title

睡眠薬の種類とその特徴・不眠症を改善する薬

不眠治療薬のルネスタ

不眠治療薬のルネスタ

ルネスタは2012年に発売された睡眠薬で、非ベンゾジアゼピン系で超短期作用型の睡眠薬に分類されます。アモバンを改良したとも言われている薬で、アモバンの特徴であった苦味を抑え、さらに副作用を軽減された薬となっています。

そのため、向精神薬と指定されてしまったアモバンの代わりとしてルネスタは非常に人気の睡眠薬と注目を集めています。また、デパスハルシオンマイスリーといった薬を睡眠薬として使用していた方でもルネスタを使用すれば満足のいった効果を得ることが出来ると言えるでしょう。

ルネスタは非ベンゾジアゼピン系に分類されるため、不眠症の症状の中でも入眠障害のみに効果があるとされており、中途覚醒や早朝覚醒といった症状には効果がないと言えるでしょう。そのため、入眠障害でお悩みの方の場合はルネスタを使用して改善するのが良いとされています。

多くの睡眠薬が向精神薬と指定されてしまい、購入することができなくなりましたが、ルネスタは現在でも通販で購入することが出来る睡眠薬です。また、ルネスタのジェネリックであるハイプナイト、フルナイトといった睡眠薬もルネスタと同じ効果で格安で販売されているので、気になる方は通販サイトをチェックすると良いでしょう。

ルネスタの効果

ルネスタというのは先程も説明した通り、非ベンゾジアゼピン系に分類され、超短時間作用型の睡眠薬となっています。超短時間作用型の睡眠薬というのは即効性がとても強く、4時間~5時間程度で効果がなくなるため、入眠障害にはとても効果が高いとされている睡眠薬です。

入眠障害というのは、30分~1時間以上寝付く事が出来ない状態とされています。原因としては寝る前にネガティブな事を考えてしまったり、メラトニンと呼ばれる自然な睡眠を導くための物質が分泌されていないため、起こってしまうと言われています。

ルネスタはこの入眠障害にとても効果的とされており、ルネスタを服用すると15分~30分程度で眠りに導かれます。また、効果の持続時間も短いため、朝起きた際に眠気が取れないということも少なくなっています。ルネスタの効果自体はとてもアモバンと似ているのですが、アモバンの苦味をかなり抑えた薬となっているため、過去にアモバンを使用していたという方や、アモバンを使用したけど苦味が嫌だったという方でもルネスタなら安心して高い効果を得ることができます。

また、非ベンゾジアゼピン系となっているので、デパスやハルシオンなどのベンゾジアゼピン系と同等の効果をもち、副作用をかなり少なくされています。アモバン以外にもデパスやハルシオンを服用していた方なら副作用を気にすることなく高い効果を得ることができます。

ルネスタが効果的とされているのは基本的には入眠障害のみです。その他の不眠症の症状にはさほど効果は期待出来ませんので、中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害といった不眠症を抱えてしまっている方は他の睡眠薬を使用するようにしましょう。

ルネスタの成分エスゾピクロン

ルネスタにはエスゾピクロンという成分が主成分として使用されています。このエスゾピクロンは脳の神経を鎮めてくれる作用があるのです。不安、緊張感といった気持ちをほぐし精神状態をリラックスさせ、自然に近い形で眠りに導いてくれます。

ルネスタを服用し、主成分であるエスゾピクロンが体内に入ることで、脳内にある神経性アミノ酸のGABAの受容体と結合されます。GABAとの結合がされることで作用を高め、睡眠、鎮静効果が高く発揮されるのです。

エスゾピクロンは臨床試験も行われており、その結果から確かに効果はあるとされているのです。プラセボと呼ばれる何も入っていない薬とエスゾピクロンが含まれた薬を比較するために不眠症の患者を対象に臨床試験が行われました。

この時の判断材料というのは、就床から入眠までどの程度時間がかかるかという結果です。結果としては、エスゾピクロンを服用した方は平均にしてポリグラフ検査の場合は約11分、主観の場合は25分と結果が出ました。そして、プラセボを服用した方の場合はポリグラフ検査で約23分、主観の場合は45分と結果が出ました。

ここから見て分かる通り、エスゾピクロンを服用することで確かな効果があるというのは実証されています。単純計算で半分以上も時間を短縮することが出来ているのです。

先程、ルネスタは入眠障害にのみ効果があると説明しましたが、実はエスゾピクロンの臨床試験によって中途覚醒の有効性も示されています。ですが、効果の持続時間なども見てみると、中途覚醒にも効果があると感じる方もいれば、感じない方も存在すると言えるでしょう。

絶対的に中途覚醒にも効果はあるとは言えないため、期待して服用すると残念な結果を生んでしまうかもしれません。入眠障害には高い効果を発揮するため、服用はおすすめです。

ルネスタの即効性

ルネスタというのは超短時間作用型に分類されているため、とても即効性に優れた薬です。服用して15分~30分程度で効果を発揮してくれます。主成分であるエスゾピクロンの臨床試験でもこれは実証されているので、期待していても良いでしょう。ですが、即効性が高いため、寝る準備を全て終えてからではないとルネスタの服用は危険です。

ルネスタを服用してから寝る準備やら色々としてしまうと、ルネスタの血中濃度が最高値に達したタイミングを逃してしまう可能性があります。簡単に言えば最大限の効果を発揮したタイミングで寝れないということです。

