title

AGAの原因とその症状・正しく治療をして薄毛改善

AGA(男性型脱毛症)

男性を悩ませるAGA
  • 更新日:

最近メディアでも取り上げられる事が多くなったAGA。男性型脱毛症ともいい、男性のみにしか発現しない脱毛症です。原因は男性ホルモンが過剰に分泌されることでヘアサイクルが乱れてしまいます。そうなると髪の成長にも影響が出てしまい、約1年で抜け落ちてしまうのです。そんな髪が増えていけば発毛が追いつかなくなり、その発毛も次第に乏しくなってくるのです。

しかしAGAは育毛剤(AGA治療薬とも)を使うことで抜け毛を抑えたり、あるいは抜けた髪を再び生やすことが出来るのです。しかし育毛剤は非常にたくさんあるので適当に使ってはいけません。「医薬品」に指定されている成分を使い、AGAの対策、そして改善を行っていきましょう。

AGAの治療は医薬品で

AGAによるヘアサイクルの乱れを正常に戻すには「飲む育毛剤」とも呼ばれているプロペシアか、同じ作用機序を持つザガーロを使います。これらの育毛剤が保つ効果によって、ホルモンを生成する酵素(5αリダクターゼ)の働きを阻害し、抜け毛を抑えるのです。

合わせて発毛作用の高いミノキシジルも一緒に使いましょう。抜け毛を抑えつつ、育毛・発毛を促進させることで、効率よく髪の量を増安ことが出来ます。いずれも目に見えて分かるのは、6ヶ月ほど経過しなければなりませんが、「スカスカ」が「フサフサ」に変わっていることでしょう。

プロペシア、ザガーロ、そしてミノキシジル(を配合する育毛剤)はいずれも医薬品に指定されています。長い月日をかけ非常に多くの臨床データが発表されているため、薄毛の治療においてはぜひ使っていくべきでしょう。

AGAの原因を知る

AGAは進行性の脱毛症です。発症はいつの間にか始まるので気付きにくく、はっきり「薄い」と自覚出来るような状態に至ってしまったのであれば相当進行しているといえるでしょう。その時のショックは計り知れないものです。

すぐに薄毛改善を行うか?それともそのショックをしばらく引きずってしまうのか?いずれにしろ精神的なダメージを及ぼしてしまいます。絶対にAGAにはなりたくありませんが、男性であればそのリスクは避けられようにありません。

しかし遺伝、体質、生活環境などによってなりやすい方となりにくい方に分かれます。また年齢を重ねることによってもヘアサイクルは衰えてきますので、髪が抜けても発毛しないというケースも考えられるでしょう。そういうわけでまずはAGAの原因はどのようなものがあるのか?を見ていきたいと思います。

AGAの症状について

AGAの症状とは簡単に言うと「抜け毛が増えて薄毛になる」ことです。しかしただ頭皮が薄くなるだけではなく、その箇所が違ったりもするので、いくつかのタイプに分けることが出来ます。AGAはゆっくりと進行するので非常に気付きにくく、いつの間にか頭皮が薄くなり精神的なダメージを受けやすい症状です。

しかし症状の初期段階を見極めてすぐに薄毛改善に取りかかれば、ダメージは最小限で済みますしフサフサの髪が戻る可能性はとても高いので、何がAGAが発症したサインなのか?もぜひ知っておいて下さい。諦めなければ症状は改善に向かうのです。

発症が目立たないので気付きにくい

AGAが発症してもすぐには分かりません。先述したヘアサイクルの乱れが徐々に広がり、成長期が短くなった髪が多くなることで抜け毛の量が増えてしまいます。そこで初めてAGAを発症したと自覚出来るのではないでしょうか?

また髪質の変化もそのサインです。髪にコシが感じられない・細くなってきた・全然伸びない、という状態であればAGAを発症している確率が高いと思われます。進行はかなりゆっくりなのでなかなか気付かないレベルです。放置していることになりますから徐々に進行していき、段々抜け毛の量も増え、いつのまにか頭皮が薄くなってしまいます。

そしてAGAは薄くなる場所が様々です。前頭部(いわゆる生え際)や頭頂部がハゲになりやすく、この部分が薄ければほぼ間違いなくAGAであるといえます。反対に側頭部と後頭部は薄くなりにくいのですが、決して髪が抜けないというわけではありません。

