title

人気の海外医薬品でコンプレックス解消

男を磨くためにできること

男を磨くためにできること

「歳はとってしまったが、男としてまだ楽しみたい!でも体がついていかない…」そんな方は多いのではないでしょうか。歳をとるごとに、肉体的、精神的、様々な悩みが増えてしまうものです。そんな男性のために、なるべくお金、手間をかけず、簡単に男をあげる方法をご紹介します。

世の中には、中年でもなぜか若い女性にモテる、という男性がいます。それは雲の上の人というわけではなく、実はちょっとした工夫で簡単に実現できてしまうのです。モテる渋い男になるためにあの人が実行している事を試してみませんか?

ED(勃起不全・勃起障害)・中折れ

「最近たたなくなってきた。年齢だから仕方ない」と諦めるのは早すぎます。肉体的な衰えは仕方ありませんが、すべての方が年齢とともにたたなくなるわけではありません。場合によっては若い頃よりも元気になる事も可能なのです。

ED(勃起不全)や中折れを改善する最も簡単な方法は、バイアグラなどのED治療薬を利用する事です。ED治療薬は、臨床試験でも80%以上の方に効果が認められた医療医薬品です。EDと診断されれば内科などで処方されるお薬ですので、決して怪しいお薬ではありません。

利用方法も簡単で、性行為の前に服用するだけです。ただし、ところかまわず勃起するわけではありません。性的刺激があった時にのみ効果があらわれます。ED治療薬を服用すればしっかりとした硬さの勃起を最後まで維持する事ができ、中折れやたたないなどの心配もなく、満足のできるセックスを楽しむ事ができます。

ED治療薬はいつまでも勃起しているわけではなく、興奮がおさまれば勃起もおさまります。ただし、持続時間内であれば、体力がある限りは何度でも勃起する事が可能です。人によっては2度3度と、女性の方がぐったりするほどセックスを楽しむ事が可能になるのです。

EDは男性のプライドにも関わる非常に大きな問題です。EDからうつ病になってしまう方も少なくありません。いくつになっても男性としての誇りを保てるように、気になる症状があったら早めに改善しましょう。

最も売れているED治療薬はシアリス

シアリス

日本のみならず、世界で最も有名なED治療薬はバイアグラです。世界で最初に販売され、その当時から「夢の薬」として世界中の男性に愛用されています。信頼性と知名度、効果の強さはバツグンなのですが、バイアグラには、食後に服用すると効果がない、副作用が出やすい、持続時間があまり長くない、などの欠点があります。

そのバイアグラの欠点を補うような形のお薬として販売されたのがレビトラ、さらにその次に販売されたのがシアリスです。EDに対して効果があるのは3種類とも同様なのですが、持続時間、副作用のあらわれやすさなどが異なります。バイアグラの持続時間は約5~6時間なのに対し、シアリスはなんと最大36時間持続します。そのため宿泊や旅行の際なども1回飲むだけでじゅうぶんで、非常に使い勝手のいいお薬です。

また、バイアグラに比べると副作用も少なく、食後に服用しても効果はほぼ変わらないとされています。これらの便利な特徴から、シアリスは現在、バイアグラを抜いて、世界でトップの売り上げを誇っている大変人気のお薬です。

シアリスのジェネリックなら90%オフ!

ED治療薬は大変効果のあるお薬です。そのため医者の処方がなければ入手する事ができません。さらにデメリットなのが、日本では保険適用外となってしまうため、お薬代が非常に高額になってしまう事です。自由診療になるため価格は病院によってマチマチですが、シアリスの場合ですと、1錠2000~3000円となってしまい、さらに診察代なども加算されます。いくら効果がある素晴らしいお薬でも、これでは毎回利用するというわけにもいきません。

そんな方にオススメなのがシアリスジェネリックです。シアリスは日本ではまだジェネリックは販売されていませんが、特許法の異なるインドなどでは既にジェネリックが販売されています。効果、成分、副作用などはシアリスと同じですが、1錠たったの200~400円前後で購入する事ができます。この価格でしたら、無理なく利用できるのではないでしょうか。

シアリスのジェネリックは、メガリス、タダリスSX、タダシップ、タダポックスなど多数販売されています。ご自分に合っているものを探してみましょう。

シアリスのジェネリックは日本の病院では購入する事はできません。購入する場合は個人輸入代行通販を利用して購入します。一般的な通販と同じように簡単に購入する事ができますし、ご自宅まで届けてくれます。さらに、誰にも会う必要がないため秘密でEDを改善する事が可能になります。安く、簡単にEDを改善したい方は、通販でジェネリックを購入するのがオススメです。

早漏

男性にとって、EDと並んで気になるのは早漏でしょう。実は、EDになると25%の方が早漏も発症すると言われています。早漏というと若い男性のものと思う方が多いかもしれませんが、中高年以降の方も注意が必要なのです。

早漏も、ED同様、治療薬で改善する事が可能です。早漏の治療薬を服用するだけで、射精までの時間を約3~4倍に延長する事ができると言われています。これによって、自分の意思に反して早く射精してしまい、お相手をがっかりさせてしまう事もありません。