ルネスタの血中濃度が最大値に達するまでに要する時間というのは0.8時間~1.5時間程度です。この時間まで効果がないということではないので、勘違いしないようにしてください。ルネスタを服用すると徐々に効果が効いてきて、0.8時間~1.5時間程度で最大限の効果が発揮されるということです。ほとんどの方は血中濃度が最大値に達する前に寝てしまいますが、重度の不眠症の方の場合はこの時間まで経たなければ寝れないという方もいるそうです。

先程も説明したように、ルネスタを服用してから寝る準備などをしてしまうと最大限の効果のタイミン後を逃してしまう事がありますので、服用する際は必ず寝る準備を終えてから服用するようにしてください。

ルネスタの半減期

半減期というのは血中濃度が最大値に達し、そこから半分以下になるまでの時間というものです。効果の持続時間と似たようなものがありますが、詳しく説明すると少し異なってきます。

ルネスタというのは超短時間作用型となっているため、半減期も短いです。つまり、効果の持続時間も自ずと短いということです。睡眠薬の主な半減期の一例としては下記の通りになります。

超短時間型~半減期が2~4時間
短時間型~半減期が6~10時間
中時間型~半減期が12~24時間
長時間型~半減期が24時間以上

上記のものはあくまでも目安ということになりますので、絶対にこちらに当てはまるというわけではありません。服用する方の体質だったり、その日のコンディションでも変化されていくため、毎回同じ半減期ということでもありません。

ルネスタは超短時間作用型となっているため、上記の通りだと半減期は2時間~4時間となりますが、実際は4.83時間~5.16時間とされています。上記で紹介した一例よりも多少長く持続時間があることが分かっています。人の睡眠時間というのは平均にしたら6時間とされているため、起きる頃にはルネスタの効果も無くなりスッキリ目覚めることができるでしょう。

ルネスタの副作用

ルネスタの副作用

ルネスタというのは比較的安全性の高い睡眠薬です。過去にベンゾジアゼピン系という睡眠薬が主流となっていましたが、こちらは副作用や耐性、依存性といったものが酷く、問題とされ今では向精神薬と指定されていました。ルネスタは非ベンゾジアゼピン系となっていますので、ベンゾジアゼピン系での副作用もかなり少なくなっています。正しい服用方法を守る限りはまず副作用が起きないといっても良いでしょう。

ルネスタを服用して副作用が発症する確率というのは7%程度と低い数値であることが分かっており、睡眠薬の中でもかなり副作用が発症するリスクが低い薬と言えるでしょう。

ですが、それも体質によっては異なってきますので注意が必要です。副作用が一切出ないという方もいれば、体質的に副作用が強く出てしまって服用出来ないという方も存在します。また、人によっては翌朝に効果を繰り越してしまい眠気やめまいといった症状が発症したり、倦怠感や脱力感が残ってしまう事があります。

それ以外にもショートスリーパーの方だったり、体質的に薬の代謝が遅いという方の場合は比較的副作用が発症してしまう可能性が高いので注意してください。また、高齢者の場合は副作用のリスクというのを高めてしまう可能性がありますので、十分に注意して服用するようにしましょう。

もしもルネスタを服用して副作用が毎回のように発症し、改善できないようであれば医師、または薬剤師に相談するようにしてください。

ルネスタの依存

依存というのはルネスタを服用し続ける事でルネスタなしでは寝ることができなくなるといった症状です。これは身体がルネスタに対して耐性がついてしまい、ルネスタの成分が毎日身体に入ると脳が記憶してしまって起こる症状です。基本的にルネスタに依存というのは少ないですが、服用日数が長かったり、服用量が多かったりする場合は発症してしまう可能性が高いので十分に注意してください。

ルネスタに依存してしまうと不眠症が改善されなくなったり、日常生活で支障をきたしてしまったりする可能性がありますので、ルネスタを毎日服用したり、かなりの量で服用するといった行為はしないようにしましょう。

ルネスタの離脱症状

ルネスタの離脱症状

離脱症状というのはルネスタに依存してしまい、ルネスタを服用しない時に起こしてしまう症状です。主にイライラ強い不安感震え混乱幻覚けいれん不眠といった症状を発症させてしまいます。これは寝る際ではなく、日中などでも発症させてしまう可能性がありますので十分に注意が必要となってきます。

基本的にルネスタに依存していなければ離脱症状といったものもありません。ですが、服用日数が長かったり、服用量が多かったりした場合はルネスタに依存してしまい、ルネスタが身体に入ってこないと離脱症状を引き起こしてしまう事があります。

ルネスタに依存してしまって離脱症状を引き起こしているという方は少しずつ改善していかなければなりません。離脱症状が嫌だからルネスタの服用を辞めないとなると、症状としてはどんどん悪化していき、改善するのにかなりの日数が必要となってしまいます。

離脱症状を出さないためにも、ルネスタを断薬したり、服用量を少しずつ少なくしたりして改善していきましょう。もしも自分で不可能という場合はすぐに医師へ相談しに行くようにしてください。

ルネスタの飲み合わせ・食べ合わせ

ルネスタはとても効果が高く副作用の少ない睡眠薬とされていますが、飲み合わせや食べ合わせを気にせず服用してしまうと思わぬ副作用を招いてしまう危険性がありますので、必ずチェックしてからルネスタを服用するようにしてください。

