title

バルトレックスは飲み方の効率が良く、再発予防効果にも期待大!

バルトレックスの飲み方はとても簡単

バルトレックスの飲み方はとても簡単

バルトレックスはヘルペスに感染した際に使う抗ウイルス薬です。主成分のバラシクロビルはそのままの状態であれば不活性なものの、体内でアシクロビル(ゾビラックスの主成分)に代謝される事で吸収率が高くなりました。抗ウイルス薬としては第二世代と呼ばれています。

それにより服用回数が1日2回で済むので、ゾビラックスと比べると飲み方も簡単になり使い勝手が増しています。このような薬をプロドラッグといい、バルトレックスは特に有名です。どのヘルペスの治療にも使え、発症してから72時間以内に飲むことで重症化を防げます。

各ヘルペスによって用量、飲み方が変わるので下記を参考にしてみて下さい。

・口唇ヘルペスを発症した場合の飲み方
 1日2回(1回500mg・1錠)
・性器ヘルペスを発症した場合の飲み方
 1日2回(1回500mg・1錠
・帯状疱疹を発症した場合の飲み方
 1日3回(1回1000mg)
・水疱瘡を発症した場合の飲み方
 成人か体重が40kgを超えている小児の場合、1日3回(1回1000mgで小児は顆粒を推奨)

単純ヘルペスは再発する可能性があり、どなたにでも起こりえます。再発した場合の症状は軽度だと言いますが、頻繁に繰り返す事になれば心身にかなりのストレスがかかるでしょう。特に性器ヘルペスに関してはその予防が保険適用で出来るようになりました。「再発抑制療法」といい、2006年に承認されたのです。この方法については後ほどご説明致します。 保険が適用されるようになりましたが、それでも病院で処方された薬の値段は十分高いものです。ヘルペスは再発の多い病気なので、いつ身体の状況が変化して症状が出るか分かり難いものです。安心のためにバルトレックスを常備したい方には海外からの通販での購入がおススメです。

バルトレックスの特徴

バルトレックスの特徴

バルトレックスは抗ウイルス薬のひとつで、ヘルペスの治療に適している薬です。主成分のバラシクロビルが体内で作用する事で、ヘルペスウイルスの増殖を止め、症状を緩和していきます。成分の吸収率が高くなったため、飲み方の負担も軽減し、1日5回行わなければならなかったのが、1日2回ですむようになったのです。

そのため現在ヘルペス治療薬としては第一選択になっており、ジェネリックも多くのメーカーから発売されています。また性器ヘルペスを1年に6回以上繰り返してしまう方には、バルトレックスを最長で1年毎日飲み続け抑えるという方法も取られており、ヘルペス治療において重要な薬といえるでしょう。

そのバルトレックスについて、なぜ成分の吸収率が高くなり飲み方が簡略化されたのか?また副作用、購入方法、そして先述した再発抑制療法についてもご紹介を致します。

ゾビラックスのプロドラッグ

バルトレックスはプロドラッグという形態の薬です。そのままでは不活性ですが、体内に吸収された後、酵素で代謝されることにより薬の形が変わり、作用し始める薬の事です。プロドラッグ化のメリットはいくつかありますが、バルトレックスでは成分の吸収率が高まり、飲み方が変わった点でしょう。

実は主成分のバラシクロビルは元々ゾビラックスの主成分アシクロビルです。ヘルペスの治療の際には必須であることは皆さんお分かりだと思います。しかし何がネックかというと飲む回数が多いため、非常に面倒でした。なぜならば吸収率が悪くすぐに薬効が消失するため、飲み続ける必要があったのです。アシクロビルを服用し、腸から吸収されて成分が効く割合は20%ほどと言われています。

そのためプロドラッグ化することで吸収率をアップさせ、飲む回数を減らせるようになりました。バルトレックスの成分バラシクロビルの場合、体内で吸収される割合は54.2%と非常に高くなっています。さらに副作用の発現も少なくなるというメリットが生まれたため、確実に使い勝手が良くなっているのがバルトレックスの特徴といえるでしょう。