症状のパターン

症状のパターン

先程も申したようにAGAによって薄くなる場所は個々によって違う場合があります。何種類かのパターンに分ける事が出来るのです。抜け毛が増えやすい箇所は前頭部(生え際)と頭頂部(つむじ)で、この部分が薄い方はAGAを発症している方が多いでしょう。

どちらかが薄くなるか、あるいはどちらも複合して発症し、頭皮の半分以上がハゲてしまう事もあるのです。これはかなり症状としては進行しているといえるでしょう。逆に抜け毛が現れにくいのが側頭部と後頭部。なぜこの箇所は抜け毛が少ないのか?実は理由があります。それは後程ご説明しましょう。

それでは早速ですがAGAの症状はどのようなタイプに分けられるのか?少しずつですが説明をしていきましょう。

前頭部(生え際)が薄くなるタイプ(M字型ハゲ)

前頭部(生え際)が後退していくタイプで、M字型とも呼ばれます。俗に言うM字ハゲですね。徐々に前頭部が後退していくので比較的分かりやすいタイプだと思います。実は前頭部は5αリダクターゼが多い部分なので抜け毛が多くなってしまうのです。

まだそこまで進行していなければある程度カバーでき、ここで育毛剤を使い改善に向かっていればすぐにとは言えませんが十分回復することは可能です。しかし症状が進行してしまうと成長期の短い髪が増えてしまうので、一気に抜け毛が出てしまい急激に薄くなったと感じてしまうでしょう。前髪が細すぎる、あるいは全然伸びないため髪型でカバーすることは非常に難しいです。

ここでようやく薄毛改善に取り掛かっても、機能していない毛根も増えているので発毛しない可能性も考えられます。ある程度の発毛は出来るかもしれませんが、フサフサに戻る事は無いと考えて下さい。

頭頂部が薄くなるタイプ(O字型ハゲ)

AGAにより薄毛になりやすい箇所は頭頂部も挙げられます。実は前頭部よりも抜け毛が出やすく、日本人はこのタイプが非常に多いそうです。O字型タイプと言われています(俗に言うつむじハゲ)。場所が場所なので自分ではとても見づらく、症状が現れても気付きにくいでしょう。

そのため人から言われて初めて気付く事が多く、精神的なダメージを受けやすいといえるタイプでしょう。ただ症状が進行するとだんだん自身でも分かってくるようになります。かなり老けて見られてしまうのでなるべく早く育毛剤で治療をしていきましょう。

前頭部と頭頂部が同時に薄くなるタイプ(U字型ハゲ)

最も最悪なタイプが前頭部と頭頂部が同時に薄くなるタイプです。U字型ハゲとも言われ、広範囲が薄毛になってしまうのでかなり寂しい状態と言えるでしょう。年相応で薄毛になるのであれば致し方ないという思いがありますが、30代や40代の方がこのタイプを発症してしまうとかなり悲惨と言えます。

頭皮の3分の2ほど露出するわけです。やはり相当なインパクトを与えてしまうでしょう。もちろん自身は徐々に減ってくる様を見てきているわけですからダメージとしては深く残っています。ここで側頭部や後頭部はしっかりと残っているのでアンバランスさも感じてしまいますよね?

ただしU字型を発症してもまだ諦めてはいけません。育毛剤を使う事で完全ではないにしろ髪を取り戻すことが出来るかもしれないのです。まだ毛根が活動を停止(死んで)していなければ発毛の可能性があります。また単に抜け毛を防ぐ効果もあるので、育毛剤は一度使ってみるべきでしょう。

抜け毛は多くの方が抱える悩み

抜け毛は多くの方が抱える悩み

髪の悩みの代表として、抜け毛や薄毛があります。男性、もちろん女性にとっても非常に重要なパーツである「髪」。髪型やスタイリングによって見た目が変わるためすぐにその変化が分かりやすく、注目を浴びやすい部分です。いい方向に現れる事もあれば、逆に悪い方向に働いてしまうこともあります。

もしも抜け毛が気になり始めたら不安になりますよね?中高年であればある程度仕方が無いという諦めも生まれるかもしれませんが、若い方であればよりその不安は大きいでしょう。その事ばかり考えてしまい何も手につかなくなる、は言いすぎですが大きな悩みとなりストレスになることは間違いありません。

もし抜け毛が多くなったのなら必ずそうなってしまった原因はあります。その原因をいち早く取り除けられれば抜け毛を少なく済ませられるはず。いち早く手を打てば時間はかかりますがフサフサの髪に戻れます。そのための正しい対策方法・改善方法で悩みを解決させましょう。

正常な抜け毛の量はどの程度なのか?