下記のものがルネスタと併用をしてはいけないとされていますので、十分に注意するようにしてください。

抗うつ剤、安定剤、精神や神経系に作用する薬
結核治療薬のリファンピシン
抗真菌薬のイトラコナゾール
アルコール
カフェイン

上記のものはルネスタを服用すると決めた際は必ず併用しないようにしてください。カフェインに関してはルネスタの効果を弱めてしまうだけとされていますが、その他の場合は副作用のリスクをかなり高めたり、思わぬ副作用を発症させてしまう可能性がありますので、必ず併用しないようにしてください。

ルネスタとアルコール(お酒)

お酒と女性

どのような治療薬を服用する際は基本的に水と一緒に飲むのがよいと言われています。お酒との服用は危険だと一般的には知られていますが、ルネスタも同様にお酒と一緒に服用したり、お酒を飲んだ後に薬を飲む事は体にとって悪影響を与えるため危険です。

ルネスタの作用として直接脳にある中枢神経を抑制する働きがありますが、お酒に含まれるアルコールと同時に摂取した場合やアルコールが体内で残っている場合は薬の作用が薄くなったり効果が出すぎて急激に眠気が襲ったりする場合があります。そうなると薬の効果が全く予測できなくなり、自身の体に与える影響力は計り知れません。

お酒を飲む場所は自宅とも限らず外出先の可能性も十分にあります。もし薬の効果が出すぎた場合、外出先から自宅に帰るまでの間に眠ってしまう可能性があるのです。自身の体を全くコントロールできなくなると考えたら恐ろしいです。

場合によっては薬やアルコールを分解する肝臓に大きな負担を与える事も考えられ、体に対して重篤な副作用を起こす事も考えられます。普段からお酒を飲むのが好きな方や飲酒の習慣がある方は、最悪の事態にならないよう頭に入れておくべきです。

また、薬とアルコールの服用によってどちらに対しても耐性が付いてしまい、後に急激な依存症を形成する危険性もあります。

ルネスタを飲む際には、アルコールとの服用は大変危険であるため極力控えるようにしましょう。

ルネスタの飲み方

ルネスタは超短期作用型の睡眠薬です。服用して10分~15分程度で効果が効いてきます。そのため、ルネスタを服用したらすぐに寝るようにしましょう。寝ていないとルネスタの効果を逃し、寝れなくなってしまう事もありますので注意してください。また、寝る際には部屋を暗くしていると良いでしょう。より高い効果を得ることができます。

仮眠を目的とする場合はルネスタを飲むのは控えましょう。ルネスタの半減期は4時間~5時間程度です。それ以上寝るのであれば問題無いですが、1時間だけの仮眠の場合はルネスタの効果が残っている状態で起きなければなりません。そのため寝過ごしてしまったり、起きたとしてもふらついてしまったりだるくなってしまったりする可能性があります。

ルネスタはなるべく空腹時に服用するようにしましょう。食事を終え食べ物が胃に残っている状態にルネスタを服用してしまうと、血中濃度が中々上がらなくなってしまいます。簡単に言えばルネスタの効果を実感し辛くなってしまうのです。効果があまり実感できないとルネスタの量を増やす事につながってしまいかねます。ルネスタがいくら副作用、依存性が少ないといっても大量の服用を継続的に行ってしまうとリスクはどんどん上昇します。安全のためやルネスタの効果を100%引き出すためにも空腹時での服用を推奨します。

ルネスタを長期間服用している方は注意が必要です。依存性は少ないといっても急にルネスタの服用を中断してしまうと離脱症状が現れる危険性があります。たまに寝れない時に服用するといった使い方をしているならば問題ないですが、毎日ルネスタに頼って寝ているという方が急に中断してしまうと、不安、イライラ、不眠といった様々な症状があらわれる可能性がありますので注意してください。もしあらわれてしまった場合は医師へ相談するようにしましょう。

ルネスタは空腹時にすぐに寝れる状態で服用が一番好ましい条件です。ルネスタを服用してから寝る準備をはじめるのではなく、もう寝れる段階でルネスタを服用するようにしましょう。

ルネスタ服用時の注意点

ルネスタを副作用する際に副作用を出さないためにも注意しなければならない点というのがあります。下記の点に注意してルネスタを服用するようにしてください。

食事中、食事の直後の副作用は避ける
寝る準備を終えてから服用する
ルネスタの効果持続時間よりも短い睡眠時間の場合は服用しない
毎日服用するのではなく、眠れない時にのみ服用する

これらの点を注意してルネスタを服用するようにしてください。十分に注意してルネスタを服用することで副作用のリスクというのは格段に減らす事が出来ますので、自分で服用量を多くしたりするのは避けるようにしましょう。

ルネスタのジェネリック

ルネスタのジェネリック

ルネスタは個人輸入は禁止されている睡眠薬です。しかし、ジェネリックは通販で購入する事ができます。ジェネリックは先発薬と同じ有効成分を使用して製造されている薬ですので、同じ効果を得る事ができます。しかもジェネリックなので費用も先発薬より安く購入する事ができるので、費用的な面で考えるとジェネリックを購入する事をお勧めします。ルネスタのジェネリックを購入したい時は通販で購入するようにしましょう。ルネスタのジェネリックには人気のハイプナイトという薬もあります。ルネスタとほぼ同じ効果を得る事ができます。

ハイプナイト

ハイプナイト

ハイプナイトというのはルネスタのジェネリックとなります。そのため効果としてはルネスタと同じです。成分、効果、副作用、服用方法と全てがルネスタと同じなのでルネスタを服用したことがあったり現在でも服用中の方は安心して服用出来るのではないかと思います。