早漏とED改善効果のあるタダポックス

タダポックス

早漏治療薬の服用薬の主成分とされているのはダポキセチンです。早漏の治療薬はプリリジーや、プリリジーのジェネリックのポゼットなどが有名です。早漏だけにお悩みの方はこれらのお薬がオススメですが、早漏とEDを併発されている方には、ED治療薬シアリスの成分タダラフィルと、早漏改善効果のある成分ダポキセチンの両方が配合されたタダポックスなどがオススメです。

1錠服用するだけでEDと早漏を一度に改善する事ができ、1錠だけですので価格も安く済み、手間もありません。タダポックスもジェネリックです。シアリスのジェネリックなどと同様、通販を利用すれば誰にも会わずに簡単に購入する事ができます。EDも早漏も、放置していると悪化してしまいます。男性としての誇りを失ってしまい、うつ病を発症してしまう方も少なくありません。気になる症状がある方は、お薬などを利用して早めに改善しましょう。

薄毛・AGA・髪型

年齢とともに髪が薄くなってきてしまうのは仕方のない事です。ですが、第一印象を左右するのは、実は顔の造形よりも髪型のほうが大きいという説もあります。頭髪次第で老けて見えてしまう事も多くあります。薄くなるのを完全にストップさせる事は不可能ですが、進行を食い止める事は可能です。

薄毛なのが逆にかっこいいというのはハリウッドスターなど非常に限られた男性のみです。特に黄色人種の場合は、薄毛がプラスに働く事はほとんどありません。「髪の毛が増えたら若い女性社員が優しくなった」という例も非常に多くあります。

ただし、薄毛はそのままではどんどん進行してしまいます。また、少しずつ進行するため、気付いたときには手遅れだったというケースがほとんどです。そしてその時には、治療を初めても手遅れとなってしまっている事もあります。少しでも薄くなってきたら、できるだけ早めに改善しましょう。薄毛や男性型脱毛症のAGAを改善する様々な方法や、薄毛になってしまう原因、種類などをご紹介します。

運動不足・筋トレ・メタボ

運動不足・筋トレ・メタボ

「昔はいくら食べても太らなかったのに、年齢とともに痩せにくくなってきた」というのは、ほとんどの男性が抱えている問題でしょう。また、運動する習慣も減っていってしまうため、若い頃の感覚で過ごしていると、あっという間にメタボまっしぐらです。外見だけの問題であればまだいいのですが、糖尿病などになってしまうと、残りの一生を好きなものを我慢して生きなくてはいけなくなってしまう場合もあります。

また、もともと太りにくい体質で、歳をとっても太りにくい方も注意が必要です。体型にあらわれなくても内臓脂肪や脂肪肝などの危険があり、体内ではメタボが進行している危険があります。外見にあわられにくい分、「体型が変わっていないから問題ないだろう」と発見が遅れてしまいがちです。

中年になってからいきなり筋肉ムキムキになる事は相当の努力を要します。そこまでは無理でも、だらんとした体からは卒業しましょう。外見だけではなく、健康でストレスのない老後を過ごすためにも大切です。ぼよんとした三段腹の男性とある程度引きしまった体の男性、女性から見てどちらが魅力的かは考えるまでもありません。

普段運動をしていない方は、急に運動を始めると言っても難しいものですが、まずは気軽に始める事が大切になります。運動が苦手な方でも、簡単にできるメタボ改善方法をご紹介します。

うつ病・不安・不眠症

歳をとると、様々な悩みが出てきます。そのため、うつ病などを発症してしまう方は2割にものぼると言われています。逆に、お仕事や家庭が落ち着き、張り合いがなくなってしまってやる気がなくなってしまう「燃え尽き症候群(バーンアウトシンドローム)」の方も増えています。

うつ病までいかなくても、不安がある、不安のためになかなか眠れないなどの不眠症を患っている方も多く、日本がいかにストレス社会かを物語っています。

心の病気は症状がわかりにくいため自覚症状がない場合が多く、医師でも正確な診断が下せない場合もあるため非常に厄介です。さらに、放置していると症状が悪化してしまうという危険もあります。「最近疲れているから」と軽く考えず、取り返しがつかない事になってしまう前に、少しでも気になる症状があれば早めに対策をとりましょう。

加齢臭

男性は、ホルモンの関係で30歳を過ぎた頃から加齢臭が発生しやすくなってしまいます。「自分は大丈夫」と思っていても、自分のにおいは気付きにくいものです。また、非常にデリケートな問題である事から周囲の人も指摘できないという部分もあります。家族であれば言えるかもしれませんが、においというのは、人間の五感の中で最も慣れてしまいやすいものです。そのため、一緒に暮らしている家族では、においに慣れてしまって気付けないという事もありえます。家族に訊いてみて仮に「くさくない」と言われたとしても油断はできません。

最近は「スメハラ」とも言われ、会社などでも非常に大きな問題として取り上げられています。日本は特に清潔な事が重んじられます。においひとつで、女性から好かれもするし嫌われもする可能性があります。仕事の上でも対人関係に問題が生じ、いくら仕事ができても正しく評価されないという事すら起こりえます。