バルトレックスの効果

ウイルスが増殖するためには宿主(ここではヒト)の細胞を利用しなければなりません。ヘルペスウイルスがヒトの細胞に入る事で(感染)、DNAを複製していき、時間が経つごとに増殖していきます。その複製を行うためにはDNAポリメラーゼという酵素を利用しなければなりません。また、その役割を果たすためにはデオキシグアノシン3リン酸という物質が必要不可欠です。

増殖し続けてしまうと、症状は悪化する一方です、それを止めるためいち早くバルトレックスを使います。先述したようにゾビラックスのプロドラッグであるバルトレックスは、吸収率が高くなっているので効果が持続します。飲む回数が少なくなっている理由です。

それはともかくとして、なぜ増殖を止める事が出来るのか?実はバルトレックスの主成分であるバラシクロビルは(正確に言えば代謝されてアシクロビルに変換されていますが)、増殖に必要不可欠なデオキシグアノシン3リン酸と非常に良く似た構造をしています。

構造が似ているということは、間違えてアシクロビルも取り込んでしまうという事です。するとDNAポリメラーゼが阻害され、その結果ヘルペスウイルスは増殖出来なくなってしまいます。しかもこの作用は正常な細胞には行われません。ウイルスにのみ毒性を発揮するため、バルトレックスは副作用の発現が少なく安全に使える薬と言えるでしょう。

バルトレックスの副作用

バルトレックスの副作用

プロドラッグ化された事で成分の吸収率が高くなったバルトレックス。しかもメリットはそれだけではありません。副作用が出にくくなった事も挙げられます。とはいえ元になっているゾビラックスについても副作用の少ない安全な薬と言えました。

しかしどの薬にも言えますが、体質や体調面により必ずしも起きないというわけではありません。もしも何らかの異変を感じた場合にはすぐに医療機関へ行き判断を仰ぎましょう。以下、バルトレックスで起きる副作用の一例になります。

  • ・発疹
  • ・目眩
  • ・お腹を下す
  • ・痒くなる
  • ・気持ち悪くなる
  • ・頭が痛くなる
  • ・眠気
  • ・痙攣

ほとんど起こらないと言われていますが重大な副作用も報告されています。確率としては1%未満とも言われていますが用心に越したことはありません。いつもと何か様子が違うと感じたらすぐに医療機関へ行き、医師に報告をして下さい。以下がその例です。

  • ・アナフィラキシー(バルトレックスによるアレルギー反応)
  •  蕁麻疹や息苦しさなど
  • ・間質性肺炎
  • ・急性腎不全
  • ・精神神経症状
  •  (妄想や意識がぼやけてしまったりなど)

主成分のバラシクロビルは腎臓で代謝されます。そのため腎臓の悪い方は服用を控えて下さい。うまく排泄が行われないため、血中濃度が維持されたままになり副作用が現れやすくなってしまうためです。また急性腎不全は多めの水を飲むことによって防ぐことが出来るので、飲み方もちょっとだけ工夫を行ってみると良いと思います。

バルトレックスの剤形

バルトレックスの剤形は錠剤と顆粒の2種類でどちらも内服になります。ゾビラックスのように錠剤・軟膏・注射と豊富ではありません。そのためヘルペス眼炎・脳炎などを発症した場合にはゾビラックスを使いましょう。それではバルトレックスの剤形について簡単なご説明を致します。

バルトレックス錠

多くの方はこちらのタイプを処方されるでしょう。有効成分のバラシクロビルを500mg含有しています。口唇ヘルペス、性器ヘルペス、帯状疱疹とどの症状にも使え、飲み方も負担にならない回数で使いやすいです。そのため現在のヘルペス治療にあたり最も使われているといっても過言ではありません。

バルトレックス顆粒

成人・小児どちらも使えますが、主として小児に処方される場合は顆粒のほうが多いようです。内容量は1gでバラシクロビルが500mg含有されています。錠剤と同じですね。小児に良く使われている理由は、体重別に細かく重量を決めなければならないため。こちらの方がグラム数を細かく調整出来るので使いやすさがあるみたいです。飲み方はドリンクよりアイスなど柔らかい食べ物と混ぜてみましょう。苦味を感じにくくなります。

バルトレックスで性器ヘルペスの再発予防

口唇ヘルペスではなく、性器ヘルペスになりますが、バルトレックスを使い再発を抑え続けていく「再発抑制療法」があります。ゾビラックスやファムビルでも出来る事は出来ますが、バルトレックスが最も適しているのです。2006年に添付文書へ追加されました。