超短時間型となっているのでルネスタと同じ効果を安く欲しいという方にはぴったりです。ハイプナイトは向精神薬となってしまったアモバンやデパス、ハルシオンやマイスリーの代わりにもなりますので、上記の4つの薬を使用していた方は一度ハイプナイトを試してみても良いかと思います。

ハイプナイトは病院やクリニックでは処方されず、通販でしか購入することは不可能となっています。そのため購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。ハイプナイトは他の睡眠薬と比べてもかなり薬価が安く、安全性もしっかりしていることから多くの方に愛されています。

ルネスタを使用していたがもっと出費を抑えて同じ効果が欲しいという方はぜひともハイプナイトをおすすめします。

ルネスタとアモバン

不眠症に対しての治療薬であるルネスタとアモバンはどちらも似ているように思いますが、それぞれ異なる点もいくつかありますので紹介します。その違いを詳しく比較してみると、まず薬に対しての味覚に違いがあります。アモバンは薬特有の苦味を持っており、日中や翌朝までの長時間苦味が口に残ってしまう事もあります。ルネスタは苦味を抑えるように改良されており、アモバンの苦味に抵抗がある人にとっては服用しやすい利点があります。

また睡眠作用をもたらす時間の長さにも若干の違いがあり、アモバンは約3~4時間でルネスタは約4~5時間の睡眠作用があります。よって睡眠時間を長めにしたい方にはルネスタがおすすめです。もう1つは薬の体に対しての副作用や、反跳性不眠を起こす可能性の違いが挙げられます。反跳性不眠とは睡眠薬の量を減らした時期や睡眠薬の服用を止めた時期に起こしやすい不眠症状の事で、アモバンには反跳性不眠を起こす可能性がありました。しかしルネスタはこの点も改善されているため、不眠症状を確認するために睡眠薬の量を一時的に減らしたり止めたりする事も行いやすくなりました。

不眠症を克服するためにはなるべく治療薬に頼り過ぎない方がよいため、ルネスタは治療薬への依存を減らし不眠症克服への目標を達成しやすいという利点があります。

ルネスタはデパスの代わりになる

平成28年9月14日にデパス、アモバンは向精神薬とされました。そのためこの日から個人輸入代行を行っての購入は不可能となり、日頃からデパスを利用していた方にはとても痛いニュースでしょう。デパスの代わりになる薬を探そうにもどれがいいのか分からないという方も多いと思います。そんな方は一度ルネスタを使ってみても良いかと思います。

ルネスタとデパスの違い

デパスが一番問題となっていたのが依存性です。デパスの副作用である依存性は凄まじく、長期にわたり飲み続けているとデパスに頼りってしまい手放すことが出来ない状態となってしまいます。ルネスタにはそのような依存性は一切ありません。また、服用時の苦味も抑えられており、アモバンの何倍も飲みやすくなっています。

ルネスタはデパスよりも若干即効性が高い印象です。服用してから10分~15分程度で効果が効いてくるためデパスよりも早いです。副作用もなく即効性も高いルネスタをデパスの代わりに使用するのも1つの手だと思われます。

ルネスタとハルシオン

ハルシオンという薬もデパスやアモバンと同じく現在では向精神薬と指定され購入が不可能となっています。ハルシオンはデパス同様とても効果が高い分副作用、依存性、離脱症状といった部分がとても高く、問題となっていました。

ハルシオンも即効性が高く、不眠症にはとても効果的と言えます。ハルシオンの代わりにルネスタを使用しているという方も多くいます。ルネスタは副作用、依存性、離脱症状といった部分がかなり少ないため、ハルシオンの代わりになる睡眠薬を探している方はルネスタを1度試してみても良いかもしれません。

ルネスタを通販で購入

ルネスタを通販で購入

病院や専門クリニックでルネスタを入手するよりは、通販で購入した方がより、費用を抑える事ができます。ルネスタの薬価は病院での処方と通販では差額はそこまでありませんが、診察料などの面などを考えると、やはり通販の方が費用を抑えて購入する事ができます。処方箋なしに購入できる点では、通販は面倒な手間も省けるのでいいでしょう。しかし、不眠症の治療について原因や症状について詳しく知りたいという人は専門家の意見などを聞いてみた方がいいでしょう。しかし、専門クリニックではカウンセリングについては保険適用外の所が多いのでその辺は気をつけるようにしましょう。高額な費用を請求されたという話は少なくありません。

不眠症は一概にどこを治療すればいいのか?どの睡眠薬がいいのか?すぐには分からないものです。自分の不眠のタイプを知る事が何よりも大切な事です。通販では口コミや体験談などを利用する事で自分に適した睡眠薬を見つける事に大いに参考になると思います。通販でしたら24時間いつでもアクセスできるので是非、参考にしてみて自分に合った睡眠薬を見つけましょう。

安すぎる通販サイトは注意

ルネスタを購入するにあたって薬価がかなり安すぎる通販サイトは注意しなければなりません。最悪の場合ルネスタを注文しても届かなかったり、届いたとしても偽物だったなんてことに繋がります。

そのような通販サイトというのは個人情報を盗むために運営している事が多いです。よくみてみると日本語が少し怪しかったりもします。通販サイトというのは信用が全てです。通販サイトでルネスタを購入する際は安全性の高い通販サイトから購入するようにしましょう。

ルネスタの偽物

ルネスタは多くの方が愛用している睡眠薬です。ですが人気な分偽物も多く出回っているとの噂があります。偽物というのは成分が全く合っていない、そのため服用してしまうとかなり強い副作用を招いてしまう危険性があります。通販で購入できるのはとても便利ですが、偽物が届くというリスクも大きくなっているのです。それではどうやって見分ければいいのか。外見で偽物なんて分かるはずがありません。専門家の方でも分からなくなるほどです。

