title

アモバンのジェネリックなら効果、副作用は同じで安い

アモバンのジェネリック

アモバンの効果、副作用

アモバンには多くのジェネリックがあります。どれもアモバンよりも格安で購入することができ、効果はアモバンと同じです。ですが、購入するには通販を利用しなければなりません。

アモバンジェネリックという薬があり、これはピクロバン以外にもアモバンのジェネリックは販売されています。大手製薬会社のインタスファーマ社が販売しているジェネリックで、7.5mgが1錠64円~です。効果、副作用は先発薬のアモバンと同じですが、安く購入する事ができます。有効成分もゾピクロンですので、アモバンと同等の効果が期待できるでしょう。

ゾピクロバン

ゾピクロバン(アモバンのジェネリック)

アモバンのジェネリックにゾピクロバンがあります。ジェネリックなのでアモバンと同等の効果を得る事ができます。もちろん、ゾピクロバンもアモバン同様に超短時間型の睡眠薬となります。服用後、15分程度で効果が出始め、約1時間で血中濃度がピークとなり約3~4時間で半減期を迎え、効果が消失します。ルネスタ、アモバン同様に、寝付きが悪いタイプの不眠症に使用されます。

アモバンジェネリックの通販

アモバンのジェネリックというのは病院やクリニックでは処方してもらう事はできず、通販を利用しなければ購入することは不可能とされています。通販といってもamazon、楽天といった大手通販サイトには販売されていません。購入できるのは個人輸入代行を行っている通販サイトです。

個人輸入代行を行っている通販サイトは今では多く存在します。睡眠薬の通販として利用している方も多く、アモバンでなくても色々な睡眠薬を購入することが出来ます。今ではアモバンやデパスマイスリーハルシオンの代わりとして有名なルネスタも購入することができるので一度目を通してみると良いかもしれません。

アモバンの購入は禁止に

アモバンは平成28年9月14日から向精神薬とされました。そのため、個人輸入代行を行っている通販サイトでも購入することができなくなりました。そのため、アモバンを購入予定だった方、またアモバンを使用していた方のためにアモバンの代わりとなる薬をご紹介します。

アモバンの代わりの薬ルネスタ

アモバンの代わりになる薬

アモバンは28年10月にデパスと同様に正式に個人輸入が禁止となりました。アモバンを使用していた人に取ってはとても残念な事だと思います。なぜ、アモバンはここまで人気の睡眠薬だったかというのは、副作用の少なさにあります。しかし、アモバンの代わりになる睡眠薬はというと、アモバンとほぼ同じ効果が得られ、そしてアモバン以上に副作用が少なく安全性の高いルネスタがアモバンの代わりになる薬の第一候補としてあげられます。もともとはアモバンの後継薬として製造された薬です。アモバン特有の苦味も抑えられ、飲みやすく改良された薬です。

そしてルネスタはアモバン同様、超短時間作用型なので翌日の持ち越しもなく、ダルさ、ふらつきもなく、自然な睡眠へと改善し質の良い睡眠へと導いてくれます。

睡眠の質をあげる事が何よりも健康な生活への第一歩となります。脳と身体を休める、この事でストレスの解消、成長ホルモンの分泌を促し、新陳代謝を活発になり、脂肪燃焼効果も高まります。いい睡眠を取る事で頭の中はクリアとなり、イライラすることもなくなり、リフレッシュできます。そして眠ることで身体の免疫力も高め風邪など引きにくい身体に仕上げてくれます。

不眠大国の日本、特に時間のない現代社会、ストレス社会だと揶揄される現代で、睡眠の大切さを改めて理解することができるのではないでしょうか?通販では、気軽に睡眠薬を購入する事ができます。最近、寝ても疲れが取れてないと思ってる人がいれば、ルネスタを試してみる事をお勧めします。

アモバンの効果、副作用

アモバンとは1989年に国内で認可された、非ベンゾジアゼピン系の超短期型の睡眠薬です。主成分はゾピクロンです。含有量7.5mgと10mgと2種類があります。アモバンはルネスタ同様に即効性があり主に入眠障害の人が利用する睡眠薬です。副作用も少なく安全性の高い薬ですが、アモバン特有の味覚障害(苦味)はあります。アモバンと良く比較されるのがルネスタですが、アモバンより副作用は軽減されている睡眠薬です。効果・効能はほぼアモバンと同じです。副作用が少ない分、ルネスタをお勧めします。

下記でルネスタとアモバンの体験談を載せています。気になる方は目を通してみてください。

アモバンの効果

アモバンの効果

不眠症の多くに効果があり、主に入眠障害に優れた効果を発揮します。ルネスタ同様に超短時間型なので効果の出現も早く半減期にかかる時間も短いので、次の日までの持ち越し効果も少ない事から幅広く利用されてきました。大体、服用して20分程度で効果は表れます。

気持ちを落ち着かせる神経、GABA受容体に成分が結合する事で、神経を活性化させ、それにより脳に起こる興奮等を鎮め、脳が落ち着き、眠気が起こります。短時間の作用となるので翌日に眠気が残ってしまう事もありません。アモバンは服用するだけで簡単に睡眠改善することができる睡眠薬です。