再発抑制療法が適応されるケースは「性器ヘルペスの再発が年に6回以上起きる方」が対象です。再発は1度や2度ならば少々のダメージですみますが、これが1ヶ月に1回起きるか起きないかと思った場合かなりのストレスになると思います。そこでこの方法で再発を抑えるのです。

世界では既にポピュラーな方法となっており1年を目安に行っていきます。飲み方は1日1回だけですみますので負担は少ないでしょう。再発抑制療法を開始してから1年間の間に再発されなかった方は40%も増えたというデータがあります。またパートナーへの感染リスクも合わせて低くなるため、実施しない手はありません。

ただしバルトレックスを長期間使うため、腎機能のチェックは定期的に行ったほうが良いでしょう。それに伴い、腎機能が弱い方はこの方法を行うことは推奨されません(バルトレックスの使用自体控えるように言われている)。注意点もありますが、このケースに当てはまる方にはかなりおすすめです。

バルトレックスの購入方法について

バルトレックスの購入方法

バルトレックスは薬の中でも高い部類に入ります。もしも事情により保険適用されない場合、医療費はかなり高額になることを知っておかなければなりません。ただ最近では、医療機関で処方が多いのはバルトレックスのジェネリックではないでしょうか(もちろんバルトレックスを選ぶことも可能)。

比較をするとおよそ半額程度は価格が違います。だからといって効果が弱いとか、飲み方が違うとかそういった事はありません。ジェネリックは効果効能が同等でなければ承認されませんのでそこは問題ないと言えます。

バルトレックスもジェネリックもともに、処方箋医薬品です。そのため薬局では購入出来ません。必ず医療機関へ行き、医師から処方箋をもらう必要があります。ヘルペスは急に発症し、特に再発の場合は痛みはあるもののそこまで気にならない方もいらっしゃると思うので、医療機関へ行けるタイミングが無いとしばらく放置しがちではないでしょうか?

                                                                                                                             特に再発した場合に良く当てはまります。初めて発症した時よりも症状は弱いですが、放置は危険なので油断はしないで下さい。症状が進行してしまう可能性も十分考えられるためです。そのリスクを回避するためには出来るだけ早くバルトレックスを使いウイルスの増殖を防がなければなりません。72時間以内に服用することが望ましいとされています。

出来れば医療機関で診察してもらいたいところですが、先述したようにタイミングがなかなか取れないという方、医療費の問題で行きづらい方など、医療機関に行けない場合も考慮しなければなりません。その時に役立つのが、海外医薬品の通販です。

海外医薬品の通販で購入

海外と付くためなにやら小難しそうに思えますが、普段使っているような通販サイトと購入の仕方はほとんど変わりません。商品が薬(処方箋医薬品含む)に置き換わっただけです。その中のひとつにバルトレックスがあります。

  海外で販売されている薬を自宅や職場にいながら購入でき、しかも医療機関よりも価格が安いため、多くの薬は通販で購入した方がトータルで見た場合費用を抑えられるのです。保険は適用されませんが診察費や処方料といった、医療機関でかかる諸費用がかかりません。また交通費も微々たるものですが必要になる可能性もあるでしょう。そのため通販でバルトレックスを購入した方がお得になるのです。

通販でもバルトレックスのジェネリックを選ぶ事が出来ます。もちろん海外の製薬メーカーが販売するものなので、聞いたことがない企業名かもしれません。そのため本当に効果があるのか不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ですがご安心下さい。むしろ海外の方がジェネリックの需要は高く、品質も決して国内メーカーより劣っているわけではないので、購入に躊躇しなくても大丈夫です。世界規模でジェネリックを供給しているので、むしろ信用が無ければ販売されることはないでしょう。この後海外メーカーから販売されている製品について解説致します。

海外製ジェネリックのバルシビル

バルシビル

海外製バルトレックスのジェネリックで非常に有名なのがこちらのバルシビル。インドに本社を置くシプラ社という製薬メーカーが販売しています。日本ではほとんどと言っていいほど馴染みがありませんが、海外ではかなりの需要があるそうです。各地域に製薬施設があり、しかも国から承認を得ているため製造している薬の品質はとても高いといえるでしょう。