ですが、何点か見分けるポイントがあります。それは通販サイトをしっかりチェックすることです。まず購入する通販サイトの信頼性を確かめましょう。例えば日本語が不自由ではないか、クレジットカード決済が出来るか、そして電話での問い合わせがあるかです。

日本語が不自由な通販サイトであった場合はすぐに辞めましょう。中国人などが動かしている悪徳サイトの可能性が高いです。クレジットカード決済がなぜ重要なのか。クレジットカード決済が出来るというのはクレジットカードの会社から信頼されており提携しているサイトという事です。そのため安心だと思っていて良いでしょう。

そして最後に電話での問い合わせがあるかです。これは重要です。悪徳サイトの場合電話での問い合わせがあると苦情の嵐です。そのためまず設けてありません。ですが電話での問い合わせがあるサイトの場合はちゃんと正規品を届けている可能性が高いです。不安であれば一度電話で問い合わせてみるのも良いでしょう。

おすすめの通販サイト

それでは偽物が届かないような通販サイトというのはどこなのでしょうか。一番おすすめする通販サイトはお薬なびというサイトです。こちらは他の通販サイトと比べると少し値段が高いように見えますが、サポートがかなり充実しており、販売されている薬が全て100%正規品となっています。頻繁にお得なキャンペーンも実施しているので1度目を通してみても良いかもしれません。

ルネスタの薬価を比較

薬剤とカルテ

薬価とは国が病院で扱われる薬の公定価格を定めたものですが、病院処方と通販サイトでの薬価には大きな違いが見られます。不眠治療薬のルネスタは現在薬事法の一部改正によって通販サイトで購入する事はできません。睡眠薬の成分として含まれるエチゾラムが向精神薬・麻薬取締法の対象となり、海外からの個人輸入による通販サイトでの購入ができなくなりました。

しかし、ルネスタのジェネリック薬品であるルネスタ・ジェネリックに関しては通販購入が可能です。ルネスタ・ジェネリックはルネスタの代替薬品となりますが、ルネスタと同様に高い睡眠効果を持っています。以下は病院処方と通販サイトでの薬価を比較したものになりますので、参考にしてください。

このように病院処方と通販サイトでの薬価に大きな違いはありません。しかし通販サイトでは薬の用量が増えるに従い、薬の単価が低くなっているのが分かります。(※通販で購入する際には1箱単位での購入となります)

ルネスタの薬価は病院処方と通販サイトを比べても大きな違いはありません。病院では医師からしっかり診察してもらい自分に合った薬を処方してもらえる利点がありますが、病院への移動費用や受付・診察の待ち時間などが重なり何かとストレスになり手間もかかってしまいます。また、診察代と薬代の合計金額に驚く事もしばしばあります。

しかし、通販ではこのような時間や手間が省けて薬を家まで配送してもらえる大きな利点があります。購入方法もファッションサイトで服を購入するのと同じように購入への流れがスムーズです。また、薬についての効果や副作用・使用方法についても詳しく記載されているため安心して購入する事ができます。普段仕事で忙しくなかなか時間を作れない方は、ぜひ一度通販サイトで購入する事も参考にしてみてください。

他の睡眠薬と比較

上記ではルネスタの病院処方、通販サイト、ジェネリックで比較しましたが、ルネスタ以外の睡眠薬とも比較してみましょう。今回はソナタジェネリックバスパー、バスパージェネリック、バスピン、ドリエルジェネリックで比較します。

上記の薬の場合はルネスタよりもさらに安く販売されています。ですが、どれも通販のみの購入となりますので、購入を考えている方は通販を利用するようにしましょう。ソナタジェネリック、バスパー、バスパージェネリック、バスピンは睡眠薬の他に抗不安薬としての役割も持っています。

ルネスタで効果を全然実感できなかったというかたは上記の薬を購入して試してみるのも良いかもしれません。

ルネスタ薬価と通販の利点

ルネスタ薬価と通販の利点

ルネスタの薬価は病院処方と通販サイトを比べても大きな違いはありません。病院では医師からしっかり診察してもらい自分に合った薬を処方してもらえる利点があります。しかし、病院への移動費用や受付・診察の待ち時間などが重なり何かとストレスになり手間もかかってしまいます。また、診察代と薬代の合計金額に驚く事もしばしばあります。

しかし、通販ではこのような時間や手間が省ける点や薬を家まで配送してもらえる点と大きな利点があります。購入方法もファッションサイトで服を購入するのと同じように購入への流れがスムーズです。また、薬についての効果や副作用・使用方法についても詳しく記載されているため安心して購入する事ができます。

普段仕事で忙しくなかなか時間を作れない方は、ぜひ一度通販サイトで購入する事も参考にしてみてください。

ルネスタが合う方合わない方

不眠症といっても形は様々です。その人その人によってどのような症状なのかも変わってきます。そのため、必然的にルネスタが合う方、合わない方が出てきます。自分の不眠症の症状がどのようなものなのか知りルネスタを使用するのが良いでしょう。

ルネスタが合う方

ルネスタは超短期作用型の薬に分類されます。服用し10分~15分程度で効果が効いてきて約1時間程で血中濃度が最高値に達します。効果が薄まるまでの半減期は5時間~6時間程度となっています。このルネスタに合う方というのは
入眠障害
生活が不規則になって不眠を抱えている方
不眠症が軽度の方
睡眠薬の副作用が苦手な方
この4つの項目に当てはまる方ならばルネスタが合っていると言えるでしょう。

