title

AGAの改善方法・治療薬の紹介

AGAの改善は育毛剤で

男性を悩ませるAGA
  • 更新日:

AGA対策は一体どんな方法を取ればいいか?まずは育毛剤を使うこと。最も手軽な方法で薬局で購入することが出来るのですが、使われている成分に注意をしないと、全くもって意味がありません。

しかしご安心下さい。当サイトでは本当に効果のある成分が使われている育毛剤のみをご紹介していきます。もちろん個人差や体質に合わない方も少なからずいらっしゃいますが、多くの方がAGAの改善が実感出来ている育毛剤ですのでまずは一度試してみるべきです。3つの成分(商品)があります。

ミノキシジル

まず1つ目の育毛剤はミノキシジルです。発毛促進作用が非常に高く、毛根が死んでいなければ再び髪を増やせる可能性があります。また髪質も良くなってきますので、AGAによって細くなってしまった髪が太く長い状態に戻ることが出来るでしょう。

ミノキシジルは形状が2種類あり、塗るタイプである外用薬と錠剤として飲むミノキシジルタブレットから選ぶ事が出来ます。効き目はミノキシジルタブレットの方が高いですが副作用も起きやすいので、マイルドな作用がお好みであれば外用薬を選びましょう。

外用薬は元祖育毛剤であるロゲインやロゲインのジェネリック(全て海外メーカー)がリーズナブルな価格で購入出来ます。海外医薬品の通販を利用すれば医療機関へ行かなくても購入することが出来るのでとても便利です。

すぐにでも薄毛改善をされたいのであれば薬局で販売されているリアップを使うことも検討してみましょう。ロゲインと同じくミノキシジルが配合されており、国内では唯一医薬品に指定されている育毛剤です。ただしロゲインとリアップX5プラスは価格が違います。

プロペシア

プロペシアはミノキシジルとは違い、抜け毛を止めるための育毛剤です。有効成分のフィナステリドにはAGAの原因になるDHTの生成を抑える働きがあります。ヘアサイクルが正常に戻していくので、次第に抜け毛がおさまるのです。しかし多少の時間が必要になるため、毎日飲み続けて効果を得なければなりません。

また、プロペシアには多少の発毛作用があります。あくまでもこれはヘアサイクルが正常に戻りだすことによる発毛作用なので、そこまで髪が増える期待はできません。効率的に髪を増やすのであればミノキシジルと併用をしてみましょう。

お互い作用機序が違いますから効果が強く出すぎて副作用が起きやすくなるという危険性はありません。薄毛改善には必須の組み合わせだと思います。

プロペシアにもジェネリックがあるので、費用を抑えたいとお考えならば選んでみてください。すでに医療機関でも販売されていますが、海外医薬品の通販で購入できるフィンペシアは特に人気です。プロペシアと同等の効果を持つので、ユーザーからの評判が高いジェネリックだと思います。

ザガーロ

ザガーロもプロペシアと同じ作用機序を持つ育毛剤です。有効成分のデュタステリドがAGAの原因であるDHTの生成を抑え、ヘアサイクルの乱れを止めていきます。しかもプロペシアよりもその効果が高いと言われています。その理由はデュタステリドのほうが5αリダクターゼの阻害作用に優れているためです。

5αリダクターゼには2つのタイプが(1型と2型)あり、どちらも抑えることが出来るからです。AGAの発症で起きる前頭部の薄毛と頭頂部の薄毛は2型が関わっています。対して1型は基本的にあまり抜け毛に強く影響するものではありません。

しかし体質によっては1型によるAGAが発症し、抜け毛の起きにくい側頭部と後頭部に症状が出てしまいます。また、1型は皮脂腺に多いため、頭皮の皮脂が多く、なおかつ抜け毛が気になり始めたらザガーロを使うと改善出来る可能性があります。

pagetop