title

カンジダ症の症状・治療・原因・予防法について

カンジダ症とは

カンジダ症
  • 更新日:

カンジダ症はクラミジアなどの他の性病と同じで放置しておいても自然治癒する事はありません。

症状がでたらすぐに病院に行く、もしくは自分で早めに治療するようにしましょう。

男女ともに発症しますが、女性の方が圧倒的に多いです。なぜならセックス以外にも女性の場合は免疫が下がると発症してしまう事があるからです。

病原体であるカンジダ真菌というカビは女性の膣内に元々存在しているものなので疲れていたりすると菌が増殖してしまいこういった事が起こります。

悪化すれば子宮内膜炎を引き起こし、そのまま不妊症の原因となる事もあるので、少しでも症状が出たら治せるように通販を利用して出来るだけ薬は常備しておけるようにしましょう。

最悪の場合、慢性化してしまう事もあるので気を付けましょう。

仕事の疲れや風邪などで免疫力が下がっていると発症しやすいとされていますが、他に食生活やホルモンバランスが乱れていても発症する事があるので、妊娠やピルの服用などが原因になって発症するといったケースもあります。

男性の場合は包茎の人になりやすい傾向があります。包皮のかぶった部分で真菌が増殖する事で発症するといったケースになります。清潔に保つようにしましょう。

セックスで感染した場合の潜伏期間は2日~1週間とされています。

カンジダ症の症状

男性…亀頭部分にかゆみや炎症が起こる、また赤くなり白いカスが出る事もあります。排尿時に軽度の痛みがある事があります。

女性…性器周辺、膣のかゆみ、ヨーグルト状またはカッテージチーズのような白いおりものが増加、セックスの時に痛みや熱を感じるといった事もあります。

カンジダ症は性器だけでなく口や湿った皮膚などにも感染します。

口の中に感染した場合の症状としては、唇や舌に白色のコケが線状、もしくは点状に発生します。そのコケをぬぐい取りその部分が発赤している、もしくはびらんになっていれば感染しています。痛みを感じる事がほとんどないので自分で目で見て確認してみるようにしましょう。

カンジダ症で厄介なのはかゆみです。かゆさのあまりひっかき傷を作ってしまうという人も多く、そこからさらにまた他の感染症にかかってしまうという事もあるので早めに薬などで対処し、出来るだけかかないように気をつけるようにしましょう。

カンジダ症の検査方法

カンジダ症の症状が出たらすぐに検査してみましょう。皮膚科、もしくは男性の場合は泌尿器科、女性の場合は婦人科で診てもらうようにしましょう。比較的遅くまでやってる事の多い性病科でも検査する事が出来ます。

綿棒で感染した場所をこすり、菌を培養させ、顕微鏡で菌が増殖しているかどうかを調べます。

女性の場合はこの検査方法が主ですが、男性の場合は尿検査で調べる事が多いです。

カンジダ検査は生理中は出来ません。生理が終わってから病院に行くようにしましょう。

カンジダ症の治療方法

カンジダ症の治療には炎症を抑え、菌をやっつける抗菌薬が処方されます。飲むタイプか塗るタイプかは症状などによって異なります。

女性の場合は膣内洗浄と膣の中にカンジダ菌を抑える膣錠を投与して治します。膣錠の場合は1度挿入すれば1週間効果が続くものと毎日挿入しないといけないものがあります。

男性の場合は女性よりも症状が軽い分、治療を始めたらおさまるのも早い事から軽視しがちですが患部にはまだ真菌がうようよしています。

そうなると何度も再発してしまいかなり面倒くさい事になるのできちんと完治させるようにしましょう。

カンジダ症治療中の注意点

カンジダ症

タオルなどの共有

湿気を好むカンジダ菌はタオルなどを介して感染する事があります。

家族やパートナーなど、カンジダ症がしっかり完治するまでは共有を避け、出来れば洗濯も別々で回すようにしましょう。

石鹸でゴシゴシ洗う

石鹸を使ったり、ゴシゴシと強くこすってしまう事で炎症が広がったりひどくなってしまう事があります。

炎症がおさまるまでは軽くお湯をかけ洗い流す程度にしておきましょう。

かく

かゆみが特徴のカンジダ症ですが、かいてしまうと炎症がひどくなったり新たに傷をつけてしまって感染の範囲が広まってしまう事があるので、出来るだけかかないようにしましょう。

この場合、クリームなどの塗り薬だと薬がついているのでかくのを多少抑えられるといった事があります。

避妊薬(殺精子剤)の使用

避妊薬として使われている膣の中に入れるタイプの殺精子剤は薬の効果を妨げたり、弱めてしまう事があるのでカンジダ症の治療中は使用しないようにしましょう。

生理中のビデ、タンポンの使用

ビデで膣内を洗浄してしまうと膣錠が流れてしまって効果が弱まってしまいます。タンポンも同じように膣錠の効果を下げます。

それでなくても生理中はなかなか治療が進まないという事もあるので、使用は控えるようにしましょう。

セックス

当たり前ですが、カンジダ症治療中はセックスは控えましょう

感染を拡大させるだけでなく他の場所に感染が広がってしまうこともあります。治療が終わるまでは我慢しましょう。

コンドーム

カンジダ症はセックスを介さずに発症することがあるので、発症を防ぐには下記のことに出来るだけ注意するようにしましょう。

ただし、コンドームを使用する事で感染する、させる事においては予防する事ができます。

他の感染症を予防する意味でも「妊娠したい」という目的以外のセックスの際にはコンドームを使用するようにしましょう。

カンジダ症の発症、再発を予防する

風通し

カンジダ症を発症させない、また予防するには性器部分を清潔に保つ、風邪通しを良くする事が大切です。

カンジダ菌はあたたかくて湿度がある所を好みます。逆に乾燥した場所では繁殖出来ないので、普段から通気性の良い下着を身に着けるようにしたり、ナプキンなどはこまめに替えるように心がけましょう。