ルネスタは超短期作用型なので入眠のタイミングを助けてくれます。そのため寝たいけど寝れないという方の場合は入眠のみを助けてもらう役目としてルネスタを使用するのが良いでしょう。また、即効性があり依存性が少ないのでたまに寝れないなどの軽度の不眠症の場合はその度にルネスタに助けてもらうのも1つの手です。

ルネスタはかなり副作用の少ない睡眠薬です。ルネスタと効果がとても似ている非ベンゾジアゼピン系のアモバンという睡眠薬があります。アモバンの特徴は苦味です。この苦味が苦手で睡眠薬が飲めないという方はルネスタを服用するのがおすすめです。ルネスタはアモバンの改良版とも呼ばれており、苦味をかなり抑えられています。デパスの副作用のような依存性もなく翌朝の眠気もあまりないため高齢者でも安心して服用できるでしょう。

ルネスタが合わない方

ルネスタは入眠のタイミングを助けてくれる薬なので朝早くに目が覚めてしまったりするという方には効果が薄いと感じてしまうでしょう。そのような方の場合はルネスタのような超短期作用型の薬ではなく、中間作用型か長時間作用型の睡眠薬をおすすめします。

中間作用型か長時間作用型の睡眠薬の場合は即効性はありませんが、効果の持続が長いため、早く目が覚めてしまうといった心配もありません。

ハイプナイトとは

ハイプナイトとは

ハイプナイトとはルネスタのジェネリックとなります。ルネスタのジェネリックとなるため、成分は同じエスゾピクロンが含まれています。ルネスタを服用していた方ならハイプナイトは安心して服用することのできる薬です。

ハイプナイトとルネスタの違いとしては一切ありません。効果、副作用、飲み方など全て同じです。ですが、1点だけ違う点があります。それは値段です。値段はハイプナイトの方が安く販売されています。

新薬と同じ成分、効果で新薬よりも安いというのがジェネリックの強みと言えるでしょう。ハイプナイトもルネスタと比べると1錠単価で比べると10円程度安くなります。10円ぽっちかと思うかもしれないですが、これが100錠、1000錠となると大きな差が出てきます。

また、ハイプナイトは通販のみの販売となりますので、病院で処方される事はありません。ハイプナイトを欲しいとお考えの方は通販を利用して購入するようにしましょう。

ハイプナイトは通販しか購入できない

「ハイプナイトなんて薬聞いたこと無い」という方も多いでしょう。それもそのはず、ハイプナイトは先程も説明した通り、通販のみの販売となります。日本国内では未承認のため、通販を通じて購入するしか入手方法はないのです。

ハイプナイトはルネスタのジェネリックとなっているため、ルネスタと同じエスゾピクロンという成分を含んでおり、効果や副作用は全てルネスタと同じです。簡単に言えばルネスタと同じ効果を格安で得られるといった薬になっています。

入眠障害にとても効果的とされているルネスタをほしいけど病院へ行くのが面倒、診察代もあるから高いと感じている方は通販でルネスタと一切同じハイプナイトを購入するのがおすすめです。

また、ハイプナイト以外にもルネスタのジェネリックは購入することが出来ます。フルナイトと呼ばれるもう1つのルネスタのジェネリックがあります。こちらもルネスタと同じ効果となっており、ルネスタと比べるとかなり安く購入することが出来るのでおすすめです。

通販は危険?

通販というのは簡単に薬を購入することが出来て大変便利な反面、注意しなければ恐ろしい事態に巻き込まれる可能性が高いのです。どのような事態かというと、注文した薬が届いたけど偽物だった、商品が一向に届かない、個人情報を抜かれたなどです。

通常、有名な通販サイトを利用しているだけならこのような事態に巻き込まれることはありません。ですが、ハイプナイトを販売している通販というのはamazonや楽天といった大きな通販サイトではないのです。

個人輸入代行の通販でなければ販売されていません。そのため、ハイプナイトを購入するにはamazonや楽天といった通販ではなく、個人輸入代行の通販を利用するようにしましょう。

見たことも聞いたこともない通販は怖い。と感じる方も多いでしょう。実際に個人輸入代行の通販を利用して先程説明したような事態がニュースになったことも多々あります。

このような事態に巻き込まれないためにも購入しようとしている通販サイトが安全なのかしっかりと見極めなければなりません。それほど難しい事ではないので、通販を利用するという方はしっかり頭に入れておきましょう。

悪徳通販の注意点

悪徳通販サイトを見極める点というのは以下のものになります。

・日本語が不自由
・問い合わせ欄がない
・クレジットカード決済がない
・他の通販に比べて明らかに薬が安い

上記の4つを注意して個人輸入代行の通販を利用するようにしましょう。1つずつ説明していきます。

日本語が不自由というのはとても危険性が高いです。過去に睡眠薬ではないですが、通販サイトで薬を購入して偽物が届いたという事がありました。これは調べてみると中国で生産された偽物で、その通販もかなり日本語が怪しくなっており、中国人が運営されていたものでした。そのため、明らかに日本人が運営していないということが分かる通販サイトには手を出してはいけません。その通販サイトが自分にとって都合が良いとしていても、何かおかしいと感じたらその通販で購入は控えるようにしましょう。