髪も細胞です。新陳代謝により古い細胞と新しい細胞が入れ替わるのはご存知だと思いますが、髪の場合の新陳代謝は抜け毛です。毎日50~100本程度は抜け落ちていきます。ですからどなたでも毎日髪は抜け落ちているのです。

問題無いと判別される例は、長い髪が多ければ正常なヘアサイクル(髪の生え変わり周期)により抜けた髪なので安心しても大丈夫。薄毛になる可能性はほぼありません。恐らくこのパターンであれば薄げである心配はほぼ無いと言えそうです。

しかし細くて短い髪が多ければ薄毛の兆候が現れてきだしているかもしれません。見れば分かる通り、短い髪は成長しきっていないと思われる状態なので、このタイプの抜け毛が多ければなんらかの異常が現れているはず。

特に男性であればAGA(男性型脱毛症)を疑うべきです。その症状はヘアサイクルの成長期が極端に短くなってしまうので、髪の成長が止まって抜け落ちやすくなります。ブラッシングの際、シャンプーをした際、寝起きの際(枕元の抜け毛)に注意してみましょう。

抜け毛対策・薄毛の改善方法

自身で出来る抜け毛対策・薄毛改善はいくつもあります。育毛剤だけでなく、ちょっとしたことに気を付ければ簡単に抜け毛対策を行えるので意識して取り入れてみましょう。最初は確かに慣れていないためきつく感じるかもしれませんが、やがて習慣になるのでそれが当たり前の事になっていくので安心して下さい。いくつかの方法を簡単ではありますがご説明していきます。

生活習慣の改善

生活習慣の改善

原因についてでも記述をしましたが体を作るベースとなるものを整えなければ抜け毛は抑えられません。血流を活発にさせるために軽い運動をするでもいいですし、入浴をシャワーだけで済ませるのではなく、湯船に浸かる事で疲れを取ることも必要です。ストレスの解消にも繋がります。生活習慣を改善して抜け毛や薄毛の原因を減らしてあげることはとても重要です。

もちろん、先程も少し触れましたが睡眠不足も大敵です。薄毛だけではなく全ての病気に関わっている睡眠。髪にどのような効果があるのかというと成長ホルモンの分泌によって育毛・発毛が行われます。また、ただ長く寝ればいいだけではなくて「良い睡眠」を心がけなくてはなりません。

寝具が自身にとって適切であるか?睡眠の1時間前までにはスマートフォンやパソコンは見ない。またリラックスをするためにストレッチや頭皮マッサージを行うのも良いとされています。良い眠りはストレス解消にもなります。意識して睡眠も改善してみて下さい。

食生活を改善

体を作る上で必要な食事は、抜け毛予防、そして薄毛の改善にももちろん重要です。ただすぐに結果として現れる事がないのですが、諦めずに続けていきましょう。特に大豆製品は女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用をもたらすため、男性ホルモンが原因であるAGAにはとても有効です。女性に関してはイソフラボンの過剰摂取はあまり推奨されないようですが、男性にとってはそこまで危険ではありません。ただ一応注意はするべきでしょう。サプリメントで取る場合は手軽なためつい多めに飲んでしまうこともあるので注意して下さい。

ビタミンやミネラルもそうです。食品であればレバーや牡蠣、ウナギ、ブロッコリー、赤・黄ピーマンなどが髪に良いとされています。普段からバランス良く食べるのは難しいのでサプリメントで補うことも1つの方法なので実施してみましょう。もちろんこれらも過剰摂取は禁物。特に亜鉛は中毒症状を起こす可能性があるためどの成分も適量を毎日とるようにして下さい。なるべくならば食品からとる事が良いので、出来る限りはうまく取り入れてみて下さい。

シャンプーに気を使ってみる

シャンプーに気を使ってみる

シャンプーはほぼ毎日されているかと思いますが、シャンプーのやり方に問題があと抜け毛が増えてしまう恐れがあります。ですが正しい方法に直せば抜け毛・薄毛の対策が出来るのです。

まずは自身にあったシャンプーを見つけましょう。頭皮に優しいシャンプーを選ぶとダメージを少なくすることが出来るので頭皮トラブルを予防することができます。おすすめはスカルプシャンプー。頭皮・髪に優しいアミノ酸系の商品がほとんどなので刺激が少なく使いやすいと思います。