また入浴時は洗いすぎに注意しましょう。清潔に保つのは大事ですが洗いすぎは膣内のホルモンバランスを崩してしまう事になり本末転倒です。それよりも入浴後が大切で、しっかりと水気をふき取るようにしましょう。

また排尿や排便の際は前から後ろに向かってふき取るようにする事も大切です。体内に真菌がいた場合、性器に感染させてしまう事があるからです。

あとは、不特定多数とのセックスを控える事、そして免疫力を低下させないように適度にしっかりと体を休めるようにする事がカンジダ症の発症、再発予防にはなによりも大切だと言えます。

自分の体調をしっかりと整え清潔に保ちカンジダ菌が暴れ出さないようにしましょう!

口腔カンジダとは

べー

口腔カンジダ症はカンジダ症が口の中で発症した状態の事を言います。

カンジダ真菌が原因で発症しますが、カンジダ真菌は人の体内に元々いる常駐菌のひとつです。

約100種類ほどある真菌の中の【カンジダ・アルビカンス】という真菌がこの口腔カンジダ症を引き起こすとされています。最近では【カンジダ・グラブラタ】で発症するといったケースも増えてきているようです。

このカンジダ真菌自体は実はとても弱い菌です。普段は他の菌とバランスよく過ごしていて悪さをするという事はありません。

しかし、極度に疲れていたり、風邪をひいて熱が出ていたりと免疫力が下がってしまっていると悪さをしてしまうという菌になります。

この口腔カンジダ症には偽膜性カンジダ症と委縮性カンジダ症の2種類あると言われています。

偽膜性カンジダ症

偽膜性カンジダ症は急性型ともいわれていて、口の中に白いコケが発生するのが特徴的な症状になります。

これは偽膜性白苔(ぎまくせいはくたい)と言われていて口の中や唇周辺に点状だったりまだらに発生します。

この白苔をガーゼやティッシュなどで拭いてみるとはがれそこに発赤やびらんがあったりします。痛みがないので放置しがちですが、放置してしまうと口全体に広がってしまい、治療に時間がかかってしまったり、そのまま内臓に感染してしまったりする危険があります。

痛くないからといって放置する事なく、舌を見て白いコケのようなものがある!と思ったら少しでも早く病院に行くようにしましょう。

萎縮性カンジダ症

委縮性は偽膜性と違って白苔は発生せず、舌の先の部分が少しぎゅっと縮んだ感じになり、口の中の粘膜が赤くなってしまうのが特徴です。

食べ物や飲み物が触れるとヒリヒリとした痛みがあるのですぐに感染に気付くことが出来ます。

入れ歯、義歯などの下の粘膜部分によく発生する事から義歯性口内炎とも言われています。

口腔カンジダを発症しやすい条件

・口の中の衛生状態が不衛生な人
・口内炎や不適切な義歯の使用などで口の中の粘膜が傷ついている人
口腔乾燥症など、唾液の分泌量が異常に少ない人
・病中や病後などで体力が落ちている人
・乳幼児やお年寄り、妊婦さんなど抵抗力の弱い人
・ステロイド剤や抗生物質を長い期間使用している人
・がんや結核、糖尿病、免疫不全症の人
・エイズ感染者

口腔カンジダの検査方法

感染経路に関しては常駐菌によるものなので、性病とは限りません。歯科や口腔外科で検査します。

口の中の粘膜を綿棒などで採取し、顕微鏡で真菌がいるかどうかをみるだけの簡単な検査になります。

自分で見てもわかりやすい症状なので、違和感があったらすぐに病院に行って検査を受けるようにしましょう。

口腔カンジダの治療方法

抗真菌薬を使って治療します。飲み薬が処方される事もありますが、基本的にはうがい薬や塗り薬で治します。

義歯に真菌が発生してしまっている場合は義歯の洗浄剤を使って義歯を清潔に洗浄します。

あまりにも菌の発生がひどいといった場合は作り直した方がいいといった場合もあります。

【まとめ】カンジダ菌とうまく付き合おう

握手

口腔カンジダ症は何度も再発する病気です。予防するには口の中を清潔に保ち、疲れていたらしっかり休むなど自分で出来る範囲で対策出来るようにしましょう。

ただし、清潔にするといってもやりすぎは禁物です。洗浄しすぎてしまうと口の中の必要な常駐菌まで殺菌してしまう事になり、他の病気を発症してしまうかもしれません。

また、口腔カンジダ症を発症した場合に気を付けたいのが白苔を取ろうと歯ブラシなどで強くこすったりガーゼでこすり取ったりしすぎないようにする事です。

舌や口の中に傷がついてしまうとそこから血液に真菌が侵入してしまうからです。

カンジダ症が血液に発生すると敗血症という病名に変わります。これは死に至る事もあるような危険な病気です。

たかがカンジダ症などと甘く見ず白苔やヒリヒリするといった症状が出たらすぐに病院にいってきちんと治療するようにしましょう。

当サイトにおいてご紹介している医薬品は日本国内では医師の処方が必要となります。
用法用量などの指示が医師、薬剤師によっては異なることがあります。適切な診断、治療が必要な方は医療機関などで受診される事をおすすめ致します。
本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、一切の責任を負いかねます。
また、リンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合の移動先サイトで提供される情報、サービス等についても一切の責任を負いかねますことをご了承下さい。
pagetop