問い合わせ欄がない通販サイトというのも危険です。なぜ危険なのか簡単に説明すると問い合わせというのは購入者にとって唯一そのサイトの運営者と連絡が取れるツールです。そのため、問い合わせ欄がないと購入者は商品を注文し、偽物が届いたり、一切届かなかったりした場合は運営者と連絡が取れないため、泣き寝入りするしか無いのです。通販サイトで購入する場合はまず問い合わせがしっかりあるのか確認してから注文するようにしましょう。

クレジットカード決済がないというのはクレジットカード会社からの信用がないという通販サイトです。一般的な通販サイトでもクレジットカード決済がない通販サイトというのはありますが、個人輸入代行の通販サイトの場合は少し危険性がありますので、手を出さないようにしましょう。個人輸入代行の通販サイトでもクレジットカード決済があるサイトは多く存在しますので、必ずそのような通販サイトから購入するようにしてください。

他の通販サイトとくらべて薬が明らかに安いという通販サイトも必ず控えるようにしましょう。このような通販サイトは最悪の場合、個人情報を抜き取られる事となります。例えば、そのサイトにクレジットカード決済があるとします。そこで商品を注文してしまうとクレジットカードの番号を抜き取られ、外部に流失してしまう危険性が高いのです。個人輸入代行の通販サイトというのは様々あるので、色々と見比べて購入しようとしている通販サイトが本当に大丈夫なのか見るようにしましょう。

おすすめの通販を紹介

ハイプナイトを購入するとしておすすめの通販サイトというのはお薬なびです。お薬なびで取り扱っている薬というのは全て正規品となっています。そのため、偽物が届くといった心配も一切ありません。また、問い合わせに関してはメール以外に電話での問い合わせも可能となっています。そのため、何か不明点があったとしても、その場で簡単に解決することができるのです。

また、電話での注文も可能です。注文方法が分からないという方は電話で説明してハイプナイトを購入しましょう。お薬なびにはハイプナイト以外にも多くの睡眠薬を取り扱っています。ルネスタはもちろん、ソナタジェネリック、バスパー、バスピン、メラトニンタイムリリースやメロセットといったサプリメントも購入することができます。

お薬なびという通販サイトはとても信用性の高いサイトです。お薬なびなら不安も何もなくハイプナイトを購入出来ることでしょう。

ハイプナイトの効果

ハイプナイトの効果

ハイプナイトはルネスタのジェネリックとなっているため、有効成分は同じエスゾピクロンが含まれています。有効成分が同じということなので、効果はルネスタと一切変わらないということでになります。

ルネスタもアモバンととても似ている特徴を持っているので、ハイプナイトはアモバンを使用していた方でも何も違和感なく服用することが出来るでしょう。

ハイプナイトはルネスタと同じ超短時間作用型の睡眠薬となっており、非ベンゾジアゼピン系に分類されます。即効性がとても強く、ハイプナイトを服用して10分~15分程度で効果が効いてきます。最高血中濃度に達するのは1時間~1時間半程度です。つまり服用してから1時間~1時間半程度でハイプナイトの効果が最大限になるのです。

そのため、ハイプナイトというのは不眠症の症状の中でも入眠障害にとても効果的です。入眠障害というのは、ベッドに入っても中々寝付く事ができず、30分~1時間以上睡眠に入れないといった症状です。逆に中途覚醒や早朝覚醒といった症状には効果はありませんので、どちらかの症状の場合は他の睡眠薬を使用するようにしましょう。

ハイプナイトは服用することで有効成分であるエスゾピクロンが作用し、脳内のGABAと結合して自然に近い睡眠へ導いてくれます。ですが、かなりの即効性のため、必ず眠る準備が出来た段階で服用しましょう。ハイプナイトを服用してから眠る準備をはじめるとハイプナイトの最大の効果のタイミングを逃してしまう可能性があります。

ハイプナイトの半減期

半減期というのは最高血中濃度に達してから濃度が半分以下になるまでの時間の事です。少し違いはありますが、薬の作用時間と捉えてもらっていても構いません。

ハイプナイトの半減期は薬4.83時間~5.16時間とされています。かなり細かいですが、この間をとると約5時間程度は持つということですね。ハイプナイトは超短時間作用型の睡眠薬となりますので、半減期も短いのです。5時間程度であれば起きる頃にはハイプナイトの効果ももう切れています。

つまり、寝付くことが難しいというだけの方であればハイプナイトはとても効果の発揮できる薬です。睡眠薬を使ってしまったせいで翌朝起きれなかったなんてことにもなりません。人の平均睡眠時間というのは6時間~7時間程度とされています。

ハイプナイトは起きる前には薬の効果も切れているので翌朝に持ち越すという不安もないのです。入眠障害で悩んでいたり、睡眠薬を使用しているけど翌朝まで持ち越して辛いという方はハイプナイトに変えてみると良いでしょう。

ハイプナイトの副作用

ハイプナイトの副作用

ハイプナイトはとても副作用の少ない睡眠薬です。新薬であるルネスタと同じで副作用が出る確率というのは7%とされています。睡眠薬の中でもかなり少ない数値と言えます。ただし、100人中7人が副作用を出してしまう可能性があるということです。そのため、必ず副作用が出ないというわけではありませんので、注意してください。ハイプナイトを服用する際はしっかりと副作用の事を頭に入れてから服用するようにしましょう。

眠気

ハイプナイトを服用することで眠気が起きるというのは睡眠薬なので効果で問題ありません。ですが、翌朝起きてまだ眠かったり、日中に眠気が襲ってきたりするという場合であればそれは副作用となります。夜中にハイプナイトを服用して翌朝にまで持ち越す事をhang over(ハングオーバー)と呼びます。