中には匂いフェチという女性もいますが、日本では非常に稀でしょう。加齢臭をそのままにしておいてもいい事はほぼひとつもありません。ある程度の年齢になったら、すべての男性が気にすべき事です。加齢臭が起こる原因や予防方法などをご紹介します。

腰痛・肩こり

腰痛・肩こり

歳をとると、ほとんどの方が腰痛や肩こりに悩まされる事になります。慢性的なもので、生活ができなくなってしまうほどでもないため、病院に行かずに湿布や痛み止めで誤魔化しているという方も多いかもしれません。症状や原因も非常に様々で、複数の原因がからみあって発症している事も多いため、高齢になるほど、完治させるのはほぼ不可能になってしまいます。ひどい場合は手術が必要になる場合もあるため注意が必要です。

腰痛や肩こりは、完全に治す事は難しいのですが、日常生活で少し心がけるだけでも悪化を予防する事は可能です。いくつになっても自分の足で歩けるように、強い足腰を作りましょう。腰痛や肩こりの症状、原因、予防方法をご紹介します。

お酒の飲み過ぎ

ストレスやお付き合いでお酒がなかなかやめられないという方は多いでしょう。毎日の晩酌が習慣になっている方も少なくなく、眠れないからお酒を飲む、という人が多いのは先進国の中で日本はトップクラスです。アルコール依存症は誰もが知っている病気かと思いますが、お酒は飲み続ける事により耐性ができてしまい、どんどん量が増えてしまう危険があります。

「酒は百薬の長」という言葉ある通り、適量であればリラックス効果などもあり、悪い事ばかりではないのですが、休刊日なしにほぼ毎日飲んでいる、お酒を飲まないと眠れない、などの状態になってしまっている方は注意が必要です。様々な病気になってしまう危険があり、脳への影響などの懸念もあります。

世界保健機関(WHO)は、アルコールを発がん物質とみなし、タバコとほぼ同等としています。たしなむ程度であれば問題はありませんが、飲み過ぎはやはりよくありません。完全にお酒をやめるのは逆にストレスとなってしまいます。お酒が好きな方は、上手にお酒とお付き合いしましょう。お酒の正しい飲み方、アルコール依存症にならないための方法などをご紹介します。

男性の更年期障害

男性の更年期障害

更年期障害というと女性の病気と認識されがちですが、男性にも更年期障害は起こります。40代以降の男性ホルモンが減少しはじめる時期に起こりますが、他の病気と誤診されてしまう事もしばしばあります。そのため、日本には約600万人もの男性更年期障害の潜在患者がいるとされています。

朝目覚められない、なんとなくダルイ、憂鬱、やる気がでない、イライラする、最近笑っていない、寝つきが悪いなどの状態があれば注意が必要です。ただの不調だと思ってしまいがちなため、自覚症状がある方が少なかったり、他の病気と勘違いされやすい点が特徴です。

更年期障害を放置すると、うつ病、糖尿病、ED、認知症、動脈硬化などの危険があがると言われています。なんとなく調子が悪い、と感じたら、早めにご自分の状態を確認しましょう。男性更年期障害の症状、治療方法などをご紹介します。

禁煙

かつては「かっこいい大人の男」の象徴とも言えた喫煙ですが、年々喫煙者の風当たりは強くなる一方です。喫煙できる場所はどんどん少なくなり、税金もあがり続けています。タバコを吸う男性が好きという女性はゼロではないかもしれませんが、ほとんどの女性からは嫌われますし、息がタバコ臭いから話したくないという方もいます。21世紀の現代は、タバコを吸わない男性の方がモテる時代なのです。

健康上よくないのは言うまでもありませんし、どんどん値上がりしているため、経済的にも苦しくなり、喫煙者というだけで会社での立場も悪くなってしまいかねません。

タバコはまさに百害あって一利なし、でデメリットしかありません。ですが、ニコチン中毒と言われるように、アルコール以上にやめるのが難しいのがタバコです。自分の意志だけでやめるのは難しく、一度やめてもまたすぐに吸い始めてしまうリバウンドが後を絶ちません。

禁煙に挫折してしまった方に、様々な禁煙方法をご紹介します。好感度アップのためにも、ご自身の健康や家計のためにも、タバコはできるだけ早めにやめるようにしましょう。

中年でも諦めるのは早い!(まとめ)

中年でも諦めるのは早い!(まとめ) 中年でも諦めるのは早い!(まとめ)

歳をとるにつれ、悩みも増えていってしまいます。体も心も言う事を聞かなくなってくるのは、生き物である以上仕方のない事です。ですが、世の中にはそれでもモテている男性が多くいらっしゃいます。そのような方は、必ずしも毎日血のにじむような努力をしているとは限りません。毎日少しずつの心がけや、お薬などを上手に利用する事で簡単に改善・予防する事ができるのです。

どのような症状も、何も手を施さなければどんどん進行し、女性からも避けられるようになってしまいます。ほんの少し気をつけるだけで、いくつになっても女性から好意を抱かれる男性でいる事も可能です。男性として諦めてしまうのはまだ早いかもしれません。心も体も若々しくいれるために、できる事から始めてみましょう。

pagetop