バルシビルは1錠あたり約150円から購入できるため、医療機関で処方される場合とそこまで変わりはないと思います。ただ先述の通り、諸費用が必要無いため、費用の節約が可能です。もちろん効果は同等であり、飲み方も変わりません。バルトレックスの用法用量通りにお使いいただけます。

海外製ジェネリックのセントレックス

セントレックス

こちらもインドの製薬メーカー(センチュリアン社)から販売されているバルトレックスのジェネリックです。センチュリアン社はインドを始め東南アジアや中東、ヨーロッパにも製品を輸出しています。セントレックスもウイルスが増殖のピークを迎える前に飲むことで症状の悪化を抑えるので、出来るだけ早く使いましょう。

ただ500mg錠のみで1000mg錠はありません。そのため半分にして使えるバルシビルと比較をしてみるとそこまで価格は変わりません。セントレックスはややマイナーかもしれません。ただ当然ではありますがヘルペスの治療はしっかりと行えますので安心して下さい。

バルトレックスは使い勝手が良い

バルトレックスについてのまとめ

バルトレックスは現在ヘルペスの薬で最も需要があります。ゾビラックスと比べて飲み方は簡単になりましたし、性器ヘルペスの再発も予防出来ます。そして副作用も少ないという使い勝手の良さが理由です。しかし価格はファムビルと同程度と高いのが難点。

価格面がネックと感じるのであればゾビラックスを使う、あるいはバルトレックスのジェネリックを使うという方法で費用の節約が図れます。近年では海外医薬品の通販がとても人気なのでこちらを利用しても良いでしょう。ただし信頼できる通販サイトを選ぶことがとても重要です。

注意点を守ることで再発にお悩みの方はストックも容易で、いつでもバルトレックスを使う事が出来るようになります。ヘルペスは症状を確認したらすぐに薬を飲むことが最も重要ですから助かりますよね。バルトレックスを有効に使い、ヘルペスを治していきましょう!

参考:バルトレックス(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)

バルトレックスのジェネリック

バルトレックスのジェネリック

ヘルペスや帯状疱疹の治療薬であるバルトレックスはバラシクロビルを主成分とした先発医薬品です。先発医薬品とは最初に発売されたいわばオリジナルの薬です。対して先発医薬品の特許が切れた後に同じ成分、効果で作られた薬を後発医薬品、ジェネリック医薬品と呼ばれます。副作用に関してもジェネリックだから現れる特別な症状はありません。先発医薬品に比べ後発医薬品のジェネリックは安価にて販売されています。

薬としての効果の高い薬は必ずジェネリックが作られています。バルトレックスも同様です。

現在日本の国内だけでも29社がバルトレックスのジェネリックを製造しています。しかしこれらは全て医療機関で処方されたものしか購入はできません。処方された薬の値段は先発医薬品で1錠400円程度、ジェネリックでは半額の1錠200円程度です。

これは日本の値段ですが、ジェネリックの普及が進んでいる海外ではさらに安い値段になります。

海外ではちょっとした病気になっても病院へは行かず、自分たちで薬を買って治すのが主流です。さらに処方箋が必要ないため、日本よりも安価での購入が可能です。

値段は先発薬が1錠142円~、ジェネリックは1錠122円~です。

ヘルペスは非常に再発率の高い病気です。海外の通販を利用し購入しておけば、再発する度に病院に行かずに自宅で治療する事ができます。

ジェネリックがお得な理由

バルトレックスのジェネリック

前述にあるようにジェネリックは先発薬に比べ非常に安価で販売されます。近年では大分ジェネリックも一般化していますので、仕組みを理解されている方は多いと思います。

知っている方は飛ばして次の項目へ進んで下さい。もう一度確認しておこうという方はこのまま読み進めて下さい。

先発薬は製薬会社が成分を研究し、開発を勧め特許を取得し最初に発売する薬の事ですが、この期間に多くの時間と開発費が投入されます。特許を取得している為、その間(20~25年)は他の製薬会社が同じ成分の薬を製造することはできません。特許が施行されている期間で、これまでの開発費の回収が出来るようにする措置が取られています。先発薬が多少高い値段になるのはその為です。