また、眠気だけでは治まらず、だるさやふらつき、倦怠感や集中力が低下するといった症状も生じてしまう可能性があります。

ハイプナイトは超短時間作用型の睡眠薬となっていますので、このような副作用が発症するというのはほとんどありません。ですが、絶対に出ないというわけでもありません。基本的には翌朝まで持ち越してしまうのは長時間作用型の睡眠薬が多く、超短時間作用型の睡眠薬にはあまり見られない副作用です。

しかし、睡眠時間というのは人によって変わってきます。平均は6時間~7時間とされていますが、ショートスリーパーの方であれば3時間程度で起きてしまうといった方もいるでしょう。そのような方の場合はハイプナイトの効果がまだ効いている段階で目をさましてしまうため、眠気が若干残る可能性があります。

また、それ以外にも体質によっては薬の代謝が遅いといった方も存在します。薬の代謝が遅いせいでハイプナイトの作用時間が長くなり、6時間で目を覚ましてもまだ眠気が残る可能性もあります。

耐性

耐性というのは薬の服用期間が長かったり、服用量が多かったりすることで身体がその薬に慣れてしまうことです。睡眠薬にとって耐性というのは一番問題視される副作用とされています。過去にあった睡眠薬でデパスやハルシオンはこの耐性や依存性が問題視されて向精神薬と指定されてしまいました。

デパスやハルシオンといったベンゾジアゼピン系よりもハイプナイトなどの非ベンゾジアゼピン系は耐性が起こりにくいと言われていますが、絶対に安全というわけではありません。ハイプナイトに耐性がついてしまえば、今までは1錠で全然眠ることが出来たのに、身体が慣れてしまい今では2錠、3錠と服用しなければ寝れないということになります。

このように服用期間、服用量が徐々に増えていくことで依存性や離脱症状も大きくなっていきますので注意が必要です。

依存性

睡眠薬で一番不安と思う事がこの依存性かと思います。睡眠薬と依存性というのは切っても切れない関係で、依存性が不安だから睡眠薬に手を出せないという方も多いでしょう。ハイプナイトなどの非ベンゾジアゼピン系は依存性は少ないといっても、あることはあります。確かにデパスやハルシオンなどのベンゾジアゼピン系に比べたらとても少なくはなっていますが、絶対に安全とは言い切れません。

依存性というのは耐性と似ていて、服用期間、服用量が多くなるにつれて依存性が形成されていきます。睡眠薬に依存してしまうと身体が常に睡眠薬を求めるようになってしまうのです。睡眠薬がなければ寝ることもできない、就留ができない、手が震えるまど症状としては様々です。

ハイプナイトは依存性が少ないといっても毎日服用し続けていたり、かなりの用量を服用していたりすると、依存してしまう可能性も格段に上がってしまいます。また、アルコールと睡眠薬を併用することで依存性の急速形成の原因となると言われているので必ず併用はしないようにしましょう。

一過性前向性健忘

睡眠薬の服用期間が長かったり、服用量が多かったりすることで耐性や依存の他に怖い副作用を招いてしまう危険性があります。それが一過性前向性健忘です。どのような症状なのか説明すると、睡眠薬を服用した直後から眠りにつくまでの間の記憶が無くなるといった症状です。

この一過性前向性健忘が起こる睡眠薬というのは急激に効果を発揮する超短時間作用型の睡眠薬に多いとされていますが、ハイプナイトの場合はかなり稀な副作用とされています。ハイプナイトの新薬でもあるルネスタも同じです。ですが、かなり稀なケースといっても必ず出ないというわけではありませんので、頭に入れておきましょう。

ではなぜ一過性前向性健忘が起きてしまう事があるのか。それは睡眠薬で中途半端に脳を眠らせてしまうからです。睡眠薬を服用してすぐの場合に一過性前向性健忘が起きることが多く、ほとんどが十分に効果を効いていない状態で引き起こしています。

もしもハイプナイトを服用した際に一過性前向性健忘が起きてしまった場合は服用量を減らしたり、違う睡眠薬に変えるようにしましょう。

副作用を出さないための飲み方

ハイプナイトというのはルネスタと同じように超短時間作用型の睡眠薬です。服用してから10分~15分程度で効果があらわれてきます。そのため、ハイプナイトを服用する前にすぐ寝れる準備はしておかなければなりません。ハイプナイトを服用してから寝る準備をはじめてしまうと最大限の効果を発揮するタイミングを逃してしまう可能性があるため、必ず寝る準備は整えてからハイプナイトを服用しましょう。

ハイプナイトで副作用を出さないための飲み方としましては、長期に渡って服用し続けない事です。また、アルコールとの併用も禁止です。長期間の服用を続けていると身体がハイプナイトに耐性がついてしまい、依存してしまう危険性があります。また、アルコールと併用することでさらにリスクを高めてしまう危険性がありますので必ず避けるようにしてください。

その他に翌朝に眠気が取れないという方であれば、ハイプナイトの作用時間以上の睡眠時間を取るようにしましょう。仮眠目的などでハイプナイトを服用する場合、かなり眠気が残っている状態で起きなければならないことになります。

ハイプナイトを服用した際に副作用のリスクを減らす方法としては上記のものになります。ですが、あくまでもリスクを減らす方法です。そのため、上記の飲み方を実践したからといって一切副作用がでなくなるといったことではありませんので注意してください。

pagetop