高いです。

離脱症状とは服用していた薬を急にやめた場合や、急激に減らしたりした場合に起こる症状で、薬を日常的に服用していることが当たり前のようになっていた身体が、急激にやめたり、減らしたことにより変化に耐えきれずに起こる症状のことを言います。

離脱症状が起こりやすい例としては、長期にわたって服用していた場合や、個人の判断で摂取量を多く服用していた場合には症状が起こりやすくなります。

離脱症状で起こる症状には以下のようなものがあります。

  • ・頭痛、耳鳴り
  • ・不眠、不安
  • ・発汗、吐き気
  • ・震え、けいれん
  • ・イライラ、無気力

これらの症状は一般的に多いとされるもので、実際に起こる症状は個人差があるため具体的にこうなるとは言い切れませんので一例としてとらえていただければと思います。

離脱症状の期間

離脱症状が起こっている期間ですが、起こる症状にも個人差があるように離脱症状が続く期間も人それぞれ個人差があります。

デパスを服用していた期間が長いほど離脱症状になりやすいと書きましたが、離脱症状がおさまるまでの期間も長くなる場合が多いです。短い人であれば症状は1週間くらいでおさまることが多いのですが、長い人だと数か月や、1年以上続くこともあります。

離脱症状の対処方法

離脱症状にならないための対処方法としては、デパスのように強い薬は症状がひどい時に使用し、短期間の服用で抑えるようにする。なるべく長期にわたって服用をし続けないように注意する。

服用をやめる場合も、急にやめてしまうと症状が起こりやすいため、医師と相談をし、時間をかけて徐々にゆっくりと減薬をしていくことが望ましいです。そうすることで離脱症状になりづらくなります。もし、減薬や断薬をした時に離脱症状がひどくて耐えられない場合には再度服用をし、その後、もう一度前回行った方法よりもさらにゆるやかに減らしていくことで症状が起こる可能性を軽減させることができるでしょう。

デパスの服用方法

おかれた薬

デパスの服用方法ですが、第一にデパスを服用するときには用法や用量は必ず守るようにしましょう。デパスの服用するタイミングは一般的には食後が多いです。

デパスは症状によって服用する量や回数が変わってきます。主な服用方法例はこちらの表のようになります。

症状 服用方法
全般的な不安障害の場合 1日(3mg)を2~3回に分けて経口服用します。
睡眠障害の場合 1日(1mg~3mg)を1回就寝前に経口服用します。
心身症・腰痛の場合 1日(1.5mg)を3回に分けて経口服用します。

表の内容は目安になります。
※高齢の方は表の分量より少ないことがあります。

デパスも含め医薬品は決められた用法や用量を守ってこそ力を発揮します。効果が弱いと感じたからといって自己判断で服用する回数や量を増やしてしまうと、副作用が起こる可能性が高くなります。もし、自分に合っていないと感じた場合には自己判断はせずに、医師や専門家に一度相談をするようにしましょう。

デパス以外の「精神安定剤」や「抗うつ剤」との併用は副作用が出やすくなるため、服用時には特に注意が必要です。
デパスの注意点の項目でも書きましたが、デパスを服用時には飲酒はなるべく飲まないことをオススメします。

頓服としての服用方法

デパスは即効性があり、効果も強い薬なので、症状にもよりますが常用薬としてだけではなく頓服としても使われています。
頓服とは、症状があらわれたタイミングで服用をしてその場の状況を改善する。という応急処置のような服用の仕方です。

頓服として服用する場合には、1回の服用で0.5mg~1mgが良いでしょう。この量で効果が強いと感じる場合には0.5mgの半分の0.25mgにして服用するのも良いかも知れません。

注意事項

注意事項

以下の内容に当てはまる方は服用前に医師に相談をし、服用しても問題がないか確認をしてから服用することが望ましいです。

  • ・からだが弱っている方
  • ・アレルギー体質の方
  • ・免疫力が低下している方
  • ・もともと持病を持っていて服用中の薬がある方

デパスは服用後およそ20~30分くらいで効果があらわれます。効果があらわれると睡眠作用による眠気や注意力の低下、筋弛緩作用によるふらつきが起こるため、車の運転や機器類の操作などは行わないようにするべきです。もし、業務上行わなくてはならない場合には細心の注意を払い、少しでも違和感を感じた場合にはすぐさまやめるようにすべきです。

アルコールとの併用について

デパスを服用しているときにアルコールを飲んで良いのか?と言いますと、基本的に、デパスを服用しているときにはアルコールは飲まないことが最善です。

デパスの添付文章内にはアルコールは禁忌ではなく、併用注意と書かれています。そのため絶対に飲んではいけないわけではありませんが、注意が必要、いわゆるなるべくなら飲まない方が良いということになります。なぜなら、デパスの効果もアルコールも中枢神経に作用するため、両方の作用が合算され効果が高くなりすぎてしまいます。そのため、副作用の依存症にもなる可能性が高くなります。

デパスのまとめ

デパスは抗不安薬としてしっかりと効果があり、また、筋弛緩作用により肩こりの解消や緊張の緩和といった症状にも効果があり満足度の高い薬です。 服用に当たっては副作用や耐性や依存性といったリスクもありますが、用法用量をきちんと守ることを厳守していればリスクも大幅に減らすことができるはずです。

デパスは抗不安薬であるため医師の診断を受け処方をしてもらうことがもっともであり最善の方法であると思います。医師と相談をして問題がなければ、通販を利用して経済的なジェネリックのエチラームの服用も検討してみるのも良いかもしれません。

※注※平成28年10月よりデパスやエチラームの主成分であるエチゾラムを含んだ医薬品が向精神薬に指定されたため現在は通販で購入ができません。

先述でも紹介させていただきました『通販で購入できる!デパスの効果に近い治療薬』は通販で購入ができて、副作用もすくなく実際に効果が期待できる薬なので、これを気に試してみるのはいかがでしょうか。

pagetop