しかし特許が切れると、先発薬は最初に開発・製造した会社の財産ではなく、国民全体の財産へと捉えられる事になります。

そこで他の製薬会社は申請をし、同じ有効成分を使ってジェネリックを製造・販売する事ができるようになります。ジェネリックとは英語で「普及した」「一般的な」という意味です。

ジェネリックは既にある薬と同成分を使用する事ができるため、開発にかかる費用が軽減されます。開発費の回収は必要ないため、先発薬に比べ安価(約半額)での販売が可能になります。

日本でこれほど安くなるジェネリックですが、海外に目を向けてみるとどうでしょう。

ジェネリックで有名なインドは「世界の薬工場」と呼ばれるほど薬の製造が盛んな国です。およそ世界に流通しているジェネリックの約1/5がインドで製造されています。今なお輸出総額は成長を続けている大きな産業となっています。

世界中で需要がある最大の理由がその価格です。インドの人件費は非常に安いので安価での提供が可能だと言われています。例として日本と比べると平均月収は日本の1/10程度です。これが日本で処方される薬の値段の1/3ぐらいの値段で購入できる理由です。

さらにインド製ジェネリックは品質の良さもあります。世界での大きなシェアもその裏付けになります。

現在日本で海外の通販で購入するほとんどのジェネリックは、インドで製造されたものです。その多くはインド国内でもトップの製薬会社によって作られています。中には社員15000人を超える大きな会社や、世界の薬の製造でトップ10に入る会社もあります。

世界各国での使用実績や、安全面でもから見ても十分信用できると思います。

インド製ジェネリックは心配される方もいますが、値段が安いのには理由があり、世界が認める品質の高さもあるので安心して使用する事ができることがお解りいただけたかと思います。

バルシビル

バルシビル

バルシビルはインドのシプラ社が製造している、バルトレックスのジェネリックです。その為作用機序はバルトレックスと同等のものとなります。

有効成分はバラシクロビルが配合された感染症の治療薬で、ゾビラックスの成分アシクロビルと同等の効果があります。しかしアシクロビルは吸収されずらい性質から1日に複数回服用が必要な薬です。

このバラシクロビルは非常によくできた構造をしていて、吸収されにくいアシクロビルに腸内で吸収されやすいアミノ酸(バリン)が結合されています。アミノ酸は重要な栄養素の為に、腸が反応して積極的に取り込みます。取り込まれたあと、体内にある分解酵素によりアミノ酸の部分が切り離されます。するとアシクロビルになるという訳です。このように一旦体内で代謝されてから、作用が出始める薬をプロドラッグといいます。

バルシビルはバルトレックスと同等の効果が有るため、単純ヘルペスウィルス1型・2型、水痘・帯状疱疹ウィルスに効果があります。

対象の症状 口唇ヘルペス、性器ヘルペス、角膜ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹

バラシクロビルの成分の薬は日本では薬価が高いものが多いですが、海外製のジェネリックであれば安価で購入ができます。 再発予防にも効果があるので、再発させないためには長期間の服用が必要となります。あらかじめ常備しておけば、病院に行く手間も省けるので便利です。

セントレック

セントレックス

セントレックスはインドのセンチュリオン・ラボラトリーズが製造している、バルトレックスのジェネリックです。

同じジェネリックであるバルシビル同様、有効成分バラシクロビルが配合された感染症の治療薬で、ゾビラックスの成分アシクロビルと同等の効果があります。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスなどの単純疱疹や帯状疱疹の治療、再発防止の効果があります。症状が出始めると皮膚や粘膜に水ぶくれができ、そのまま放置すると炎症をおこして痛みが出る場合があります。セントレックスはヘルペスウィルスの増殖を抑え症状を治療します。ジェネリックの為、病院で治療薬を処方してもらうより安価で購入ができるのでおススメです。

セントレックスは副作用も少なく、出る場合も軽いので安心して使用する事ができます。それでもどんな薬には副作用はあるもので、主にみられるものとして頭痛、眠気、吐き気、下痢などがあります。

ヘルペスの治療はなるべく早めに治療薬を飲むことが先決です。もし何度も再発を経験されている方ならご承知と思いますが、「そろそろかも」と感じる事があると思います。そんな時に手元にセントレックスがあればすぐに治療する事が出来ます。

海外からの通販では手元に届くまで時間がかかりますので、あらかじめ購入して常備しておくのがベストです。

pagetop