ゾピクロン

ゾピクロンはアモバンの主成分です。非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬で、ベンゾジアゼピン系睡眠薬を改良して作られた成分です。特徴としては、入眠障害に有効、即効性がある、副作用や依存の危険が少なく安全性が高い、などが挙げられます。効果はおよそ4時間程度ですが、中途覚醒や早朝覚醒の症状の方にも効果があると言われています。また、眠りが深くなる事から、質の良い睡眠が期待できます。服用して何日からしてから効果を実感できるというわけではなく、服用したその日から効果があらわれます。ですので特に入眠障害のある方には使い勝手の良い睡眠薬です。

脳の機能を抑える受容体としてベンゾジアゼピン受容体があります。この受容体を活性化させれば眠りやすい状態になりますが、ゾピクロンはこのベンゾジアゼピン受容体に作用し、眠らせる働きがあります。催眠作用に選択的に作用するため、筋弛緩作用などによる転倒などの危険が少なく、高齢者の方でも比較的安心して利用できると言えます。

アモバンの副作用

非ベンゾジアゼピン系の薬は副作用を少なくする事を目的として製造されました。副作用は起こり難いですが、アモバン特有の味覚障害(苦味)はあります。また他に報告されている副作用は以下となります。
・苦味
・睡眠障害
・いらいら
・震え
・幻覚
・不安感

用法・用量を守り、正しく服用していれば副作用は基本的に出にくい薬です。もし副作用が出たとしてもどれも軽度なものばかりです。安心してご使用下さい。苦味がどうしても嫌だという人はルネスタを使用する事をお勧めします。

アモバン特有の苦味

アモバンの特徴として最もあげられるのが「苦味」です。とは言え、個人差があり、苦味を感じるのは10人に1人程度と言われています。中には苦すぎて飲めないという方もいらっしゃるようですが、すべての方が苦味を感じるわけではありません。苦味を感じる成分ははっきりとわかっていませんが、飲んだ時だけでなく、人によっては翌日も残っている場合があるようです。

苦味を感じる場合の対策としては、アモバンの服用量を減らしてみるという事です。量を減らせば苦味を軽減できる事が多いようです。ただし、その分当然効果は落ちてしまう事が考えられます。それ以外に、アモバンの苦味を改良して作られたルネスタに変更する方法もあります。ルネスタはアモバンとほぼ同じ効果ですが、苦味はほとんどないと言われています。「効果はあるけど苦味があって飲めない」という方はルネスタを検討してみましょう。なお、甘いものなどを食べて苦味をやわらげようとしてもかえって苦味が増してしまう事が多いようです。できれば避けた方がいいでしょう。

アモバンの依存性

睡眠薬を利用する上で気になる事のひとつが依存ではないでしょうか。依存とは、ニコチン依存やギャンブル依存と同じく、薬に頼ってしまい、薬を飲まずにはいられない状態になってしまう事です。アモバンなど非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は依存になる危険は少ないと言われています。ですので正しく服用すれば依存になってしまう事はほとんどありません。

もちろん全くないというわけではありません。ただし、服用期間が長ければ長いほど、服用量が多ければ多いほど依存の危険は高まってしまいます。身体的な依存というよりは精神的な依存の場合が多いと言われています。実際にはもう睡眠薬を服用しなくてもいい状態まで回復しているにも関わらず、薬を飲まないと不安だから、という理由で服用をやめる事ができないのです。依存にならないためにも、「薬を飲まなくても大丈夫だ」という強い気持ちを持つ事が大切になります。

アモバンの離脱症状

離脱症状とは、服用していた薬を急にやめてしまうことによって頭痛吐き気不安など、心身ともに何らかの異常をきたしてしまう事です。アモバンは離脱症状も少ないと言われていて、正しく服用すれば離脱症状が起こってしまう事はほとんどありません。

ですが、依存同様、服用期間が長く、服用量が多いほど離脱症状の危険は高くなってしまいます。それまで毎日体に入ってきた薬が突然入ってこなくなってしまうので、体が驚いて異常反応を示してしまうのです。離脱症状が起きると、いつまでも薬をやめる事ができない状態になってしまいます。ですので、薬を急に服用をやめるのが難しい場合は、量を徐々に減らす、服用する間隔を少しずつ空けるなどと段階を踏んでやめるようにしましょう。

アモンバンの半減期

アモンバンの半減期

超短時間型なので半減期は短いです。布団に入ってもなかなか寝付けない、また寝つきが悪いという人は半減期が短い薬を選ぶようにしましょう。中途覚醒する人にも効果はあります。不眠症に対して幅広く有効性が認められている薬と言えます。

アモバンとお酒(アルコール)

基本的にお酒との併用は避けるようにしましょう。禁忌ではありませんが、副作用が強めに出てしまう恐れがありますのでなるべくなら避けるようにしましょう。もし、お酒を飲みすぎた場合は錠剤を半分に割って飲むなど工夫をしましょう。大量のアルコールだと効果にムラが出たり、より強く効果が出現する場合があり、持ち越し効果が出てしまう事があります。

pagetop