また、頭皮に良い成分を多く配合していますので、育毛や発毛のアシストが可能です。薄毛にお悩みであればぜひ手にとってみて下さい。より薄毛が進行しているのであれば薬用シャンプーを試してみるのもいいかもしれません。

スカルプシャンプーよりも抜け毛予防効果がありますが、値段は高めです。

シャンプーの仕方にも気を付けなければなりません。まずは軽くブラッシングをして髪のほつれや汚れを落とします。続いて十分に髪を濡らします。これだけで大半の汚れは落ちるそうです。そしていざシャンプーを付けて洗うのですが、直に付けるのではなく手のひらで泡立ててから付けて下さい。刺激が弱まるためです。

そしてしっかりと指の腹でマッサージするように洗っていきます。そしてすすぎは十分に行いましょう。頭皮にシャンプーが残っていると炎症になってしまうため。朝にシャンプーをするのは良くないと言われますが、それは十分に洗い流さないためです。時間に追われるからですね。なので朝に行う場合は余裕を持って行いましょう。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージは地味に見えますが毎日続けることで血行が良くなり、髪の成長や発毛を促してくれる効果があります。これによって抜け毛や薄毛が改善することは大いに期待ができます。血行が悪い証拠として頭皮が固くありませんか?薄毛の方はそういう状態が多いといいます。マッサージを続けることで柔らかくなっていきます。すなわち血行が良くなってきている、という事です。

やり方は指の腹で行うこと。決して爪を立ててはいけません。傷をつけてしまうためです。AGAの場合はよりデリケートな状態になっているので特に注意をして下さい。頭皮の血行を良くするツボがいくつかありますのでそれを押していきましょう。「百会」や「風池」などが有名です。

百会は両耳からまっすぐ、そして眉間と交差する位置にあります。あくまでも気持ちいい強さで押して下さい。あまり痛いと辛いので。続いては風池です。結構難しい場所にあるのですが、側頭部の出っ張りのへこみ部分にあります。ここも適度な強さで押していきましょう。血行促進や頭痛の緩和に効果があると言われています。

またマッサージ店で頭皮マッサージをしてもらったり、ヘアサロンでヘッドスパをするのもかなり気持ちいいと思います。すぐに効果があるわけではありませんがストレス解消にもなるので、余裕があればぜひ実施してみましょう。

スタイリング

育毛剤で薄毛改善中の方は、効果が出てくるまでにしばらく時間がかかり、現状のままと言えます。今までの髪型はどうしていましたか?「自分は薄毛だから」という諦めであまり気を使われなかったのではないでしょうか?そこでスタイリングを上手にすることで薄毛をカバー出来ます。

髪型を保つのであればワックスやジェルなどで整えるのが常識ですが、薄毛の方は頭皮も弱っている状態です。付けるのであればごく少量でなるげく毛先に付けるようにしましょう。髪の根元に付くと毛穴が塞がれてしまい抜け毛に繋がるのだとか。また少しでもカバーしようと思い伸ばすのも逆効果!失礼な例えになりますが、まるで落ち武者のような出で立ちとなり非常に不潔です。しかもより薄毛の部分が目立ちます。

なので薄毛の方はなるべく短髪にして清潔感を演出しましょう。また薄毛も目立ちにくくなります。ワックスを付ける量もごく少量ですむので頭皮トラブルも起きにくくなるでしょう。いっそのこと坊主頭にするのも1つの手です。海外の俳優をイメージしてみればそこまで抵抗はありません。

まずはなによりも清潔感を意識し、美容室もメンズ専門店など普段慣れているような美容師がいる店に行くのもおすすめです。合う髪型を提案してくれるはずです。またしばらく坊主でいるならばバリカンを買えば散髪代がいらないため経済的。育毛剤の効果が出だしたらまた伸ばしていく、という事も出来るので悲観せずに行きましょう。

育毛剤を使う

抜け毛対策として育毛剤を使うことを思い浮かべる方はとても多いのではないでしょうか?その中では医薬品指定の育毛剤もありますので、なるべくそれを使いAGAの治療を行うのが望ましいです。市販の育毛剤とは全く違うことが分かるはず。市販の育毛剤は相性の差が大きく、しかも「発毛効果が認められない」商品がほとんどです。

AGAは早めに対策をしないと手遅れになってしまうので、出来る限り早いうちに医薬品指定の育毛剤(AGA治療薬)を使い、症状の改善を図りましょう。

pagetop